涼を届ける、夏の贈り物選び

 

夏の贈り物の定番といえばお中元。

そのほかにも暑中お見舞いや帰省の際のご挨拶といったシーンがありますね。

一年がちょうど半分過ぎた頃にやってくる夏、

時にはお世話になっている方や家族へ日頃の感謝を

贈り物で伝えてみてはいかがでしょうか。

 

 

お中元や暑中お見舞いといった風習は

古くからありますが、いずれも日頃の感謝の気持ちを伝えること、

暑い季節に相手の体を労わること、そんな想いが込められています。
 

地域にもよりますが、お中元は7月のはじめから15日頃まで、

暑中お見舞いは梅雨明けから立秋(8月)まで、

残暑お見舞いは立秋から8月の終わりまで、としている場合が多く

季節に合わせた贈り物とされています。

 

 

風習としてこのような贈り物がありますが、

それ以外にも、お盆の時期には家族が集まるシーンや

昔お世話になった方や古い友人に会う場合も。

そんなときに相手のことを想った贈り物が出来たなら、

言葉で表さずとも、気持ちが伝わるようです。

 

夏の贈り物選びのポイントは、

とにかく暑さが一番に来る季節のため「涼」を感じられるものであること、

また相手の好みや人数を踏まえたものであれば、

より一層喜ばれることと思います。

今回はこうした贈り物シーンに選びたい、おすすめの商品をご紹介します。





夏の贈り物の定番といえば、

食材を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

冷たい飲み物やアイスクリームなどのデザート、

さらにはお肉や果物など、何度受け取っても、

誰が受け取っても喜ばれるのが食ギフトです。

時にはその定番にプラスワンのギフトがあれば

お相手にとってサプライズになります。
 

 

■美味しいお酒とひんやり酒器

お酒好きのあの人には、とっておきのお酒を、とお考えなら、

よりお酒が美味しくなる酒器はいかがでしょうか。



能作(のうさく)のぐい呑みは100%錫製。

熱伝導率の良い錫製品は、使う直前に数分冷蔵庫に入れただけで

十分にひんやりと冷え、飲み物の冷たさを保ってくれます。

きらりとした輝きと特徴的な凹凸のある見た目も錫ならではのもの。

さらに酸化しにくく、抗菌性があるという特徴も、贈り物に適したポイント。

きゅっと冷えた美味しいお酒を飲むお相手の姿を思い浮かべながら、選びたい酒器です。

 

 

目にするだけで嬉しくなる、ガラスに映える色合いが美しい

津軽びいどろの五様ミニグラスセット。

ひとつひとつが職人の手作りのこちらのおちょこは5つセットで

表面の凹凸や彩色が美しい酒器です。

冷酒を入れるとゆらゆらと光を受けてお酒が反射する様子や

厚みのある作りのため口当たりが優しいのも

津軽びいどろならではの特徴です。




■冷たいデザートと器

アイスクリームにゼリー、水羊羹やかき氷。

夏の贈り物のデザートには食を美味しく見せる器を選んでみては。

 

 

こちらは3Dプリンターで作製した原型を石膏型に写し取り、

形状を粘土に転写、そしてオリジナルの釉薬を施して焼成した、

ascel(アセル)のボウル wave bowl。

「wave」という名の通り、波のように揺らぐ形が印象的で

表面には白地の陶器ならではの独特な質感が残っています。

シンプルなこちらの器にはアイスクリームやフルーツを盛り付ければ

食材を引き立ててくれ、目にするだけで美味しさが伝わる器になっています。



 

こちらのKastehelmi ボウルは、フィンランド語で朝露という意味を持つ名の付いたボウル。

ぽつぽつのした表面のデザインがまさに朝露のようで、

光を通すガラスの良さを存分に発揮しています。

美しいデザインをガラスで表現するテクニックは、1881年創業の老舗ガラスメーカーが為せるもの。

夏に求める「ひんやり」とした質感を表現しているので、

冷たいゼリーや寒天といったデザートにぴったりです。

ascel(アセル)のボウル、iittala(イッタラ)のKastehelmiともに

箱に入っているので、ギフトとして贈りやすいのもポイントです。

 

■揃えて贈る、箸置きとそばちょこ

 

ご家族やご夫婦といった複数人のお相手に渡すギフトであれば、

人数分のプラスな贈り物を。

食器ならば数を揃えやすく、大ぶりにならないものを選びます。
 

 

 

例えばそばちょこであれば、小ぶりながらも季節感があり、

デザインによって贈り主のセンスが表れるものでもあります。

佐賀県で作られる有田焼の李荘窯(りそうがま)のそばちょこ。

白磁に呉須と呼ばれるコバルト色の下絵の具で彩色されており、

丁寧で細やかな絵付けが美しい食器。

有田焼の伝統を感じさせながらも、モダンなデザインを用いているので

現代の食卓にも違和感なく馴染みます。

蕎麦つゆを入れるだけでなく、副菜やスープを入れて使うのもおすすめ。

お相手を思い浮かべながら絵柄を選ぶ楽しみもあります。

 

 

 

形や色数の豊富さで選ぶ楽しみがある箸置き。

お箸を使うおそうめんや海鮮といった和の食材を贈るなら、

雰囲気の合う箸置きを選んでご一緒に贈ってみては。

FUTAGAMI(フタガミ)の箸置き 閃光は

真鍮の深い色合いと、光をイメージした独特な形が印象的なアイテム。

小さな箸置きなのに唯一無二の雰囲気を醸し出しており、

誰にでも使いやすいデザインなので、目上の方への贈り物としても喜ばれます。


 

贈りものの相手に「涼」を感じてもらうには、

五感で味わえるものがおすすめ。


■音を届ける風鈴

 

 

夏の風物詩、風鈴。

リーンと鳴るだけで涼しさと夏の懐かしい情景が目に浮かぶのは

音がそうした感覚を思い出させてくれているのですね。

能作(のうさく)の風鈴は、真鍮製ならではの

透き通るような音色を響かせます。

形によって音程や響き方が異なるのも、風鈴の魅力。

美しい余韻を残す風鈴が涼しさを呼び起こしてくれます。


■部屋が夏仕様になる、ガラスの花器

 

 

 

視覚で涼しさを伝えるのであれば、水を使ったものがおすすめ。

ガラス製の花器もそのひとつ。

透明感のある質感が涼しさを作り、生ける花によっても

雰囲気を変えてくれるのが花器の魅力です。

らせん模様を描く津軽びいどろの花しずく ブーケポット。

丸みのあるフォルムと大きすぎないサイズ感で、

部屋のどこにおいても悪目立ちせず自然に馴染んでくれます。

ラベンダーとベージュの淡い色合いのブーケポットなので

どの花を合わせてもしっくりくるのが嬉しいポイント。

お花好きのあの人へ、夏の花を添えて贈るのも素敵です。

 

■冷蔵庫で冷やせるピロー

 

 

 

どうにも暑くて仕方がない、真夏の夜や

冷房がまた効いていない家に帰った直後といったシーン。

そんなときに役立つのが、冷蔵庫で冷やせるピロー。

KLIPPAN(クリッパン)の麦のホットパック ラベンダーは

中に小麦とラベンダーが入ったピローで、冷蔵庫で冷やせば

冷却パックとして使うことが出来ます。

ホットパックは肩に乗せられるサイズなので、

肩や首に当てて体を冷やしたり、腰や足に当てたりと使い方自在。

また冬には電子レンジで温めて、ホットピローとしても活躍してくれます。

ラベンダーの香りはさらに癒し効果があるので、

暑さにお疲れ気味の方に贈れば、きっと喜んでもらえます。

 

 

日照時間の長く、夏休みのような長期休暇もあるこの季節は旅行にも最適。

旅をすることで、いつもと違う非日常の時間を楽しむ方も多いと思います。

そんな旅好きの方には、旅行中に使える便利なアイテムを贈ってみては。

 

■旅に使えるアイマスク、パスポートケース

 

 

 

SHOKAY(ショーケイ)のショトン・トラベル・セットは

アイマスクとソックス、そしてポーチが付いた、便利なセットアイテム。

3アイテムとも、ヤクと呼ばれる高地に住む動物の毛を使っており、

ふかふかとした指通りの良い肌触りです。

保温性と通気性という一見相反する特徴を持つヤクは、

程良く湿度を保つ効果があるので、夏場でもクーラー等の影響で

足の冷えが気になる方にはおすすめしたい、SHOKAY(ショーケイ)のソックス。

また、アイマスクは柔らかく顔にフィットしてくれ、マチのあるポーチも

化粧品などの細かなものを入れるのに適しています。

 

 

 

海外旅行や出張が多い方にとっては、

荷物をいかにコンパクトにまとめるかというのが重要な使命でもあります。

そんなときに役立つのが、旅行に必要なカードやパスポートといった

大事な小物をまとめてくれる、Bellroy(ベルロイ)のELEMENTS TRAVEL。

手帳のようなコンパクトなサイズ感でありながら、中を開くと

パスポート・スマートフォン・カードやお札・小銭・鍵といった

大事なものを一括で収納出来るポケットが付いています。

ジッパーが付いているので、きちんと閉めておけば中身がこぼれ落ちる心配もなく、

手荷物の中にすっきりと収まってくれる万能アイテムです。



 

最後にご紹介するのが、子どもと家族への贈り物。

お世話になっている方への贈り物としてはもちろん、

季節に合ったアイテムは、ご家族にも喜ばれます。

 

■肌触りを追求した夏向けスロー

 

 

 

汗をかく夏とはいえ、家の中はエアコンが効いて急に体が冷えてしまうことも。

そんなときに使えるのがkontex(コンテックス)のスロー&ブランケット XXL。

コットン100%で作られた大判スローは、ベッドでタオルケットにも、

ソファのカバーとしても使うことが出来ます。

コットン素材は柔らかい肌触りが気持ち良く、汗も吸収してくれます。

もちろん、ご自宅でお洗濯も可能。

使ったら気兼ねなく洗い、家族の快適さを作ってくれる存在です。

 


■赤ちゃんにも安心。ウールインナー

 

 

 

赤ちゃんも大人も、快適に過ごしたい気持ちは同じなはず。

身につけるもので体温や体感湿度を調節するのもひとつの手です。

joha(ヨハ)のウールを使ったインナーは、放湿性に優れ、柔らかい手触りも魅力のアイテム。

ウールと聞くと冬の素材をイメージしますが、夏にも快適な着心地を作る素材なのです。

赤ちゃん用の肌着、上下セットはカーディガンとパンツがセットになったもの。

長袖仕様なので真夏の外では暑いですが、逆にエアコンの効いた室内に

さっと着せられるものとして、重宝します。

リブで伸縮性が高く、ちくちくしない肌触りが赤ちゃんにとっても嬉しい作り。

また、大人の方にも同じjoha(ヨハ)から、肌着をセットにしても。

シルクを混紡したウール・シルクロングスリーブは

滑らかな肌触りで薄手なので、通年で使えるインナーです。

着心地の良さをお届けする贈り物としてお選びください。

 

 

投稿者: 植田 日時: 2017年07月08日 11:00 | permalink

閉じる