世界観を伝える、トータルブランドのコーディネート

 

 

トータルブランドとは、アイテムや素材を限定せず

独自の世界観をもとに様々なアイテムを製作しているブランドを指します。

トップスからボトムスまで揃えているブランドが多いため、

同じブランド内でトータルコーディネートをすることも出来るのが特徴。

もちろん、アイテム単体にも一点一点にブランドのこだわりが表れているので

手持ちの服と合わせたり、シーズンごとに増えていく新しいアイテムを

徐々に自分のワードローブへ加えていく、そんな服選びを楽しめるのもトータルブランドならでは。

今回は2つのトータルブランド、Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)と

HAVERSACK(ハバーサック)をご紹介。

いずれも男性向け、女性向けのアイテムがトップスからボトムスまで揃っています。

 

 

 

まずご紹介するのが、イギリス生まれのブランド、Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)。

大学在学中に自身のブランドを立ち上げたNigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)は

以来40年以上に渡ってガーメントデザインをしています。

寒くて風の強いイギリス北部の環境はデザインをする上で

大きなインスピレーション源となり、現在に至るまで

イギリス北部の拠点を変えることなくブランドを維持しています。

膨大なヴィンテージコレクションをもとに創作された製品は、

トレンドに左右されることのない生地・デザインディテール等を追求しています。

 

 

ナイジェルがこれまで収集してきたヴィンテージクロージングは

今では4000点以上にも及ぶと言われています。

衣服は着ていくにつれて、外気の熱や乾燥などによってダメージを受けやすいですが、

ナイジェルが収集してきた、例えばイギリス軍のテストサンプルを含む

1910〜50年代のヨーロッパやアメリカのミリタリーウエアやワークウエア、

探検家が着用していた服などは極めて高い耐久性を持つのが特徴。

「ヴィンテージ」という名が付くことが理解出来る、まさに着続けていける服の魅力は

Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)の服作りの礎になっています。

 

■高機能なミリタリーウエアをそのままに

 

 

 

軍の兵士が着用していた服をもとにして作られた

ミリタリーウエアの魅力は何よりも高機能であることが挙げられます。

Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)のアイテムも、そうした機能を

活かしつつ現代に見合うデザインを施したものが多くあります。

こちらの裾に向かって前立てが広がる形になった、

メンズ BRITISH ARMY リネン シャツもそのひとつ。

第二次大戦中に英国陸軍が採用していたシャツをベースにして作られていながら、

素材にリネンを採用することで、生地にただ柔らかさを持たせるだけでなく、

適度な堅さによって布地と皮膚の間に隙間を作り、体の熱を外へ逃がすようにしています。

さらに特徴的な前立てのデザインには、当時のパンツインのスタイルをごわつかせることなく、

それでいてパンツから裾が飛び出して乱れないように、という配慮がこの形の理由になっています。

 

 

 

ブランドの定番、NARROW チノパンツ。

こちらは超長綿を使い、高密度の生地に仕上げています。

高密度のため、繊維の繋ぎ目が見えないほどきめ細かく、また毛羽も少ないのが魅力。

さらに、コールドマーセと呼ばれる加工により

繊維を締めて余計な光沢を飛ばし、長年履き込むことで

ヴィンテージならではの質感を楽しめるように工夫されています。

 

■色の重なりが見せる、ヴィンテージ感

 

 

 

よく見ると、生地の特徴が垣間見えるのが

Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)のアイテム。

こちらのメンズ POLO シャツは一見シンプルなポロシャツに見えますが、

顔料染めと特殊な染色方法を兼用することによって独特の色のゆらぎが表れています。

濃いめのOLIVEなどの色ですと、うっすらと赤みがかった糸の色合いが

表れている場合があります。こうした色のゆらぎは一点一点異なり、

ヴィンテージ感のある風合いを楽しむことが出来ます。

 

■糸からこだわりを

 

 

 

爽やかなボーダー柄が夏を連想させる、女性向けのショートスリーブ バスクシャツ。

綿をメイン原料にしたこちらのバスクシャツは海軍で

使用していたロープをイメージした丈夫な糸で作り上げたもの。

織物は単糸や単糸を撚り合わせた双糸(そうし)を用いることが多いですが、

このバスクシャツは何と5本の単糸を撚り合わせた五糸を使用しています。

ロープのように多くの糸を撚り合わせることで強度を高めつつ、

しなやかで柔らかい生地を実現しています。

目を引く肩のパッチ部分は1940年代の英国海軍のニットウエアをもとに、

当時は首元の裏側に付いていた補強布を表側に配し、このアイテムの特徴のひとつになっています。

 

 

 

女性向けのアイテムをもうひとつ。

こちらはリネン100%で作られた、4ポケット クロップド丈 リネンデニムパンツ。

ワイドに広がる形が印象的なこのパンツは、18世紀末頃に

子どもたちが履いていたデニムパンツをもとに作られています。

少年のような無邪気さを作りながらも、

微光沢のある生地やウエストに付いた飾りベルトが大人のおしゃれを助長させ、

程良く力を抜いたスタイルに仕上げてくれます。

 

■休日のリラックスタイムを楽しむ、トータルコーディネート

 

自分の体に合っていく、「こなれていく」感覚を感じることの出来る、

Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン)の服。

お休みの日は、ゆるやかなシルエットの服を着込んでいきたい。

 

男性コーディネート:

メンズ BRITISH ARMY リネン シャツ YELLOW

メンズ NARROW チノパンツ OLIVE

1135 メンズ メッシュスリッポン SALVIA SUEDE(JOYKS)

 

女性コーディネート:

ショートスリーブ バスクシャツ NAVY

4ポケット クロップド丈 リネンデニムパンツ OFF WHITE

ストラップサンダル BEIGE(ITALO CARLI)

キャンバスミニトート Gray(HERITAGE LEATHER CO.)

 

 

 

2001年にスタートした日本発のファッションブランド、HAVERSACK(ハバーサック)。

デザイナー乗秀幸次氏のもと、「ヴィンテージになり得る服作り」をテーマに

様々なラインの服を生産しています。

もともと海外ブランドの製品を日本に紹介する仕事を手がけていた乗秀氏。

時を経ても変わらず愛され続ける製品があることを実感し、

流行に左右されない日本製にこだわったコレクションを発表。

英国をはじめ、ヨーロッパのファッション界からも呼び声の高いブランドへと進化しています。

 

 

新しさがありながらも、着続けられていくことでヴィンテージになっていく

そんな予感をさせるHAVERSACK(ハバーサック)の服。

古典的なパターンを取り入れ、丁寧に縫製をすることで

飽きの来ない服となり、時間の経過とともに起こる劣化を最小限に抑えることはもちろん、

服が独立したとき、人の体に着せられたときの両面でどのように見えるか

という点を計算した上で服を作り上げています。

華美なものではないけれど、よくよく見ると分かる、

そして身につけて分かる、そんな服の魅力を実感することが出来ます。

 

■素材の良さを引き出して

 

 

 

HAVERSACK(ハバーサック)の代名詞のひとつである、

丸襟にストラップの付いた、ラウンドカラーチンストラップの形を成したメンズ LenoClothシャツ。

レノクロス(絡み織)で作られた生地は、緯糸に対して経糸がクロスした

状態で折り込まれているため、表面はクロスの形が連なったように見え、

さらに表面に凹凸が表れるようになっています。

糸が太くなることから比較的目も粗くなり、それが通気性を高くさせます。

メンズ LenoClothシャツは素材が綿と麻なので、見た目も爽やかな暑い季節にぴったりの一着です。

 

 

 

吊るしておくだけでも愛らしく、身につけると品良く決まる

まさにHAVERSACK(ハバーサック)の目指す服を表しているかのような

こちらのCottonLawnワンピース。

「ローン」とは薄手で目の詰まった織物を指し、比較的ハリのある生地になります。

さらりとした肌触りでうっすらと透け感もあるので、暖かい季節に最適です。

CottonLawnワンピースは六分丈の袖口にフリルが付いて、

ボタンとレースの仕様がどことなく中世ヨーロッパのドレスを連想させます。

それでいて甘すぎないので、一枚着るだけで上品な印象に。

 

■生地から追求した末に

 

 

着回しのしやすい男性シャツをもうひとつ。

メンズ DobbyWideStripeシャツは「ピンオックス(ピンポイントオックスフォード)」と呼ばれるタイプのシャツ。

複数の経糸と緯糸を組み合わせて作る斜子(ななこ)織りで作られていく

オックスフォードをさらに細い糸で表現したのがピンオックスで、

より柔らかく光沢のある仕上がりになります。

ホワイトとネイビーで太さの異なるストライプを成したメンズ DobbyWideStripeシャツは

ビジネスシーンでも、カジュアルにも着こなせるデザイン。

さらに女性の方がオーバーサイズで着て、細身のボトムスと合わせてもおしゃれです。

 

 

 

すっきりとセンタープレスが掛けられたメンズ SaltShrinkingBurberryパンツ。

スポーティーでありながら上品という、

まさに絶妙なテイストが魅力のこのパンツには塩縮加工が施されています。

この加工により生地を塩縮液と呼ばれる液に浸すことで生地が収縮する

独特のシボ(ちぢれ)が表れるようになります。

ハリがありながらも、柔らかさを感じるような生地は

こうした工程により生まれるものです。

 

■時にはおめかしした、お出かけ用トータルコーディネート

 

着こなし次第で、自在に雰囲気を変えるHAVERSACK(ハバーサック)の服。

上質な生地や素材だからこそ出来る品のあるコーディネート。

 

男性コーディネート:

メンズ DobbyWideStripeシャツ Navy

メンズ SaltShrinkingBurberryパンツ Off Beige

1052 メンズ タッセルスリッポン TAUPE SUEDE(JOYKS)

 

女性コーディネート:

CottonLawnワンピース Black

ベルトエスパドリーユサンダル GBE(gaimo)

バスケットS/BL(TOINO ABEL)

ブレスレット B01 BROWN(Monica Johansson)

ブレスレット B04 BROWN(Monica Johansson)

 

 

 

 

投稿者: 植田 日時: 2017年06月30日 15:11 | permalink

閉じる