華やかさを纏う、シャツとアクセサリーの関係

暖かい時期にきらりと光るアクセサリー。

例えばアップヘアの耳元に揺れるピアスやヘアアクセサリーだったり、

デコルテを華奢に見せるネックレスやペンダントだったり、

ノースリーブのトップスから伸びる腕元に華やぐブレスレットであったり、

暖かい季節のお洋服にはアクセサリーが欠かせません。

今回はいつの時代も洗練された印象を受ける「シャツ」に合わせて

ぴったりのアクセサリーの選び方をご紹介します。

 

 

「シャツ」と言えば、様々なディティールの違いで、

多様な種類がありますが、

今回はアクセサリーの味付けにぴったりなシャツを選んでみました。

 

・バンドカラーシャツ/ノーカラーシャツ

このシャツはいわゆる【襟のないシャツ】のことを言います。

カラーは英語で【collar:襟】のこと。

バンドカラーとノーカラーにはちょっとした違いがあり、

ノーカラーは襟の部分が全くないものをいうのとは異なり、

バンドカラーはそのノーカラーに【band:帯】を付けたものを刺します。

どちらも襟のないシャツには変わりありませんが、

この様な違いがあるのですね。

 

かっちりした雰囲気を持っている襟のあるシャツに比べて、

きっちりし過ぎず、かつきちんと見える絶妙なカジュアルさが特徴。

首回りがすっきりと長く見え、涼しげな雰囲気です。

 

 

・スキッパーシャツ

もともと重ね着したような首もとのデザインのニットウェアをスキッパーと呼んでいましたが、

現在はボタンなしのポロシャツ、もしくはVネックに襟を付けたカットソートップスやニットウェアを呼ぶことが多く、

襟部分は、スキッパーカラーと呼ばれます。

このように胸元まですっきりと開いたデザインが多く、

中に着用するインナーで印象を変えることもできます。

暖かい時期のシャツに多く見られ、涼しげな印象を持ちます。

 

 

・ノースリーブシャツ

 

先の2つは襟のデザインでしたが、

真夏に着たい、ノースリーブシャツにも、アクセサリーが良く似合います。

袖部分をカットし、腕を見せる面積を大きくすることで、

腕を長く、涼しげに見せてくれます。

ハンサムなデザインのシャツでもノースリーブを選ぶことによって

女性らしく洗練された印象を与えることができます。

 

今回はそんなシャツを着こなすアクセサリーの選び方のご紹介です。

 

 

例えばこんな襟のないシャツは、

首元がすっきりして見えるので、アクセサリーが良く映えます。

首元の涼しげな印象を更に強くするために、

【重心を上に見せる】ことを意識してアクセサリーを選んでみましょう。

髪の毛をキュッとアップヘアにしたり、

ピアスやイヤリングでも重心を上にしてバランスを取れます。

 

シンプルな大きめモチーフのものも素敵に決まりますし、

揺れるネックレスを耳元に持ってきても良いですね。

 

【アップヘアといえば】

ヘアアレンジを楽しむ方の定番といえば、モチーフのついたヘアゴムでしょうか。

このヘアゴムの透明感のあるフラワーモチーフは、涼しげで、

大人の女性のためのヘアゴムといった雰囲気。

どんなお洋服にも合わせやすいお気に入りのヘアゴムを持っていると、

暑い夏も乗り切れそうですね。

 

【簡単なヘアアレンジが決まるバレッタ】

バレッタは、どんな長さのヘアの方でも簡単にアレンジが決まりますよね。

ハーフアップにするだけで、見た目にも涼しくなりますし、

こんな発色のいい上品なバレッタなら、毎日でも合わせたくなりますね。

 

 

【儚げなピアスを一対】

襟のないシャツはユニセックスな印象のシャツも多いので、

そんな時には、女性らしいアクセサリーをプラスしたいですね。

こんなガラスモチーフの揺れるピアスなら、儚げで女性らしい雰囲気を作ってくれます。

 

 

 

胸元をすっきりと見せてくれるスキッパーシャツは

大人の女性の魅力を更にアップさせてくれます。

そんなシャツに合う、可憐な印象をつくるには

【華奢な印象のネックレス】をプラスするのが良いでしょう。

ネックレスは首回りに付けるアクセサリーを総称して呼ぶことが多く、

ペンダントは英語の【pend:吊り下がる】を語源としているとされ、

ペンダントトップの重みでV字になるものをいいますが、

デザインやブランドによって呼称はその限りではないようです。

 

Shirts: SKIPPER シャツ ストライプ

pendant: 【別注】OCTAGON NECKLACE(red)

 

・ネックレスの選び方

ネックレスの選び方は、そのモチーフも重要ではありますが、

【長さ】も重要なポイント。

基本的にネックレスは5つの長さに分類できるといいます。

【チョーカー】【プリンセス】【マチネ】【オペラ】【ロープ】と分類できます。

 

【チョーカー】

長さ約35〜40cm前後のものをいいます。誰にでも似合う長さで使いやすいですが、

首の付け根に沿う形になるので、着用感には個人差が出ます。

 

【プリンセス】

長さ約40〜45cmのものをいいます。

ネックレスといえばこの長さの物を想像される方も多いのではないでしょうか。

首元がすっきりと長く見え、ドレスにもぴったりの上品な長さです。

 

【マチネ】

長さ約50〜55cm前後のものをいいます。

マチネはフランス語でミュージカル舞台や演劇などの昼公演のことを指し、

欧州の昼の社交界では良く用いられた長さであるといいます。

エレガントさを持ちながらも、カジュアルなお洋服にも合わせやすい長さです。

 

【オペラ】

長さ約70〜80cm前後のものをいいます。

夜の観劇が多いオペラに着ていくことの多いロングドレスに

合う、シルエットを縦長に見せてくれる長さです。

 

【ロープ】

長さ100cm以上のものをいいます。

オペラよりもさらに長さがあり、一連ではもちろん

二重にして付けたり、その長さを生かして結んでみたりと

お洋服に合わせてアレンジが楽しめるのもポイントです。

 

スキッパーシャツは胸元がVの字に開いていますので、

そのシルエットに沿う様に付けることのできる

40cm前後のものが使いやすいですよ。

アジャスターで長さを変えることもできるものを選ぶのもおすすめです。

 

 

ノースリーブトップスは暑い夏の定番です。

腕の出る面積の多いノースリーブトップスもアクセサリーと合わせるのにぴったり。

選ぶならデザイン性のあるものや華やかさの出るものがおすすめですよ。

 

【編み込みが美しいレザーブレスレット】

例えば北欧の印象を持つ、こんなレザーブレスレット。

軽くて付けていることを忘れそうなくらいのブレスレットは、

手元のアクセサリーが苦手な方にもおすすめです。

 

【一巻きでぐっと華やかに、ミニチーフ】

腕を出す夏なら、ミニチーフをブレスレット代わりに手首に巻くのもおすすめです。

可愛らしい印象のミニチーフ。

長く長く愛用したいシンプルなノースリーブシャツには、

お気に入りの柄のチーフを合わせて楽しみたいですね。

 

Shirts: リネンノースリーブシャツ(Navy)

Earrings: ダイアンピアス(White)

Bracelets: ブレスレット B01 (BROWN)ブレスレット B04 (BROWN)

 

時を経た輝きと存在感。シルバーアクセサリーを長く愛用するために

 

美しいエイジングを楽しめる、レザーとピューターの北欧アクセサリー

投稿者: 村上 日時: 2017年07月15日 11:00 | permalink

閉じる