暑い日のとっておき、爽やかシャンブレー生地を知る

霜降りのような見た目の、シャンブレー生地。

今回は、夏空の下でも爽やかな気持ちにさせてくれる、

シャンブレー生地を見ていきましょう。

 

 

シャンブレーとは一体どんなものを指すのでしょうか?

 

 

シャンブレーとは、縦糸と横糸を交互に編んでいく平織り生地の一種で、

縦糸に色の糸、横糸には白糸を使って織り上げています。

表面の布に糸が均等に出て、霜降りのように見えます。

デニム生地のように色落ちが目立つということはあまりないのが特徴です。

 

 

見る場所によって色合いが変化して見える奥行きと光沢感があり、

ナチュラルな品の良さを楽しむことが出来ます。

 

シャンブレー生地の起源は正確には分かってはいませんが、

カンブリーという北フランスの街で作られた「カンブリック」と呼ばれる織物が

起源である、という説が有力のようです。

16世紀半ば、この「カンブリック」はリネンで織られる事が多く、

その後、綿が主流となりました。

シャツやハンカチなどにもよく使われ、丈夫で薄い生地なので刺繍などにも適していました。

このカンブリーでは平織りの作業服が多く生産されてきたといいます。

 

シャンブレーという言葉は19世紀初頭、

米国海軍がデニムとともにシャンブレーの使用を許可し、

広くアメリカ全土で知られるようになりました。

この急速な普及により、丈夫な作業服として市民権を得たシャンブレーは、

【ブルーカラー】としてデニムとともに労働者を表すようになっていきます。

このように労働階級や職人から普及したシャンブレーやデニムも、

現在では女性のドレスや子ども服にも使用されるようになりました。

 

 

 

 

”霜降り生地”と聞くと、思い浮かべるのはデニム生地ではないでしょうか。

似た雰囲気を持ち、混同されやすい生地ではありますが、

その違いは「織り方」にあります。

 

 

シャンブレー生地は【平織り】ですが、デニム生地は【綾織り】なのです。

綾織りとは、縦糸と横糸が交互に織られているシャンブレーとは異なり、

縦糸が複数の横糸をまたぎ、繰り返しずらす織り方の事です。

綾織りはツイルとも呼ばれ、斜めに白糸が現れていることが分かります。

 

※デニム生地

 

出来上がった模様は、左右非対称になり、

生地の表面は縦糸の割合が多くなります。

そのため、デニムの裏生地は白い糸の割合が多くなりますが、

シャンブレーには違いがありません。

 

また、シャンブレーを始めとする平織りの生地は摩擦に強く、強度を持っていますが、

デニム等の綾織りだと密で柔らかく、伸縮性に優れ、シワがよりにくい等の利点がある生地が生まれます。

 

 

・綿

多くのシャンブレー生地は綿素材から出来ています。

吸水性・保温性があり、通気性に優れ、空気を含んでくれます。

水に濡れた状態だと繊維の強度が上がるので、お洗濯にも強い素材です。

綿素材のシャンブレー生地は、薄手なのでシャツにしても

上品で奥行きのある印象を作ることができます。

 

・麻

通気性も良く、程よいシャリ感があり、夏にぴったりの生地で、

肌に触れるとひんやりと感じられるのが特徴。

生地に糸が溜まったようになるネップ・フシが入るのが最大の特徴で、

軽やかな雰囲気を楽しめます。

カジュアルで優しい雰囲気を作ることができます。

 

 

夏にぴったりのシャンブレー生地。

ZUTTOにもこの夏のとっておきが揃っていますよ。

 

◆生地との相性を考えた、サマーシャツ

メンズ CHAMBREY SKIPPER シャツ/ORIAN

このORIAN(オリアン)は、イタリアの伝統的なドレスシャツの仕立て技術を、

試行錯誤を重ねて現代に昇華させるのに成功したブランド。

過度な装飾を施さず、着る人自身の個性を引き出すようなデザインを生み出しています。

 

このメンズ CHAMBREY SKIPPER シャツは、

アメリカンヴィンテージを表現したような、メンズのスキッパーシャツ。

綿素材のさらりとした質感で、とても柔らかくすっきりとしていて、

リラックス感がありながらも上品な印象を与えます。

ありそうでない、大人の男性のためのスキッパーシャツは、

シャンブレー生地を使用することでより一層爽やかな気分になりますね。

 

 

エアーシャンブレー 袖ギャザーブラウス/Vlas Blomme(ヴラスブラム)

※カラーはTURQUOISE

 

Vlas Blomme(ヴラスブラム)は、リネンの中でも最上級と言われている、

ベルギーの「コルトレイクリネン」を暮らしに寄り添うように

デザインしてファッションに昇華させている日本のブランド。

 

このブラウスは、リネンのシャンブレー生地を使用して、全体的な軽さを表現。

鮮やかな色を中白で染めることにより、爽やかで陽気な表情に仕上がっています。

仕上げはタンブラー乾燥で、柔らかく洗いざらした風合いを出しているので、

洗う前のリネン素材独特の固さはなく、程よくくったりと体に馴染みます。

 

デコルテをすっきりと爽やかに見せてくれるカッティングで、

袖はギャザーになっており、ふわふわと揺れて可愛らしい印象。

夏の高い空を思わせるL.BLUE、深く透明な海のようなTURQUOISEのカラー。

どちらも大人の女性の可愛らしさをぐっと引き立たせてくれます。

 

同素材を使ったエアーシャンブレー ウエストフリルスカートもご用意しています。

※カラーはL.BLUE

 

ウエストにたっぷりとギャザーを入れたスカート。

ギャザーに合わせて生地を調節しているので、

ふんわりと広がり過ぎず、甘くなり過ぎません。

Tシャツやシンプルなカットソーと合わせてもいいですし、

エアーシャンブレー 袖ギャザーブラウスと合わせてセットアップのように

着て頂くのもおすすめです。

 

天然素材ならではの自然で軽やかな風合いと、

上質なコルトレイクリネンだからこそ生み出せる質感は、

唯一無二の着心地を生み出してくれます。

 

日差しを受けると、光を含んで光沢感を持ちます。

ナチュラルな風合いの強い天然素材のかごバッグやサンダルも

リネンという素材を生かしたお洋服だからこそしっくりと馴染みますよ。

 

 

◆見た目にも涼し気、折り畳み日傘

晴雨兼用折りたたみ傘 シャンブレーコーティング/KOMIYA

 

1930年、洋傘・ショールのメーカーとして東京でスタートした

小宮商店が展開するブランド、KOMIYA(コミヤ)。

創業以来今日まで洋傘一筋、日本にはもうごくわずかになった国産の傘を作り続けています。

伝統的な生地や技法を用いた、日本の熟練職人ならではの丁寧な手仕事が感じられる、

ずっと使っていたくなる「一生もの」の傘のブランドです。

 

今回ご紹介する晴雨兼用折りたたみ傘 シャンブレーコーティングは、

一般的な日傘よりも更に紫外線対策に抜群の、

特別な加工を施した遮光率・紫外線カット率が99.99%以上、1級遮光傘です。

 

傘の内側が黒い理由は、アスファルトなどの地面からの照り返しを吸収する役割が。

内側が黒いことで重たく見えてしまいそうなこの傘も、表面を淡い色の

綿シャンブレー生地にすることで、見た目にも涼を感じることが出来ますね。

眩しさも軽減し、まるで木陰を連れて歩いているような清涼感は、さすが1級遮光傘といったところ。

 

ピンク・ブルー・グレーと、パステルカラーを揃えています。

シンプルで主張しすぎない生地なので、お洋服との相性を心配することなく、

毎日持ち歩いて使ってくださいね。

男性にもおすすめで、スーツ姿にも良く似合いますよ。

 

 

◆丈夫で、涼し気なマルチユースのタオルケット

リネンシャンブレータオルケット/fog linen work

fog linen workは、リネンの原産国として有名なリトアニアのリネンを使用し、

「日常生活で気兼ねなく使えるリネン」を最高級品としてこだわり、

生活を豊かに彩るような商品を生み出しています。

 

ご紹介するのはリネンのシャンブレー生地のタオルケット。

柔らかく薄手ではありますが、丈夫なのはリネンのシャンブレー生地ならではで、

ぐっと目が詰まっているので、程よい重さと通気性で、

夏のおやすみ用タオルケットとしてはもちろん、

外にお出かけの際に、敷物として持って行く方も多いのだとか。

リビングのソファーに掛けて、汚れ対策とお部屋の雰囲気を変えることも。

使った後はゴミや汚れを叩(はた)いて、洗濯機でじゃぶじゃぶと洗ってくださいね。

洗うごとにくったり肌に馴染んでいくリネンシャンブレー。

寝室、リビング、そして屋外まで。

どんどん使い倒して欲しい、そんなタオルケットです。

 

 

夏が益々楽しみになるような涼しげなシャンブレー生地。

是非お気に入りを見つけて見てくださいね。

 

▽こんなコンテンツもおすすめ

 

▽ご紹介ブランド

投稿者: 村上 日時: 2017年07月01日 11:45 | permalink

閉じる