FUTAGAMI(フタガミ)

FUTAGAMI(フタガミ)

人と場所に馴染んでいく真鍮

1897年(明治30年)創業の真鍮の鋳物メーカー「二上」が立ち上げたブランド「FUTAGAMI(フタガミ)」は、今の暮らしに馴染んでいく真鍮製品を作ります。
日本における銅器の生産額の約95%を占め、伝統工芸である高岡銅器の産地、富山県高岡市で生まれたFUTAGAMI(フタガミ)。素材となる真鍮(しんちゅう)は、銅と亜鉛との合金で、経年変化により酸化して少しずつ枯れた色合いになり、独特の深い味わいが出る素材。昔から建築金物や家具金物など、様々な分野で使用されてきました。
また、素材の持つ風合いが柔らかく、光沢も優雅で、美術工芸品や仏具等の素材としても長い歴史があります。古く歴史ある二上が長年培った技術と、大治将典氏のデザインで、真鍮の素朴な美しさが映える「FUTAGAMI(フタガミ)」です。

FUTAGAMI(フタガミ)取扱商品一覧

閉じる