eco-de-project (エコデ・プロジェクト)

eco-de-project (エコデ・プロジェクト)

一片も無駄にすることなくものづくり

eco-de-project(エコデ・プロジェクト)は、インテリア産業の集積地である福岡県大川市でインテリア資材を扱う企業の集まり。ひとつの家具メーカーではなく、木材屋さん、木材加工屋さん、木材・家具仕上げ材屋さん、家具製造屋さん、ガラス屋さん、畳屋さん…そしてデザイン会社から成ります。これまでは泣く泣く捨てられてきた、インテリア産業から出る多くの端材・廃材を、デザインの力で商品化したものづくりを行なっています。
eco-de-projectのものづくりは、端材が出た分だけ行なわれます。言い換えれば、端材が出た分しかものづくりは行われないのです。なので、端材・廃材に合わせて商品は常に変化していきます。インテリアの流行と共に、資材の種類や形状は変化します。その時は端材に合わせてデザインを変えるという手間が発生してしまうのだそうですが、端材をうまく活かすためにその作業は惜しみません。そして、資材のことを一番良く知っているインテリア資材の会社さんたちにとって、資材が生かされ、新しい形になることは大きな喜びなのだそうです。

閉じる