TEORI(テオリ)

HOLLOW(ホロウ)

花と竹で、アートを作り出す一輪挿し

竹の繊維が美しくデザインに活かされたTEORI(テオリ)の一輪挿し、HOLLOW(ホロウ)は、竹のしなりを利用し、花がその空間に浮遊するようにそこに佇みます。

4つのパーツを簡単に組み立てて出来上がるというコンパクトさで、一輪挿しの幅は、わずか9.5cmと、狭いスペースでも花を楽しめます。玄関やリビングなどに飾ったり、お客様を通すお部屋に飾るのにも使って頂きたい一輪挿しです。
デザインはもちろんのこと、使うほどに艶が増すというTEORI(テオリ)の一輪挿しは、花と共に贈るギフトにもおすすめです。

MoMAニューヨーク近代美術館のミュージアムショップに取扱いがある、美しい形のHOLLOW(ホロウ)は、庭先や道端のさりげない草花も、花と竹がオブジェのように美しくそこに飾られる一輪挿しです。

ブランドのTEORI(テオリ)は、美しい竹林が豊富な倉敷のインテリア・家具ブランド。
竹は、他の木材に比べ格段に成長が早く、地下茎とよばれる茎を地中に持つため、地上に生えたものだけを伐採すれば新たな造林の必要がない持続的生産が可能で、エコ素材と言われています。

その竹を生かし、環境に役立てるものを作りたいという思いから、岡山にゆかりのある6人のデザイナーと共に「竹集成材プロジェクト」が立ち上がりました。
竹集成材とは、竹を繊維方向に細く切ったものを均一に削り、一本一本を接着剤で貼り合わせて作る板状の素材です。
竹を熟知したデザイナーが、その素材の特性に時間をかけて向き合い、独自性・機能性・コスト・美しさのバランスを備えたTEORI(テオリ)のインテリア雑貨や家具が完成しました。

TEORI(テオリ)の由来は、ドイツ語で「基本・原点・初心」です。
「自分におごらず原点を大切に」をテーマに、人と環境に優しく、味わい深い素材の良さを、現代の生活に合う美しい形に変えて私たちに伝えています。
丁寧に見る目、丁寧に作る手が、素材を十分に活かした美しいものを作り出しています。

竹は、和文化の象徴の一つでもあり、古くから日本の住まいや文化を通して人々に親しまれてきました。TEORI(テオリ)は、美しい竹製品を作り続けながら、竹を有効活用し、竹循環型社会を目指します。HOLLOW(ホロウ)と一緒に花のある生活で、長く親しまれる竹の強さ、美しさを感じて下さい。

HOLLOW(ホロウ)
   

 

  • HOLLOW(ホロウ)
  • 真横
  • パーツ
  • 組み立てる様子
  • 使用イメージ
  • パッケージ
  • 使用イメージ
  • 使用イメージ
サイズ 幅9.5×奥行き2.4×高さ25(cm)
素材 竹集成材(天然オイル仕上げ)、ガラス
生産国 日本
箱有無

商品特徴

  • ◇竹集成材で作られた組み立て式の一輪挿しです。
    ◇専用ケース入りでギフトにも最適です。

お手入れ方法

  • ◇日常はよく絞った布で拭いて下さい。
    ◇著しい汚れは中性洗剤で汚れを落とし、一度拭きとった後、乾いた柔らかい布で拭いて下さい。

注意事項

  • ◇高温多湿になる所、火の傍には置かないで下さい。変色や割れ、ひび、反りにつながる恐れがあります。
    ◇竹部分を濡れたままにしないで下さい。濡れた場合は、乾いた布で水分が残らないように、拭きとって下さい。

ブランド紹介

TEORI(テオリ)

TEORI(テオリ)

TEORI(テオリ)は、竹林豊かな岡山県倉敷市で生まれたブランドです。
数年で成長し、植林の必要がない「竹」。環境素材、エコ素材である竹の素材を生かし、環境に役立てるものを作りたいという思いから、岡山にゆかりのある6人のデザイナーと共に「竹集成材プロジェクト」が立ち上がりました。
そこで、竹集成材にまつわる様々な課題に挑戦し、その素材の特性に時間をかけて向き合い、独自性・機能性・コスト・美しさのバランスを備えたTEORI(テオリ)のインテリア雑貨や家具が完成しました。
TEORI(テオリ)の由来は、ドイツ語で「基本・原点・初心」です。「自分におごらず原点を大切に」をテーマに、人と環境に優しい、年月を経て味わい深くなる素材の良さを、現代の生活に合う美しい家具や雑貨にし、私たちに伝えています。
丁寧に見る目、丁寧に作る手が、素材を十分に活かした美しいものを作り出しています。TEORI(テオリ)は、現代の生活にあった美しい竹製品を作り続けながら、竹素材を有効活用し、竹循環型社会を目指します。

商品 価格(税込) 在庫 個数
HOLLOW(ホロウ)

HOLLOW(ホロウ)

ラッピング可

送料:一配送648円(一部地域除く)

¥3,888(税込)
選択した商品を購入する

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

閉じる