輪島キリモト

蒔地ペントレー

漆を感じるペントレー

いつか手に入れたいと思う、素材にこだわりを感じさせるインテリア小物。挙げれば切りがありませんが、素材によっては少し敷居が高いような、暮らしに溶け込ませるのが難しいような、そう感じてしまうこともありますよね。

「漆」という素材を使った製品も、取り扱いやお手入れが難しそうな、そんなイメージがあるのではないでしょうか。でも、輪島キリモトのインテリアや小物を知ったら、そんなイメージが変わるかもしれませんよ。

塗りの技術、素材の味わい
江戸時代後期から明治にかけては輪島漆器製造販売を営んでおり、昭和の初めに木を刳ることを得意とする朴木地屋を創業。輪島キリモトは朴木地屋を生業としながら、力ある職人達と一緒に漆の器、小物、家具、建築内装材に至るまで、漆が今に暮らしに溶け込むような可能性に挑戦し続けているブランドです。

漆器だからといって何も特別なことはありません。そう提案する輪島キリモト。漆の製品も、ガラスのコップや、陶器の皿を洗うように、お手入れの際は水やぬるま湯で薄めた洗剤を使い、スポンジで洗い流すだけで良いのだそう。

漆という素材は湿度70から80%、温度25度という環境の中で最も固まるため、乾燥した環境に置くことは避けて下さいね。毎日使うこと、 毎日洗うこと、使うことが結局は漆に必要な水分を補給してあげることになり、何よりのメンテナンスになるというから驚きです。

漆の魅力を身近に感じて
こちらのペントレー、実際にペンを置いてみると底の面に傾斜が付いており、置いたペンの頭がわずかに上に傾き、取り出しやすいことに気付きます。また、トレーの溝部分はクリップや消しゴムなど、デスクで使う小物の収納に便利。ペンや小物の他、はさみやメガネの収納にも良さそうです。

ケースの内側、ペンやステーショナリーを収納する部分には蒔地技法が施されており、傷が付きにくい工夫がなされているのも嬉しいポイント。シックな印象のブラックが、デスクの上で静かな存在感を放つ。そんな佇まいが魅力の一品ですので、男性への贈りものにもぴったりですよ。

眺めるだけでなく、暮らしの中でどんどん使って味わいを深めていくこと。それこそが何よりの喜びであると感じさせてくれる、蒔地ペントレーです。

蒔地ペントレー
   

 

  • 蒔地ペントレー
  • 横
  • 裏面
  • 漆塗り
  • サイズ感
  • 使用イメージ
  • パッケージ
サイズ 幅約8.5×奥行18.5×高さ3.5(cm)
本体重量 約50g
カラー
素材 天然漆、ヒノキアスナロ
原産国 日本
箱有無

注意事項

  • ◇ガラス等の堅いものや、先のとがったものが当たると、塗膜が傷付いてしまうのでご注意下さい。
    ◇急激な衝撃、乾燥を与えると、塗膜や木地が傷んでしまいます。
    ◇水に濡れた場合、水滴を残したままにしておくと、水道水の中に含まれるカルキ分が残り、色味の濃い漆器の場合、白っぽいものが目立ってしまいます。

ブランド紹介

輪島キリモト

輪島キリモト

江戸時代後期から明治にかけては輪島漆器製造販売を営んでおり、昭和の初めに木を刳ることを得意とする朴木地屋を創業。朴木地屋を生業としながら、力ある職人達と一緒に漆の器、小物、家具、建築内装材に至るまで、漆が今に暮らしに溶け込むような可能性に挑戦し続けているブランドです。
漆という素材。その魅力が暮らしに寄り添うようなものづくりを展開する輪島キリモト。輪島キリモトが生み出す漆製品の魅力は、その「塗り」の技術。丁寧に何度も繰り返し塗り重ねられた漆は他では見ることが出来ないほどの艶と光沢を放ちます。丁寧に漆が塗られたカップやカトラリーは、触れると艶やかで口当たりも滑らか。普段の暮らしに寄り添う逸品を。そんな願いを叶えてくれるブランドです。

商品 価格(税込) 在庫 個数
蒔地ペントレー

蒔地ペントレー(黒)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥12,960(税込)

残り2点
選択した商品を購入する

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

蒔地ペントレーには、他にもこんな仲間がいます。

閉じる