益久染織研究所(ますひさそめおりけんきゅうしょ)

和紡ブランケット

心地良い眠りへ

益久染織研究所(ますひさそめおりけんきゅうしょ)の和紡ブランケット。
厚地と薄手ガーゼを両面に使い一枚に重ねた、リバーシブルのブランケット。夏はガーゼを肌側にしてタオルケットの代わりに、冬は厚地を肌側にして毛布の代わりにお使い下さい。一年を通して優しい肌触りが心地良い眠りへと誘います。

手つむぎのその生地表面を手で撫でてみると、かすかにポコポコと凹凸があり、その凹凸は空気を含んでふわふわとした感覚です。手つむぎだからこそ、機械織りにない、不規則性があり、それが実は肌にとても自然なものだということは、初めてこの製品に肌を触れた時に感じました。オーガニックコットン以上に、肌への当たりが優しくて、糸目がふんわりと肌に触れることを感じます。ほおづりしたくなる心地よさを一度知ると、手つむぎの虜になってしまいそうなそうした織物です。

手つむぎ糸の魅力

人の手で優しくつむがれていく手つむぎ糸。手つむぎとは、その名の通り機械ではなく糸車を使い手で糸をつむぐ手法。数千年前から変わらない方法が受け継がれていると言います。種を除き、わた打ちをして均一にほぐした綿を、糸車を使い糸をつむいでいく。それは熟練の職人でも手間と根気の要る作業で、速く、正確に、継続することは至難の業です。

ゆっくりと時間をかけて丁寧につむいだ糸から生み出された製品は、使い心地も抜群。肌触りが良いのはもちろん、例えばコットンが呼吸することで夏は涼しく冬は温かく感じること、お洗濯に強いこと、静電気を起こしにくいことなど嬉しいポイントがたくさんあるのです。そんな手つむぎ糸の製品は、一年中快適にお使い頂けます。

大切に作り、使うこと

人の手で一本一本丁寧に紡がれた糸を素材にした製品を生み出す益久染織研究所(ますひさそめおりけんきゅうしょ)。人が人らしく生きて行ける世の中を目指して、人の暮らしと心を豊かにするものづくりを行うことを理念とするブランドです。大量生産大量消費の時代に疑問を感じ、丁寧にじっくりと時間をかけてものづくりを行い、大切に使うこと、なるべく捨てずに自然に還すこと。そして何より使い手によって心地良いことを念頭にしたものづくりを行っているのです。

使うほどに次第に柔かく風合いが増し、肌触りも良くなっていく手つむぎ糸を使った和紡ブランケット。その優しい風合いを是非肌で感じて頂きたい逸品です。

和紡ブランケット
   

 

  • 和紡ブランケット
  • タグ
  • 一年を通じて優しい肌触りの和紡ブランケット
  • 素材感
  • 厚地と薄手ガーゼ地を両面に使い重ねた和紡ブランケット
  • 時間をかけて丁寧につむいだ糸から生み出された製品です
  • 素材感
  • 冬は表地(厚地)を肌に、夏は裏地(ガーゼ地)を肌にお使いください
  • 使用イメージ
  • 使用イメージ
サイズ 幅約140×長さ200(cm)
重量 約1080g
素材 綿(手つむぎ糸)
原産国 日本:企画/製造:中国山東省
箱有無

商品特徴

  • ◇手紬糸の自然の風合いをそのままに、冬は表地(厚地)を肌に、夏は裏地(ガーゼ地)を肌に、保温と爽やかさを合わせ持ったブランケットです。

お手入れ方法

  • ◇洗濯の際は洗濯ネットに入れ、他の物とは別にお洗い下さい。綿毛羽が他の物に付着する恐れがあります。
    ◇特に最初の2〜3回目のお洗濯は単独でして頂くことをお奨め致します。
    ◇洗ったあとはよく広げ形を整えてからしっかり乾燥させて下さい。
    ◇タンブラー乾燥はお避け下さい。

ブランド紹介

益久染織研究所(ますひさそめおりけんきゅうしょ)

益久染織研究所(ますひさそめおりけんきゅうしょ)

人の手で1本1本丁寧に紡がれた糸を素材にした製品を生み出す益久染織研究所(ますひさそめおりけんきゅうしょ)。ブランド創業者である廣田益久さんは、木綿先染工場を家業とする家に生まれ、かつては糸商を営んでいました。高度経済成長期という大量生産の時代に、新潟の小さな織物工場で、時代と逆行する天然染色する工場に出会ったことが、このブランドが誕生するきっかけとなりました。
中国山東省に広がる契約農場では、はるか昔に畑を始めてから、これまで一度も農薬や肥料を使ったことがないのだそう。手紡ぎの糸をゆっくりと力織機で織った布は、自然の恵みをいっぱいに含んだ味わい豊かな逸品です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
和紡ブランケット

和紡ブランケット

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥27,000(税込)

残り1点
選択した商品を購入する

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

和紡ブランケットには、他にもこんな仲間がいます。

閉じる