硝子工房 彩鳳

江戸切子 剣矢来重文様 一口ビール ペア

ガラスに彫り込まれた、伝統の技

美しくモダンな江戸切子。ガラスのグラスに切子を施すと、光を反射し、その輝きがより一層引き立てられます。

江戸期の優れた硝子工芸品として日本に現存する貴重な伝統工芸品の製作技法である、江戸切子。その歴史は古く、生産が始まったのは江戸末期です。伝統は絶えることなく、約170年以上もの間、職人さん達によって受け継がれてきました。

工房独自のデザイン

江戸切子 剣矢来重文様 一口ビール ペアは、その名の通り小ぶりなサイズ。江戸切子本来の伝統を活かしつつ、現代性も備えたデザインのグラスを熟練の伝統工芸士の手によって丁寧に仕上げられています。赤と青のグラスが対になっているのですが、どちらもガラスならではの透け感と、独特の深みのある色味が威力。すっと切り込まれた幾何学模様が、キラキラと光を反射する剣矢来重文様。手作りならではの温かみと、繊細な技術を見ると、ため息が出てしまうほど美しいグラスです。

透明なソーダガラスに、切子細工を施し、手摺りと磨きで仕上げていく硝子細工だった江戸切子。作業工程が手作りなこともあり、高度の伝統的技術によるものなので、その習得には長い長い年月が必要となります。
繊細なカットをする切子の仕事は、基本的な技術を目と手が覚えるまでに最低10年かかると言われているほどです。

贈りものに喜ばれる切子

江戸切子 剣矢来重文様 一口ビール ペアは贈りものにおすすめ。化粧箱に入っているので、お祝い事や記念の贈りもの、外国の方へのお土産にどうぞ。また、お酒好きの方に贈るのも良いですね。少しばかりお値段は張りますが、切子を見れば値段も納得。色鮮やかな色合いと、光がきらめく切子は、ずっと愛用してもらえるような贈りものとなりそう。

昭和46年創業のミツワ硝子工芸。硝子工房彩鳳では、「見るたびに嬉しくなり、使うたびに豊かな気分になるような手作りならではの逸品」を目指しものづくりをしています。江戸切子の良き伝統を守りながらも、現代風の文様の取り組みに努め、また伝統を守るために育成にも力を入れ、彩鳳は新たな江戸切子を生み出しているのです。

繊細な作りと、美しい切子のデザイン。職人さん達の丁寧な手仕事が模様から見て感じられます。日本が誇るべき細やかな技術を見て、改めて日本の良さを感じたように思います。

江戸切子 剣矢来重文様 一口ビール ペア
   

 

  • 江戸切子 剣矢来重文様 一口ビール ペア
  • サイズ感
  • 切り込まれた幾何学模様が、キラキラと光を反射する剣矢来重文様
  • 底面
  • 丁寧に仕上げられた美しいグラス
  • 使用イメージ
  • 若干の高さ、色味が一点一点異なります
  • 箱
サイズ(グラス1点) 直径:5.5×高さ10(cm)
重量(グラス1点) 約120g
化粧箱サイズ 幅約13×奥行12.5×高さ6.5(cm)
生産国 日本
箱有無

注意事項

  • ◇硝子は割れやすいものです。傷が付きますと思わぬ時に破損して怪我をする事がありますので、洗浄や使用時は丁寧にお取り扱い下さい。
    ◇洗浄する場合は、柔らかいスポンジ、たわし、金属たわしやクレンザーを使用しますと、硝子を傷つけ、破損する恐れがあります。
    ◇耐熱硝子ではありません。レンジオーブンなど加熱にてご使用はお避け下さい。
    ◇食器洗浄器でのご使用はお避け下さい。

ブランド紹介

硝子工房 彩鳳

硝子工房 彩鳳

昭和46年創業のミツワ硝子工芸。硝子工房彩鳳の作品は、江戸伝来の技術を継承し、熟達した切子工芸士が様々な伝統文様を基に工房独自のデザインで切子を施しています。
江戸期の優れた硝子工芸品として日本に現存する貴重な伝統工芸品の製作技法である、江戸切子の歴史は古く、生産が始まったのは江戸末期。伝統は絶えることなく、約170年以上もの間、職人さん達によって受け継がれてきました。
彩鳳では、「見るたびに嬉しくなり、使うたびに豊かな気分になるような手作りならではの逸品」を目指しものづくりをしています。江戸切子の良き伝統を守りながらも、現代風の文様の取り組みに努め、また伝統を守るために育成にも力を入れ、彩鳳は新たな江戸切子を生み出しているのです。

商品 価格(税込) 在庫 個数
江戸切子 剣矢来重文様 一口ビール ペア

江戸切子 剣矢来重文様 一口ビール ペア(青・赤)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥14,040(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

江戸切子 剣矢来重文様 一口ビール ペアには、こんなZUTTOな商品がぴったりです。

閉じる