Japan 掃印 (そうじるし)

掛けとさか

そこにあるほうき(茶色のかしら)

ほうきというと、小学校の掃除の時間を思い出します。ほうきで掃くとチリやほこりが集まっていって、教室や廊下を全部掃き終わると、ゴミがかたまりになって取れていて、なんともいえない達成感もあります。

小学校の教室や、民家のひと部屋ふた部屋の掃除ならば、いちいち掃除機を持ち出すよりもほうきの方が手早く掃除ができるもの。普段使いとして最適な、小回りのきくほうきが届きました。

「掃印(そうじるし)」の掛けほうきは、どこにでも掛けられるようにと傘の柄のような持ち手をしています。ほうきの命は穂先ですので、先が曲がらないように置いておけるのは嬉しいもの。穂先のひしゃげたほうきほど、扱いづらいものはないですからね。
素朴ながら確実にいい仕事がなされているほうき部分は、江戸箒の老舗「白木屋中村傳兵衛」が手掛けたもの。使い心地の良さと芸術品のようなその見た目は、さすがとしか言いようがありません。
「掛けとさか」はシュロ皮製のほうきで、毛先が柔らかい当り口なので細かいほこりを集めるのに活躍してくれます。
またフローリングを掃くとツヤが出るそうで、木が素材であるもの同士だから、シュロとフローリングの木の相性が良いのでしょう。

「掃印」の掃除道具たちは、普段使いの道具を身近に置きたい、置いて違和感のないデザインとなるように作られたモノたちです。けれども見た目ばかりに重きを置くのではなく、あくまで使うものとして生み出されいるため、一度手にすれば使い勝手や素材の良さを実感できると思います。そして掃除をもっと楽しく、充実した時間にしてくれそうです。

気がついたときにさっと掃けるよう、いつでも近くにおいておける掛けほうき。エネルギーを使いつつ騒音を立てながら掃除機をかけるお掃除は卒業して、ほうきで細かいところまで気を使いながらのお掃除を始めませんか?

   

 

ブランド紹介

掃印 (そうじるし)

掃印 (そうじるし)

「掃印(そうじるし)」は、生活の中で隠されがちな掃除道具を身近に置ける仕組みや、身近に置ける良さを持つようにと、「そばに置いておきたくなる」をテーマにしてデザインされた掃除道具のブランドです。
昔から馴染みのある道具たちが、現代の住まい方に合う工夫を幾らか加えられることによって、いつも眺めていたくなる道具が生まれます。
「掃印」の商品をデザインした大治将典さんは、伝統的なモノや、古くから使われてきた素材を生かし、手を加えるのを最小限度にとどめた「生活が少しだけスムーズになる、ちょこっとだけ気を使っているもの」のデザインを心がけているのだそうです。
そして作ったのは天保元年創業の江戸箒の老舗「白木屋中村伝兵衛」。芸術作品のごとき「江戸箒」を、職人たちが生み出しています。「江戸箒は減りはしてもなくなることはないだろうね。」と、そんな愛情ある思いを込められたほうきは、日々の暮らしで使うために作られた美しさを持っているのです。

商品 価格(税込) 在庫 個数
掛けとさか

掛けとさか

ラッピング不可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥5,400(税込)

販売終了

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

掛けとさかには、こんなZUTTOな商品がぴったりです。

閉じる