能作(のうさく)

箸置 花ばな

錫の花が魅せる

蓋を開けると、まるで折り紙のように美しく丁寧にかたどられた花々が顔を覗かせます。箸置きは食卓できちんと整った雰囲気を作ってくれる、大事な存在。ひとつひとつモチーフの異なる箸置 花ばなは、まるでテーブルの上に花を散らしたかのように、食卓を美しく彩ってくれます。

手づくりならではの温かみ

能作(のうさく)の箸置 花ばなは錫(すず)からできています。錫は、金・銀に次ぐ高価な金属であり、酸化しにくく抗菌作用が強いという特性を持っています。また、金属特有の臭いもしないので、衛生面が気になるテーブルウェアにはもってこいの素材なのです。

錫は通常、硬度を持たせ切削性を高めるために他の金属材料を加えますが、能作(のうさく)の錫はそれらを一切含みません。昔ながらの鋳造技術により、純度100%の錫を作り出しています。

梅・桜・桔梗・コスモス・蓮と、5種類の花がモチーフになった箸置 花ばな。それぞれ日本にゆかりのある花であり、少しずつ形や表情が異なるのが印象的。錫は柔らかい素材なので、手で簡単に曲げることが出来、お箸がちょうど良く乗る角度に調整が出来ます。

受け取った人の顔が思わずほころんでしまう、箸置 花ばな。優しい錫の花たちを、御結婚祝や引越し祝い等のシーンで大切な人への贈りものとしてお選びください。

伝統に培われた高い技術

真鍮は、銅と亜鉛による合金。加工性、耐食性が高く、また最大の魅力は見た目の美しさ。富山県高岡市の伝統産業である鋳物の技術を生かし、熟練の職人が手作業で仕上げています。富山県高岡市は慶長14年(1609)、加賀藩主の前田利長が 高岡の町を開いたことを機に、“商工業の町”としての発展を遂げることになりました。

株式会社能作(のうさく)は大正5年(1916)、高岡の地に伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。鋳造とは、鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込んで製品を作る加工方法で、出来た金属製品は鋳物(いもの)と呼ばれています。能作の製品は、全て高度な技術により製作されています。用途や製品に応じた鋳造方法、金属材料(錫、真鍮、青銅、アルミ等)を用い、味わいのある製品を生み出しています。

箸置 花ばな
   

 

  • 箸置 花ばな
  • 美しく丁寧に花の形にかたどられた、錫製の箸置きです
  • サイズ感
  • 使用イメージ
  • 説明書を必ずご確認ください
サイズ 直径4.2×高さ2(cm)
重量 各約17g
素材 錫100%
生産国 日本
箱有無

商品特徴

  • ◇錫製の箸置きです。5種類の箸置きがセットになっています。
    ◇錫は柔らかいため、手で曲げることが出来ます。

お手入れ方法

  • ◇ご使用後は柔らかい布かスポンジを用いて、他の食器同様に台所用洗剤(中性)で洗ってください。
    ◇光沢が鈍くなってきた時は市販の金属磨きや歯磨き粉、重曹などで磨くと光沢が戻ります。

注意事項

  • ◇硬いたわし等でこすらないでください。また、柔らかく傷つきやすいため、クレンザーでの研磨もしないでください。
    ◇融点が低いため、直火にかけないでください。
    ◇電子レンジではご使用になれません。
    ◇ティンペストの原因となるため、冷凍庫には入れないでください。
    ◇食洗機や乾燥機、洗濯機には入れないでください。

ブランド紹介

能作(のうさく)

能作(のうさく)

株式会社能作(のうさく)は、富山県高岡市の金属加工メーカーです。
富山県高岡市は慶長14年(1609)、加賀藩主の前田利長が 高岡の町を開いたことを機に、“商工業の町”としての発展を遂げることになりました。株式会社能作(のうさく)は大正5年(1916)、高岡の地に伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。鋳造とは、鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込んで製品を作る加工方法で、できた金属製品は鋳物(いもの)と呼ばれています。能作の製品は、すべて高度な技術により製作されています。
用途や製品に応じた鋳造方法、金属材料(錫、真鍮、青銅、アルミ等)を用い、味わいのある製品を生み出しています。近年注目を集めているのはテーブルウェアや花器、風鈴などです。長い歴史の中で、伝統のみにとらわれず新しいものを追い求めていくその姿勢も、能作のこだわり【「能」が詰まった味わいのある製品、「作」への好奇心を形にすること】を体現しています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
箸置 花ばな

箸置 花ばな

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥5,400(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる