能作(のうさく)

すずらん シザーケース

首から下げても様になるシザーケース

繊細なすずらんの文様を施した、ソーイングアイテムのシリーズ。
デザイン会社と手芸用品の企業との3社のコレボレーションで生まれたPorteBonheurの商品。
ボルトボヌールとはフランス語で幸せをもたらすという意味。フランスでは5月1日をミュゲ・デー(すずらんの日)として、家族や友人、大切な人にすずらんを贈る習慣があります。

重厚な存在感

本錫(ほんすず)100%で作られているため、 小ぶりなサイズでありながらも重厚な存在感を放ちます。ハサミはチェーンで繋げられていて、首から下げた状態でも使いやすい仕様になっています。お洒落なヴィンテージ風のネックレスとしても活用できます。

重みと錆にくさを活かしたこちらの商品は、富山県高岡市の伝統産業である「鋳物」の加工で培われた鋳造技術をもとに製作しています。ソーイング好きな方への贈り物にもぴったり。ニードルケースとピンクッションのシリーズで揃えても素敵です。 日常の中で長く愛用されるものとなりそうです。

伝統に培われた高い技術

錫は、金・銀に次ぐ高価な金属であり、酸化しにくく抗菌作用が強いという特性を持っています。また、金属特有の臭いもありません。
能作(のうさく)の錫は、純度100%です。通常は硬度を持たせ切削性を高めるために他の金属材料を加えますが、能作の錫はそれらを一切含みません。それを可能にしたのは能作が古くから今に伝える鋳造(ちゅうぞう)技術によるもの。

株式会社能作(のうさく)は、富山県高岡市の金属加工メーカーです。
富山県高岡市は慶長14年(1609)、加賀藩主の前田利長が 高岡の町を開いたことを機に、“商工業の町”としての発展を遂げることになりました。株式会社能作(のうさく)は大正5年(1916)、高岡の地に伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。鋳造とは、鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込んで製品を作る加工方法で、出来た金属製品は鋳物(いもの)と呼ばれています。能作の製品は、全て高度な技術により製作されています。
用途や製品に応じた鋳造方法、金属材料(錫、真鍮、青銅、アルミ等)を用い、味わいのある製品を生み出しています。

すずらん シザーケース
   

 

  • すずらん シザーケース
  • 繊細に描かれたすずらんの柄
  • 本格仕様のハサミです
  • チェーンで繋がっています
  • クローバー・ブランド
  • アンティーク調のネックレスとしても素敵
  • ギフトにも最適なパッケージ
サイズ シザー部分:幅3.5×奥行き8×高さ3.5(cm)
チェーン:77cm
重量 34g
素材 錫100%
生産国 日本
箱有無

お手入れ方法

  • 光沢が鈍くなった時は、市販の金属磨きや歯磨き粉、重層で磨くと光沢が戻ります。

注意事項

  • 繊細な手仕事で作られているため、一つ一つ色調や凹凸が異なります。錫の性質で紙と擦れるとグレーの色が移りますが、使用上の差支えはございませんのでご了承ください。お使いになるときは防錆油をよく拭きとってください。

ブランド紹介

能作(のうさく)

能作(のうさく)

株式会社能作(のうさく)は、富山県高岡市の金属加工メーカーです。
富山県高岡市は慶長14年(1609)、加賀藩主の前田利長が 高岡の町を開いたことを機に、“商工業の町”としての発展を遂げることになりました。株式会社能作(のうさく)は大正5年(1916)、高岡の地に伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始しました。鋳造とは、鋳型(いがた)に溶けた金属を流し込んで製品を作る加工方法で、できた金属製品は鋳物(いもの)と呼ばれています。能作の製品は、すべて高度な技術により製作されています。
用途や製品に応じた鋳造方法、金属材料(錫、真鍮、青銅、アルミ等)を用い、味わいのある製品を生み出しています。近年注目を集めているのはテーブルウェアや花器、風鈴などです。長い歴史の中で、伝統のみにとらわれず新しいものを追い求めていくその姿勢も、能作のこだわり【「能」が詰まった味わいのある製品、「作」への好奇心を形にすること】を体現しています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
すずらん シザーケース

すずらん シザーケース

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥5,940(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

すずらん シザーケースには、他にもこんな仲間がいます。

閉じる