HADACHU ORIMONO(羽田忠織物)

ボウタイ

大人の遊び心

カジュアルなコーディネートからパーティーシーンまで、シンプルなスタイルのポイントにおすすめのボウタイ(蝶ネクタイ)。大人の遊び心をプラス出来るボウタイは、お洒落な色・柄を揃えたくなります。HADACHU ORIMONO(羽田忠織物)のボウタイは、リボンの形にセットされており、脱着に便利なフック式で、サイズ調整が可能なのでご安心を。太いデニールの絹糸を使用することで、上質なシルクを敢えてカジュアルな風合いに仕上がっています。「シルク=光沢感」のイメージに囚われない、ナチュラルな質感を楽しんで頂けますよ。

質感にこだわりあり

このブランドならではの特徴を1つ挙げるなら、それは糸からこだわる質感。長繊維のシルクをわざと短くし様々な色の繊維と混紡し、凹凸のある生地に仕上げ、太番手の糸を使うことで今までのシルクには無いざっくりとした風合いを生み出しています。使用しているジャガード織りは電子ジャガードではなく、あえてアナログ方法。機織り機に職人が糸を1本1本通し、図案も人の手で描かれたものを使用。このアナログ的なやり方で、機械織りにない、柔らかい曲線を描くことが出来ます。スピード重視で織ると、布だからこそのしなやかさが失われ、まるで紙のような質感になってしまうのですが、ゆっくりと仕上げることで、糸の間に空気を含ませ、風合いに優れた布に織り上がるのです。

太いデニールの絹糸を使用することで、上質なシルクを敢えてカジュアルな風合いに仕上がっています。「シルク=光沢感」のイメージに囚われない、ナチュラルな質感を楽しんで頂けるネクタイです。先染めと呼ばれる、糸を染めてから織ることにより、深みのある色や鮮やかさを表現しているのだとか。

織物の産地、山梨から

HADACHU ORIMONO(羽田忠織物)は、昭和10年に傘や風呂敷の布地を織るメーカーとして創業しました。着物の裏地などに多く使われた甲斐絹(かいき)の一大織物産地として栄えた山梨県富士吉田市は、ネクタイの生産量は日本一を誇ります。1935年に創業した羽田忠織物は、国内ではたった1軒しかなくなったネクタイの紗織りや、シルクの持つ素材感にこだわったジャガード織りを中心に産地の職人と新しい生地の開発に日々取り組んできました。元々はメーカーからの依頼で、スーツに似合うネクタイを作ってきたHADACHU ORIMONO(羽田忠織物)ですが、光沢のあるネクタイは、プライベートシーンではフォーマル過ぎる。遊び心があり、気張らずに締められるネクタイが欲しいという想いが生まれます。そうして、オリジナル商品を企画するに至ったのです。

1つあると、パーティーなど華やかなシーンで重宝するボウタイ。デザインはもちろん、ものづくりの背景を感じさせるネクタイは、大人のこだわりを感じさせます。普段、本人が選ばないようなテイストの色、柄を選んでみるのも良いですね。

ストライプ/レッド ブルーCTS-183
   

 

  • ストライプ/レッド ブルーCTS-183
  • 無地/イエローCTM-164
  • ヘリンボーン/グレーCTM-146
  • チェック/ブルー CTM-152
  • チェック/イエローCTM-157
  • ストライプ/レッド ブルーCTS-183
  • 無地/イエローCTM-164
  • ヘリンボーン/グレーCTM-146
  • チェック/ブルー CTM-152
  • チェック/イエローCTM-157
  • ストライプ/レッド ブルーCTS-183ストライプ/レッド ブルーCTS-183
  • 無地/イエローCTM-164
  • ヘリンボーン/グレーCTM-146
  • チェック/ブルー CTM-152
  • チェック/イエローCTM-157
  • フックタイプ
  • フックタイプ
  • フックタイプ
  • フックタイプ
  • フックタイプ
  • トリコロールのアクセント
  • 長さ調節可能
  • ネーム(ブランドタグ)
  • パッケージ
サイズ 幅約11.5cm×高さ4cm
※首周り約28cm~45cmの間で調整が可能です。
素材 シルク100%
※CTM品番:マットな質感、CTS品番:光沢のある質感です。
重量 約15g
製造国 日本
箱サイズ 幅約9×奥行き9×高さ10(cm)

注意事項

  • 生地の取り方によって、写真とは柄の入り方が異なる場合がございます。ご了承ください。

ブランド紹介

HADACHU ORIMONO(羽田忠織物)

HADACHU ORIMONO(羽田忠織物)

シルクを中心とした天然素材を使用し、自社工場でものづくりを行うブランド、HADACHU ORIMONO(羽田忠織物)。昭和10年に傘や風呂敷の布地を織るメーカーとして創業しました。着物の裏地などに多く使われた甲斐絹(かいき)の一大織物産地として栄えた山梨県富士吉田市は、ネクタイの生産量は日本一を誇ります。1935年に創業した羽田忠織物は、国内ではたった1軒しかなくなったネクタイの紗織りや、シルクの持つ素材感にこだわったジャガード織りを中心に産地の職人と新しい生地の開発に日々取り組んできました。織物工場としてなみならず、オリジナルブランドとして素材・品質の双方へのこだわりを発信しています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
ボウタイ

ボウタイ(無地/イエローCTM-164)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥5,616(税込)

残り1点
ボウタイ

ボウタイ(ストライプ/レッド ブルーCTS-183)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥5,616(税込)

残り2点
ボウタイ

ボウタイ(ヘリンボーン/グレーCTM-146)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥5,616(税込)

残り2点
ボウタイ

ボウタイ(チェック/ブルー CTM-152)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥5,616(税込)
ボウタイ

ボウタイ(チェック/イエローCTM-157)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥5,616(税込)

残り2点

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる