I.Ronni Kappos(ロニー・カポス)

ピアス1245

深みのあるイエローの優しい顔映り

モダンアートや建築からインスピレーションを得た、まるでアートのようなジュエリー。
1920、30年代頃の高い技術によってもたらされたヴィンテージジャーマンビーズのコレクションから、ハンドメイドで製作されています。当時のヨーロッパのビックメゾンで使われたパーツも取り入れられ、更に希少性を感じられます。
ニューヨーク近代美術館(MoMA)のリニューアルに当たって注目されるのも、大きく頷けるところです。

カリフォルニア州パサデナで生まれ、ロサンゼルスに暮らすI.Ronni Kapposは、双子の姉 Marina Kapposとともに、画家である祖母に影響を受け、幼い頃から音楽やアートなどクリエイティブなことに関心を持ち、大学では美術史を学びました。(姉Marinaも著名なポップアーティストとして世界で活躍しています。)
2002年からヴィンテージジャーマンビーズを使ったジュエリーの製作を開始。
当時でしか実現できない技術に敬意を込めて貴重なヴィンテージパーツを尊重し、大きな情熱を傾けて素材1つ1つと対話し、モダンなスタイルへ蘇らせています。

希少なヴィンテージビーズによるジュエリーは数量限定

彼女が使用する素材や色は20世紀初頭その時代からのものであり、使用するビーズと同時期に作られた物であるため表現に一層の力を与えています。
バウハウス時代のアーティストの作品からインスピレーションを得てコレクションの多くをデザインし、クレー、カンディンスキーやモンドリアン、エルバンなどの画家たちは彼女の作品の源となっています。

【使用素材について】
■ヴィンテージジャーマンビーズ(ガラス)
1920〜40年代にかけて製造されていたビーズは、今では手に入らない材料、顔料や金型を使用しています。
職人の手仕事によりガラスに微量の金属を添加して色を引き出していたそうです。
旧東ドイツなどのボヘミア地方で手作業で製造していた会社は、第二次世界大戦後ほどなくしてして閉業してしまいました。
コンピューターも無い時代、全てが手業の技量。職人の勘と長年の経験値により作られた1点1点が表情豊かな、深みのある懐かしい色合いの希少価値の高いビーズです。

■ヴィンテージ ルーサイト( アクリル樹脂 )
1941 年にデュポン社(Dupont)が特許を取得した、透明で強度のある着色可能な熱硬化性のアクリル樹脂の総称です。
当時新しい素材として大変注目され、1940-1950年代の欧米ではこのルーサイトに彫刻を施すというクラフトが人気を博しました。

■14kゴールトフィルド(金具/チェーン)
ゴールト層の薄い金メッキと違い、ベースメタルの1/20の重さの金層を熱で圧着したもの。金の層が厚いため通常剥がれていくことはありません。使い込むうちに色褪せがございますが、アンティークのような色合いになることも魅力の1つです。

■24kゴールドコーティングビーズ
今では殆ど見られない24kのゴールドコーティングが施されたビーズは、溶かした24金の中に浸し入れ、ビンテージジャーマンビーズを丸ごとコーティングしたものです。
使用状態により24kコーティングが削れて下地の色が見えてくる場合もありますが、アンティークのような雰囲気になることも魅力の1つです。

※14kゴールトフィルド・24kゴールドコーティングビーズの経年変化については参考画像をご確認ください。

耳元に揺れるしずく形ビーズ

菱形モチーフにしずく形のヴィンテージジャーマンビーズを揺らすフックピアス。小さなパーツながらも、幾何学模様のモダンアートの雰囲気が漂います。ヴィンテージならではの深みのあるイエローが、優しい明かりのように顔映りにも効果的です。
希少な技術で生み出されたヴィンテージ素材を使ったピアスには、大切に受け継ぎたい歴史も感じられます。手仕事の温もりを感じる愛着を持てる作品。トレンドに左右されることなく身につけられる、価値あるジュエリーです。


ピアス1245
   

 

  • ピアス1245
  • アップ
  • 透明のピアスキャッチつき
  • イメージ
  • ネックレス1423とのコーディネート
  • ケース入り
  • ご使用による経年変化の参考画像です(左:経年変化後、右:新品)
  • ご使用による経年変化の参考画像です(左:経年変化後、右:新品)
  • ご使用による経年変化の参考画像です
サイズ 約3.5cm(フックを除く)
素材 24kヴィンテージジャーマンビーズ、14k ゴールドフィルド
重量 片耳約2g
箱サイズ 幅約9.5×奥行き9.5×高さ3(cm)
原産国 アメリカ

商品特徴

  • ◇貴重なヴィンテージビーズを使用した、モダンアートや建築からインスピレーション得たアートのようなジュエリーです。
    ◇一見特徴のあるデザインも、意外なくらいに様々なウエアに合わせやすく幅広く活用できます。

注意事項

  • ◇着用後の返品・交換は承っておりませんので予めご了承くださいませ。
    ◇ビーズパーツはデットストックのため、色味や形状など、一点一点の表情が若干異なる場合がございます。
    ◇現在ではあまり見られない24kゴールドコーティングビーズは、使う環境によっては部分的に削れて下地の色が見えたり、退色が見られる場合がございます。
    ◇14kゴールドフィルドも退色の経年変化を遂げてゆく素材ですが、アンティークのような風合いへの変化もまた魅力の一つです。
    ◇硬いところに打ち付けないよう、お取り扱いにはご注意ください。
    ◇研磨剤の入った磨きクロスは、表面のコーティングがはがれる要因となりますのでご使用は避けてください。

お手入れ方法

  • ◇きれいな色合いを保つには、着用後に柔らかい布で汗などの汚れを拭き取り、ジップ付きのビニール袋の中に密封した状態で保管してください。

ブランド紹介

I.Ronni Kappos(ロニー・カポス)

I.Ronni Kappos(ロニー・カポス)

1920~40年代のボヘミア地方の職人技巧によって造られたビンテージジャーマンビーズ (現在では手に入らない金型や顔料を使用したレアでコレクティブなガラスビーズ)を使用したジュエリー。建築や絵画・モダンアートからインスピレーションを受けて作られるジュエリーは、まるで「アート」のようです。
1970年代まで製造されていたルーサイト(アクリル強化樹脂)は 細心な手仕事により、どこか懐かしさとぬくもりを備えています。
1920〜30年代にヨーロッパのビッグメゾンで使用されていた貴重なパーツに巡り合い、 限られたビーズで創り上げられるジュエリーは数量限定 。彼女の無駄のない幾何学的な感覚と入念で緻密なビーズの配列、個性的な色彩が絶妙です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
ピアス1245

ピアス1245(irk-e1245)

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥15,336(税込)

残り2点
選択した商品を購入する

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

閉じる