Les Olivades(レゾリヴァード)

シャツ ワンピース

柄を楽しむワンピース

Les Olivadesには「オリーブを摘む人」という意味があります。オリーブの木はとても長い時間をかけてゆっくり育ちます。オリーブの木を植えるのは、孫の世代のためと言われるほど。オリーブを摘む季節は家族の歴史を振り返る大切な時間。プロヴァンスの詩人F.ミストラルが綴った「Les Olivades」が由来になったこのブランド名には、オリーブの木が子から孫へと受け継がれていくように、プロヴァンスプリントも後世まで引き継がれて欲しいという願いや、独自のプリントを貴重な遺産として残してくれた先人たちへの感謝の気持ちが込められています。

プロヴァンスプリントの誕生

15世紀のインド航路の発見以来ヨーロッパでは東洋貿易が盛んとなり、インドに上陸したポルトガル商人によってインド更紗がヨーロッパに伝来します。16世紀、インド更紗はヨーロッパで珍重され、17世紀に入ると西欧諸国が設立した東インド会社によってヨーロッパ人好みのトワルパント(捺染綿布)が生産されるようになりました。

衣装やインテリア装飾に適した、この色彩豊かで軽やかな生地は瞬く間に人々を魅了し、そこからヨーロッパ独自のアイデアを反映させたプリント生地が生み出されるようになりました。質の良いプリント生地の生産には澄んだ大量の水が必要になるため、条件を満たす立地に工場が建てられました。
トワルパント(捺染綿布)は飛躍的な発展を遂げますが、産業革命後、機械生産による安価な綿布が大量に生産されるようになり、多くの手染め工房が経営難に陥り姿を消していきましたが、ソレイヤード社やこのLes Olivades(レゾリヴァード)の設立などで、プロヴァンスプリントの歴史は再び刻まれ続けています。

1818年、プリント職人だったレオナール・カンシュはインド更紗独特のプリント生地の生産をプロヴァンスで始めました。レオナールはタラスコン近郊のSt-Etiennne-de-Gresに工場を設立し、産業革命でフランス全土が揺れる中でもその波に飲まれることなくその後の礎を築きます。1948年にピエール・ブーダンによってSAIT社へと発展し、1977年に「レゾリヴァード」ブランドが立ち上がりました。約200年の伝統を守りつつ、唯一今でもプロヴァンスの地でプリントをしています。

それぞれに意味を持つプリント

木に模様を彫り、主に植物系の染料を用いてプリントするトワルパント(捺染綿布)の中でも、Les Olivades(レゾリヴァード)の生地は、プロヴァンス地方の動植物をモチーフとし、アネモネ・茜・オリーブ・向日葵・ラベンダー・薔薇などプロヴァンス地方の植物を染料とすることから独自の地位を確立しています。地域独特の文化や自然をモチーフとし、それぞれプロヴァンス語の名前がつけられ、時代に合ったデザインのプロダクトが生まれています。

こちらのシャツ ワンピースに使用されたプリントは「BONIS」と呼ばれているもの。プロヴァンス地方で由緒あるボニス家からLes Olivades(レゾリヴァード)に贈られたベッドカバーの柄が元になっています。ナポレオンのシンボルマークである蜂がモチーフとなったこの柄には、中央にさりげなくゴールドがあしらわれています。

上質な超長綿糸240本の打ち込みで高密度で織り上げた、少しハリのあるコットン。長めの丈ですっきりとしたシルエットのシャツワンピースは、サイドスリットを入れて軽やかに仕上げています。フロントボタンを開けると羽織としても活用できます。ラフに袖口をロールアップして、大人らしいスタイルをお楽しみください。

モデル身長:165cm(ネイビー)
   

 

  • モデル身長:165cm(ネイビー)
  • ホワイト
  • モデル身長:165cm(ホワイト)
  • 前を開けて羽織としても(ホワイト)
  • モデル身長:165cm(ネイビー)
  • モデル身長:165cm(ネイビー)
  • 襟元
  • 背面アップ
  • 袖口
  • 裾スリット
  • ボタン(ホワイト)
  • ボタン(ネイビー)
サイズ 肩幅約46cm・身幅約50cm・着丈約125cm・袖丈約54cm
サイズガイドはこちら
重量 約220g
素材 コットン100%
生産国 日本

注意事項

  • ◇素材の性質上、摩擦や水濡れにより色落ちする場合があります。
    ◇製品洗いを施しているため、風合いやサイズが1点1点、若干異なることをご了承ください。

ブランド紹介

Les Olivades(レゾリヴァード)

Les Olivades(レゾリヴァード)

1818年、プリント職人だったレオナール・カンシュはフランス・プロヴァンス地方にてプリントテキスタイルの生産を始めました。マルセイユの港を経て届いたインドのプリント生地は、その複雑な柄や斬新な色遣いで17世紀以降のフランスで大変な人気を集めます。レオナールはタラスコン近郊のSt-Etiennne-de-Gresに工場を設立。産業革命でフランス全土が揺れる中でもその波に飲まれることなくその後の礎を築きます。
1948年ピエール・ブーダンがSAIT社を設立し、1977年ついにレゾリヴァードが立ち上がりました。300を超えるデザインからは全てプロヴァンスの文化や伝統、豊かな自然が感じられます。南仏ならではのデザインに繊細なカラーリングを施したコレクションの数々は、ヨーロッパ・アメリカなど世界各国の人を楽しませています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
シャツ ワンピース

シャツ ワンピース(ホワイト)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥20,520(税込)
シャツ ワンピース

シャツ ワンピース(ネイビー)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥20,520(税込)

残り2点

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

シャツ ワンピースには、他にもこんな仲間がいます。

閉じる