メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

 

父から子へ受け継がれたウール。LAPUAN KANKURITからポケットショールが届きました

 

クリスマスらしいイルミネーションで街中が華やぐ時期になると、朝晩などは思わず肩をすくめてしまうような冷気を感じ、本格的な冬の訪れを感じます。寒さが一層厳しくなる冬、お出かけの際のコートやマフラーはもちろんですが、お家の中で暖かなアイテムを身につけ、ゆっくりと過ごす時間も冬の楽しみの一つという方も多いのではないでしょうか。

 

北欧を代表するフィンランドのテキスタイルメーカー、LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)。ブランド名は「ラプアの織り手たち」を意味し、フィンランド人では知らない人はいないと言われるほど。

 

父から愛する子へ受け継がれてきたクラフトマンシップ。小さな工場だからこそこだわり続けられてきたこと。優しく寄り添うという言葉がまさにぴったりなプランドです。自分へのプレゼントにも、家の中でゆっくり、暖かく過ごしてほしいあの人への贈り物にも。今回はLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ) のものづくりに対する想いや歴史とともに、ブランドの人気定番品、1枚あると便利なポケットショールをご紹介します。

 

 

 

 

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)が始まるきっかけとなったのは、今から100年前、ある男性が作ったフェルトブーツまで遡ります。その男性が、現在のオーナーであるエスコ・ヒェルトの曾祖父、ユホ・アンナラです。場所はフィンランド北西部にある、ラプアという名の小さな町。当時は貧しく、物資のない時代。一般家庭で毛糸や麻が作られていたその時代に、ユホは廃材と自分で紡いだ毛糸でフェルトブーツを生産し始めたのです。その後、ユホの子どもであるユハ・ヒェルトは、叔父が経営する織り工場、Varikutomo(ヴァリクトモ)に15歳で就職します。

 

▼1950年代、Varikutomoの様子。織り手には器用さが求められたことから、女性が多かったのだそう。

 

ものづくりをする父の背中を見て育ったユハは、織り工場の現場で経験を積み、周囲の人々に支えられながら独立し、1973年にLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)を立ち上げました。ジャカード織りをするためのジャカード機は、ユハが勤めたVarikutomo(ヴァリクトモ)に存在していたものの、その時代の織り物は手作業で行うことが多く、ジャカード機を使う会社はほぼなかったのだそうです。ユハはその点に目をつけ、ジャカード織りの専門性を高めていくことを決めました。

 

 

現在のオーナー、エスコは「これからの時代は、規模は小さくても専門的な技術に専念することが大切であることを、この時に父は悟ったのだ」と当時を振り返り、この精神は現在にも受け継がれています。その後、1990年代に入り、エスコは父・ユハから経営のバトンを手渡されます。幼い頃から工場を手伝ってきたエスコでしたが、大学でテキスタイルの勉強をするため一度ラプアを離れます。ラプアに戻ってからは妻・ヤーナの市場調査を元に人々のニーズにあった商品を考え、作り続けてきました。

 

 

カラー:DARK LAVENDER

 

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)が大切にしている2つのこと。1つ目は「専門的であること」。設立当時から、生産するものの形は変わっていても「質の良いものを作る」という根底に流れる価値観は変わらずあります。父・ユハからエスコが会社を引き継いた時のスタッフの人数はなんと7人。現在は20名まで増えましたが、その数はやはり小規模。しかしながら、小規模であるところが、必ず人の手がかかるという麻(リネン)の糸の処理や、手間がかかるために大量生産には向かないジャカード織りの質を高めてくれるのです。

 

そしてもう1つが「家族経営であること」です。これまでもご紹介している通り、誠実で、相手のことをひたむきに考え、研究を進めてきたLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)  にとって、「一緒に働く人は家族同然であり、LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ) のハート」なのだと言います。現在のオーナーであるエスコと、妻でありビジネスパートナーであるヤーナの間に生まれた子どもも、フィンランド・ラプアにあるショップの手伝いをしています。

 

▼幼い頃から工場を見続けてきた、現オーナーのエスコ(右)とパートナーのヤーナ(左)。

 

「暮らしに寄り添うものづくり」をコンセプトに掲げる、LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)。具体的には、厳しい品質審査であるEcotexをクリアし、肌の弱い人にも安心して使ってもらえるようにするなど、どんな人の暮らしにも寄り添えるよう作られているのです。人と人とのつながりを大事にするLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)だから、その姿勢がものづくりにも表れ、結果多くの人に愛されてきたと言っても過言ではないのかもしれません。

 

 

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)のウール製品には、ジャカード織り製品とフェルト製品とがあり、どちらも同じウール製品ではありますが、加工方法が異なるため、異なる工場で生産されています。今回ご紹介するポケットショールは、「ジャカード織り製品」。ジャカード織り製品とは、ジャカード機を使用して織られた製品を指します。このジャカード機が発明される以前は、複雑な柄を編む場合、大人数で手分けをして作業をする必要がありましたが、ジャカード機の登場・発展に伴い、複雑な柄を機械を使って編むことができるようになったのです。もちろん人の手は必要ですが、機械を使うことによってより綺麗に短時間で編むことができるようになりました。

 

 

カラー:(上)ブロックチェック BLACK、(下)PALE MAUVE

 

色鮮やかで、カラーのバリエーションも豊富なポケットショール。オリジナルの色に染めてから織っていて、その色合いは小規模だからこそ丁寧に、質の高い製品を作るため細心の注意が払われています。また、 LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)のジャカード織りには、エスコがテキスタイルのエンジニアになるため勉強をしていたときに考えた方法が採用されています。それは製品の端に当たる部分の織り方。一般的には端を折り、縫い合わせて処理しているタイプが多いですが、LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)では布を織った段階で端の部分が完結する織り方となっていて、ウール、リネンともに共通しています。

 

 

カラー:WINE RED

 

こうしたエスコの工夫の結果、シンプルな作りであるがゆえに丈夫になると同時に、端の部分がたとえ肌に当たっても柔らかいので使い勝手も安心。見た目にも美しく仕上がっています。

 

 

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)のポケットショールは発売以来、その使いやすさから多くの人に愛されてきた人気の定番品。ZUTTOでは、お好みの色がお選びいただけるよう、柄も含めて8色ご用意しました。

 

 

・羽織れるブランケットとして

カラー:MELANGE BEIGE

 

朝目覚め、布団からでたとき。仕事中、少し肌寒いと感じたとき。ちょっとそこまでの外出や、玄関先で対応をするとき。ポケットショールはその使いやすいサイズから、実に様々なシーンで活躍してくれる優れもの。さっと羽織れるブランケットのような存在は、1枚持っているだけでとても便利です。折り畳めば、ひざ掛けとしてもお使い頂けます。

 

羽織るとウールとしての重さは感じられるものの、重量は520g。ペットボトル500mlの重さとほぼ同じくらいで、羽織ることに抵抗なく、使いやすい点も嬉しいところ。手触りもしっかりしていて生地の丈夫さを感じられるので、頼れる1枚になりますよ。

 

・ポケットつきだから、なにかと便利

カラー:WHITE

 

ショールを羽織った際に両手がくる部分には、左右ともにポケットがついています。家の中で移動する際に携帯などを小物を入れられるのはもちろん、アウターがいらなくなってきた頃にお財布を入れてちょっとした外出、といった場合にも便利です。ふんわり、暖かく包まれながらも動きやすいので、これからの年末年始に増えるお家仕事の強い味方でもあります。

 

・自分の好きな色、あの人の好きな色を探して

ZUTTOでのお取扱い色は、柄も含めて全8種類です。

 

カラー:(左上)ブロックチェック PISTACHIO、(右上)PALE MAUVE、(左下)WINE RED、(右下)WHITE

 

カラー:(左上)BLUEBERRY、(右上)ブロックチェック BLACK、(左下)MELANGE BEIGE、(右下)DARK LAVENDER

 

まるでフィンランドの雪を連想させるような、柔らかな【WHITE】や、こういったショールでは珍しい【PALE MAUVE】や【DARK LAVENDER】からは、ブランドオリジナルの色で布を染めてから織るというLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)のこだわりも感じられます。また、ブロックチェックの柄もベーシックで選びやすい【BLACK】と、懐かしさを覚えるような可愛らしいカラーを組み合わせた【PISTACHIO】と2種類ご用意していますので、自分の気分にあった色を見つけてみてください。

 

 

 

知れば知るほど、作り手であるスタッフのあたたかな優しさを感じ、大事にしたくなるLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)のポケットショール。ブランドが歩んできた歴史を知ると、不思議と離れて住む家族や友人に会いたくなるような気持ちになります。年末、久しぶりに会う家族や友人への贈り物にも良いかもしれませんね。

 

▽LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ) ブランドページへ

 

▽クリスマスの贈り物選びに

 

投稿者: 武田 日時: 2017年12月16日 11:00 | permalink

閉じる