きちんと見えるのに、リラックス。シーズンをまたいで活躍する、カットソージャケット

 

目まぐるしく過ごす日々の中、私たちは無意識に、”人にどう見られたいか?”を考えてファッションを選びます。かっちり正装するほどではないけれど、少しだけきちんと見える服が着たい。こんな時に最適なアイテムは、ジャケットではないでしょうか。しかし、ジャケットはそのシルエットや素材、またサイズ感などでがらりと着心地が変わるもの。カジュアルな服にプラスして使い勝手のいいものがあったなら。今回ご紹介するノーカラージャケットはそんなファッションを楽しむ想いから生まれた一着で、カジュアル過ぎないのにリラックスできる着心地が叶う、素材とパターンを工夫したジャケットです。 

 

オリジナル企画担当より

 

ZUTTOのオリジナル企画担当N。今回、ZUTTOでノーカラージャケットを製作したきっかけと想いについて話しを聞いてきました。

 

普段はカジュアルな服装を好んでいますが、それでも少しだけきちんと見せたい場面があります。例えば、仕事の打ち合わせで相手先に出掛ける時、気になっていた綺麗なレストランに食事に行く時など、やはりジャケットのようなアイテムが必要な場面って訪れます。特にこのところ、世の中のファッションの流れもリラックスしたシルエットが中心なので、かっちりしたジャケットはコーディネートとして合わせにくくなっていて。そんなきちんと見せたい場面に、柔らかな素材感で、リラックスしたシルエット、且つ上品なジャケットとして着回せる一枚があったら良いなと思ったのがきっかけです。カジュアルに着られて上品に見えるジャケットはあまり見かけないので、是非手に取って頂きたい一着になりました。

 

しなやかな着心地のジャージー素材で

 

「ジャケット」というと、ぱりっとハリのあるデザインを想像しますが、今回のノーカラージャケットには柔らかでしなやかな着心地のジャージー素材を採用しています。使用しているのは超長綿とP.B.T.繊維(サモーラ)。サモーラ糸は高収縮のストレッチ糸のため、生地の表面がつるりとクリーン且つ、透け感を抑えた特性があり、伸縮性抜群で軽くてシワになりにくい生地に一役買っています。軽くてリラックスできる着心地は生地メーカーの開発の中でも注目されているのだとか。

 

BLUEの生地は、裏糸の白が交差して爽やかです

 

更に、この生地は型崩れしにくい生地というのも嬉しいポイント。肌触りもなめらかで、きちんと感と着心地のよさを兼ね備えたジャケットです。 

 

 

ゆったりながらもきちんと。絶妙なシルエットを叶えるディテールをご紹介

 

型崩れしにくい、ジャージー素材を使って作り上げたジャケット。全体的にゆったりした雰囲気ですが、どんなボトムスにも良く似合い、きちんと見えるように考えられた細やかな点をご紹介します。

 

一つ目のポイントとして挙げられるのが、たっぷり生地を使って作られたリラックスシルエット。

 

NAVY

 

腕や肩を動かしやすいように、袖周りをドルマンスリーブのようにゆったりさせています。暖かい時期にはTシャツの上に羽織り、手首の部分は捲り上げても。大きな袖が手首を華奢に見せます。こういった袖は身頃が連動してしまい、腕を動かしにくいこともありますが、切り替えを工夫することで解消されているのです。

 

BLUE

 

二つ目のポイントは、首回りがすっきり見える、V字のノーカラータイプ。ノーカラーによってカーディガン感覚で羽織れることから、カジュアルな着こなしが叶います。なめらかな肌触りなので、レイヤードにも重宝します。

 

 

三つ目のポイントは立体的なパターン。先ほどご紹介した、一見布帛のように見えながら、実は伸縮性のあるカットソー素材を使い、織物のような表面感とハリ感を生かしています。前面と背面の裾には、二箇所ずつタックを入れているので、裾がふんわり広がり過ぎません。スカートやパンツ、どんな丈のボトムスにもぴったりですよ。


織物のような表面感とハリ感を生かして、立体的なパターンに仕上げています。こういったカットソー生地で美しいシルエットのジャケットを作るためには、高い縫製技術も必要で、テーラードジャケットのディテールで上品に見せながら、まるでカーディガンやパーカーのように肩のこらないストレスフリーの着心地は、この生地と高い縫製技術があってこそ。 

 

ヴィンテージライクなボタンも可愛らしい

 

左からBLUE、NAVY

 

カラーはNAVYとBLUE。ブルーはカジュアルな雰囲気がお好きな方に、ネイビーはよりジャケットのようにきちんと見せたい場面におすすめです。どちらも日々の暮らしで出番が多くなること間違い無しです。 

 

 

ちょっと肌寒い時に便利。スタッフのこうやって着てみたい

 

ジャケットの出番は春先と秋口が多いですが、今回のノーカラージャケットは、まるでカーディガンのように気軽に羽織って、持ち運べるのがポイント。スタッフが、「こんな風に着てみたい!」とシーンを考えながらコーディネートしてみました。

 

仕事で重要なプレゼンがある時に

ジャケット:ノーカラージャケット(NAVY)シャツ:スーピマコットン二重ガーゼシャツ腕時計:ALBA リキ腕時計 AKPK428バッグ:【別注】帆布バッグ SCCF 008 BLACK/MILK

 

カジュアルな服装でOKな職場だけど、今日は重要なプレゼンがあるからきっちり見えるジャケットを羽織ってスイッチを入れたい。そんな方には、柔らかな印象のシャツとパンツ、パンプスにノーカラージャケット(NAVY)をプラスしてみては。肩が凝らない軽い着心地で、楽に腕を動かせますよ。お仕事だけでなく、保護者会や授業参観など、幅広い場面で着回せます。

 

Tシャツ1枚では物足りない時に

ジャケット:ノーカラージャケット(BLUE)スカート:ブラッシュ天竺スカート(MUSTARD)バッグ:【別注】3way レザーポシェト enveloppe GREYサンダル:ビーズサンダル PK718-0546 BLACK

 

日中は暑いから、お気に入りのスカートにTシャツ、身軽なショルダーバッグでお出掛け。夜の肌寒さや冷房の風も気になるし、気になっていたお洒落なショップにも行ってみたいから、Tシャツにジャケットをコーディネート。つるりとしたジャージー素材の生地感と、V字のノーカラーで、Tシャツのデザインも良く見えます。

 

手に持ってもかさばらない

手に持ったジャケット:ノーカラージャケット(NAVY)Tシャツ:テクノラマ天竺 切り替えトップス(WHITE)スカート:コットンティアードスカート(OLIVE)サンダル:MUKAVA レザーサンダル BLバッグ:【別注】3way レザーポシェト enveloppe BLACK

 

暑くなったら、軽くたたんでラフに持ってもOK。軽くてシワになりにくく、型崩れも起きにくいジャケットだからこそ、カーディガンのように気軽に持ち歩いて頂いても。

 

くるくると丸めて手持ちしたり、バッグの中に畳んで入れても。丸めたジャケット:ノーカラージャケット(BLUE)バッグ:【別注】帆布バッグ SCCF002ショートハンドル BLACK/MILKスニーカー:バスティーユ Nudeバングル:STERLING SILVER BANGLE SLIM SB9、その他上と同じ

 

お洗濯はどうする?

 

・ノーカラージャケットは手洗いが可能です。(漂白とタンブラー乾燥はお避けください。)

・色褪せの原因になりますので、必ず日陰で吊り干ししてください。

・当て布を使用して、中温(150度まで)のアイロンがけが可能です。

 

>>季節をまたいで活躍する、ノーカラージャケットはこちらから

 

▽ZUTTOオリジナルウェア一覧はこちら

投稿者: 村上 日時: 2018年06月16日 12:00 | permalink

閉じる