12/25まで、送料無料です(一部地域除きます)

はじめてのギフト選び。新生活には、心強い暮らしの友を贈る

 

年度の変わる3、4月は様々な理由で新しい生活を迎える方が多い時期。小学校へ上がる子どもたち、就職して社会へ出る新社会人、一人暮らしに新しい土地への転勤…。どれも新しい生活へのワクワクとした期待もありながら、どこかこれまでと違う、少しドキドキした緊張感を持ったもの。そんな新生活を迎える大切な人へ「頑張ってね」「応援しているよ」、そんな気持ちが伝わる贈りものがあれば、きっと心の支えになってくれるはずです。

 

新しい生活に寄り添うもの

 

お誕生日やクリスマスなど違い、新生活の場合は今までの環境とは違う場所へ赴くことが多くあります。引っ越しや転勤のように、物理的に場所が変わることも多いため、新生活の贈りもので選ぶポイントになるのは、お相手の状況を汲んだ新しい暮らしに寄り添うものであること。


 

引っ越しや転勤をする方には、移動や配置、収納に苦労しないよう、大きなサイズのものを選ぶより、コンパクトで持ち運びがしやすいアイテムを。もしくはもらった次の日から使える、実用性の高いものを選ぶのもおすすめ。ありそうで持っていなかった、ラッピングを開けたらすぐに使える便利なアイテムは世代やシーンを越えて喜ばれます。どうしてもお相手のお好みが分からない、既に持っているかもしれない…そんな場合は、たくさんあっても困らないアイテムを贈るのも手。いくつあっても困らない実用品やリラックスアイテムは、いざというときのギフトになります。

 

 

相手が迎える新しい生活を考慮したアイテムは、お相手にもきっとその意図が伝わるはず。手に取ると贈り主の顔を思い出してつい頬が緩んでしまう、そんな贈りものができたら素敵ですね。それでは、様々な新生活に合うアイテムをご紹介します。

 

入学・入社祝い

 

学びを楽しむ文房具

小学校や幼稚園に上がる子どもへ贈るのなら、定番はやはり文房具。ペンを持って文字や絵をかくことで、楽しみながら学ぶ喜びを覚えて欲しい。そんな気持ちを込めた贈りものを。

 

 

 

ドイツ生まれの筆記用具の名門LAMY(ラミー)社のABC 万年筆は子どもでも使いやすさが考慮された万年筆。大人の筆記具のイメージがある万年筆ですが、ドイツの小学校ではまず万年筆で書き方などを教え、正しく書くことの出来た子どもから、鉛筆やボールペンへと段階を踏むのだそう。「子どもたちが初めて手にするのに最適な筆記具」として開発されているだけあり、太めのグリップは持ちやすく、滲みにくいインクもポイント。正しい文字の書き方を身につけながら、書く楽しさも教えてくれる万年筆です。

 

 

 

パッケージから楽しさが伝わるCrayon Rocks(クレヨンロック)。Crayon Rocks(クレヨンロック)は、アメリカで子ども達の教育に携わる教師が握力の弱い子供たちにもお絵かきを楽しんでもらえるようにと発案されたブランドです。石ころのような色とりどりの小さなクレヨンが並んだ様子から、これで何を描こうかな?と子どもたちのワクワクする気持ちと創造力を高めてくれます。大豆と蜜蝋から作られているので、万一なめてしまっても、人体に支障がないよう配慮されています。※飲み込まないようご注意ください。

 

 

木製の画板がセットになったMUSEOは、絵を描きたいときにすぐに描くことが出来ます。フックが付いているので描いたらそのまま画板を掛けて、飾ることが出来る特徴も。自分の描いた絵を部屋に飾る、それだけでも子どもの感性を磨いてくれます。

 

 

 

進学祝いに贈るなら、愛読書に使ってねという思いを込めて、ブックカバーを。和紙にパルプ繊維を含ませたナオロンと呼ばれる特別な素材に漆でモチーフを描いたSIWA|紙和(シワ)のブックカバーは、しなやかな手触りが特徴的。ナオロンは水に濡れても破れない丈夫な素材のため、角ばった重さのある本を覆っても、自身が破けてしまう心配がありません。mina perhonen(ミナ ペルホネン)デザインのモチーフは、豊かな植物や生き生きとした生き物が描かれており、本を優しく守ってくれます。

 

 

普段使いのしやすさで選ぶ、小さな財布とキーケース

進学や入社祝いには、先々長く、毎日使えるお財布やキーケースもおすすめ。メインの財布はあるけれど、小銭だけを持ち歩きたいとき、なくしやすい鍵をまとめて収納したいとき、パッと使える実用性の高さが喜ばれます。

 

 

 

ZUTTOの定番ギフトのひとつであるIl Bussetto(イル・ブセット)のコインケース。牛革をベジタブルタンニンでなめし、艶々とした表面を持っています。ころんとした形が特徴的で、すっぽりと手のひらに収まるサイズ。バッグの中に入れるのはもちろん、パンツのポケットや休日用の小さめのバッグにも収まります。丈夫な牛革は使ううちに艶や色味を増していくので、そうした変化も感じられるのが天然皮革ならではの魅力です。ブランド専用の箱にも入っており、ギフトとしての見た目も十分。

 

 

 

日々、本当に必要とするものを追求するSTANDRD SUPPLY(スタンダードサプライ)のKEY CASE。スリムで非常にコンパクトながら、小銭やカードキー、鍵が収まる容量があります。内側にはダブルリングが付いており、大きめの車の鍵の収納にも便利。リングだけを外に出しながら使うことも出来るので、シンプルながら使い勝手の良いキーケースです。

 

引っ越し・新居祝い

 

「あると便利」なキッチン用品

はじめての一人暮らしや単身赴任をする方が物入りなのはもちろん、一通りの家具は揃っている状態でお引っ越しをする方に贈りものをするなら、使いやすさにこだわったアイテムを。

 

 

 

リトアニア産のリネンで作られた、fog linenwork(フォグリネンワーク)のフルエプロン。吸水性・速乾性に優れているリネンは、使い込めば使い込むほど革のように馴染んでいきます。お洗濯も欠かせないエプロンだからこそ、繰り返し使っても、お洗濯しても、くたびれにくいものを選ぶことで贈りもののお相手の定番になるはず。膝まで隠れる長さで、容量たっぷりなフロントポケットが付いているのも、嬉しいポイント。

 

 

 

メープルやウォルナットの天然木材で作られた、高橋工芸の45° Butter Case。本体とフタの合わせ目の角度が「45度」になっているところからこのように名づけられています。フタの開閉がスムーズになるように、緻密な計算のもとこの角度に仕上げられており、内側もつなぎ目がなく緩やかなカーブになっています。空間を保ったままバターを閉じ込めてくれるので、冷蔵庫で乾燥したり固まる心配がありません。残り少なくなったバターもストレスなくすくうことが出来、食卓に出しても違和感のない見た目。まさにあると便利なキッチンアイテムです。

 

花とセットにして贈っても素敵な、花器

引っ越し後、ほっと一息をついた頃に、花と一緒に花器を贈ってみては。インテリアの主役になりすぎない存在でありながら、お部屋に程良く彩りをもたらしてくれます。

 

 

 

しなやかに曲がる竹の特性を活かして持ち手を作り、ガラスの瓶と合わせた公長齋小菅(こうちょうさいこすが)の通い筒花入れ。細身のフォルムで数本の花を生けて空間を華やかにしてくれます。玄関やお部屋の角の床に置くだけでもさまになり、持ち手を壁にかけて飾ってみても。竹という自然素材を使うことで、どんなお部屋にも自然と馴染む花器です。

 

 

 

ガラスの花器も定番の贈りもののひとつ。ガラスに息を吹き込んで形を作る宙吹きの製法で作られた、津軽びいどろの花しずく ブーケポット。爽やかな春風のようなパステルカラーの色合いがらせんを描くように入っているのが特徴です。複数の花を生けるのにも使いやすい、丸みのあるフォルムが心を穏やかな気持ちにさせてくれます。

 

迷ったら、いくつあっても困らないアイテムを

引っ越しや新居祝いに贈るものに悩んだら、普段何気なく使う、いくつあっても困らない暮らしのアイテムを贈るというアイディアも。

 

 

 

日々スリッパを使うご家庭なら、ご家族分を揃えて贈ってみては。fog linenwork(フォグリネンワーク)のリネンスリッパは、柔らかい履き心地で優しく足にフィットしてくれます。足裏は意外と汗をかきやすいですが、水分もしっかり吸収し、まるごとお洗濯も可能です。使い始めはしなやかな質感が、徐々に柔らかく変化していく特徴があります。

 

 

 

こちらは引越し作業、お疲れ様、という想いを込めてギフトにできる、 Lothantique(ロタンティック)のバスソルト。ローズ エ モア バスソルトと名が付く通り、バラの香りを現代風にアレンジしています。蓋を開けたとき、ソルトを湯船に溶かしたときにふんわりと香るバラの香りと地中海の海水から作られたソルトの効果で、体の芯からリラックス出来ます。

 

送別の贈りもの

転校、転勤、異動や退職。新しい生活を迎える季節は別れの季節とも言えるかもしれません。送別の際に贈るものには、少しさみしいけれど、ときどき楽しかったあの頃を思い出してね、そんな気持ちを込めて。

 

 

 

天然のナラ材を使って作られた、Oak Village(オークヴィレッジ)のフォトスタンド。縦・横のどちらの向きでもご使用頂けます。余計な金具を使わず蝶番も全て木で作られているので、手触りは優しく、主張しすぎないナチュラルな雰囲気です。思い出の写真を入れて贈ればきっと喜ばれます。

 

 

 

イニシャルが入ったスワトー刺繍のハンカチは、薄手のハンカチなので季節を問わずに使うことが出来、結婚式などフォーマルな場にも活躍してくれます。1879年の創業以来、ハンカチやホームテキスタイル等を作り続けるblooming(ブルーミング)。細やかで繊細なスワトー刺繍の文化を今に伝え続けています。自分のイニシャルの入ったハンカチを贈りものでもらったら、自分のことを大切に思ってくれているのだなという贈り主の気持ちが伝わるようです。

 

ZUTTOはこう包みます

 

ZUTTOでは商品に合わせたラッピングをご提案しています。

 

ペーパーラッピング(378円)

ZUTTOのロゴが入ったリボンの付いたギフト袋でお包みします。割れ物や箱に入った商品の場合は、赤いリボンの付いた包装紙でお包みしています。

※出荷時に商品のサイズや形状にあわせて、適宜ギフト袋や包装紙の種類をお選びしております。何卒ご了承くださいませ。

 

 

リネンラッピング(864円・1,404円)

ZUTTOオリジナルのリネンの布でお包みします。リネンの布は包装用だけでなく、その後キッチンクロスやハンカチの代わりとしてもお使い頂けます。

※大小サイズがございます。商品によってお選び頂けるサイズが決まっておりますので、ご了承くださいませ。

 

 

 

ZUTTOのギフトサービス

 

ギフト選びに迷ったら、ZUTTOのギフトコンシェルジュにご相談ください。ご予算やお相手のお好みに合わせた商品を複数ご提案させて頂きます。より細かなご要望を承ることが出来ますので、迷った際にはお気軽にお問い合わせください。

▼ご相談はこちらから

>>あわせて読みたい ギフトコンシェルジュが勧める、シーン別新生活の暮らしが豊かになる贈りもの

 

ギフトページでは、そのほかにも様々なシーンに合わせた贈りものをご紹介しています。ぜひ贈りもの選びのご参考になさってください。

▼ZUTTOのギフトページはこちらから

 

投稿者: 植田 日時: 2018年02月24日 11:00 | permalink

閉じる