12/25まで、送料無料です(一部地域除きます)

 

財布、ベルト、バッグ。触れる楽しみがある、革小物の贈りもの

 

丈夫で耐久性があり、見た目が美しくて、身につければ暖かい。そんな多様な特性を持つ革小物はプレゼントとしてもおすすめ。今一度革の魅力を再確認しながら、プレゼントに喜ばれる革小物をご紹介します。

 

 

今一度知りたい、革の魅力

 

革小物の魅力といえば、長く使い続けられること、そして使い続けられることで変化が現れる楽しみがあること。例えば革製のバッグは何年も荷物の重さに耐え、徐々に柔らかさと艶を増していきます。天然の革ならではの魅力は、使い続けることでしか得られないもの。だからこそ、長く使って欲しいという想いを込めてプレゼントにすれば、ずっとその人に寄り添う存在となってくれます。

 

 

艶やかな革の質感。FLAT SHOULDER/S​ / ARTS&CRAFTS

 

 

ZUTTOでご紹介している革小物は、大半がベジタブルタンニンと呼ばれる鞣し加工を施したもの。ベジタブルタンニンとは植物の渋を利用し、鞣す方法。皮の繊維を収縮させていくことで丈夫な硬い革になっていきます。この鞣し加工により、タンニンが紫外線に反応したり酸化し、徐々に革の色が変化していく特徴も表れるようになります。​革小物には、使った人だけが実感できる魅力が秘められています。

 

 

日々触れることで、育っていく。【別注】ツートーンコインケース / Il Bussetto(イル・ブセット)

 

 

 

丈夫さを象徴する牛革

 

革の中でも汎用性が高く、使いやすい素材と言えるのが牛革。月齢や種類によっても革の特徴が変わります。見た目は革らしい艶のある美しさと、強さを感じさせる丈夫さを兼ね備えています。

 

 

コインケース AMBRA / ZUTTO

 

 

 

ZUTTOのオリジナルコインケースは、シンプルな作りでありながら、牛革の特徴を実感できるアイテム。イタリアの著名なタンナーTEMPESTI(テンペスティ)社の牛革を使っています。他の革に比べて経年変化が感じられる秘密は、革のなめし工程にある「加脂工程」と言われる脂を加える作業にあります。

加脂工程で他社の1.5~2倍の脂を加え、じっくりと時間をかけて原皮に染み込ませていきます。そして仕上げ工程では脂を加えず、革本来のマットな質感に仕上がります。そのため最初は傷がつきやすいのですが、使うほどに革に染み込んでいた脂がじわじわと出てきて、使うほどに艶が増していき自分だけのコインケースになっていきます。

 

 

上記は左が新品、右が4ヶ月使用したものの比較。4ヶ月だけでも、十分に色が濃くなり、柔らかさを増していることが分かりますね。表面に塗装を施していないことで、よく変化が表れるのも、この牛革の特徴です。手で触れやすい財布だからこそ、革の魅力が分かりやすく、自分らしさが表れるアイテムでもあります。男女ともに使いやすいコインケース AMBRAは贈りものにどうぞ。

 

 

PUEBLO キーポーチ / REN(レン)

 

 

 

REN(レン)のPUEBLO キーポーチは、牛革といえど、起毛されていることで風合いが異なる革小物。ベジタブルタンニン鞣しを施し、十分なオイルを革に含ませた後、革の表面を熟練の職人が専用のヤスリを使って細かく丁寧に擦ることで少し起毛させ、和紙のような雰囲気の微細な色ムラが表れています。手で触れるとしっとりと柔らかく、使うことで表面の起毛が寝てくるので、革の表情や手触りが変化していくという見た目以外の変化も楽しめます。

 

 

何より、手のひらサイズという小さなサイズ感がキーポーチとして使いやすいのが特徴。柔らかいのでポケットにも入れやすく、大事な鍵も革とお互いを傷つけることなく収納できます。起毛した革小物ならではの変化が楽しめるアイテムは、贈りやすいプレゼントに。

 

 

フレンチカーフベルト /  Arnold Wills & Co.(アーノルドウイルス)

 

 

 

イングランドのベルトメーカーArnold Wills & Co.(アーノルドウイルス)のフレンチカーフベルトも、牛革で作られたもの。厚みのある作りにしっとりとした質感が上品で、どんな服にも合う大人の万能ベルトです。牛革はイギリスで1000年以上前から続く伝統製法で鞣され、皮に何度もロウを塗り込み、繊維を引き締め、使う程に美しい光沢を増す革となっています。

 

 

ベルトの裏側はバーガンディー色で、どこまでも美しいベルト。何度も巻いてコーディネートすることで、体型に合った柔らかさを持つようになっていきます。やや細身の作りで、スーツスタイルにもカジュアルにも合わせられる使い勝手の良いベルトなので、女性へのプレゼントにおすすめです。

 

 

トートバッグ スチルトン / Tusting(タスティング)

 

 

しっかりと丈夫な牛革は、荷物をたっぷりと入れられるバッグにも最適な素材。イギリスでもともとタンナーとしてスタートしたTusting(タスティング)が手がけるトートバッグ スチルトンは全面に牛革を用いたフルレザーバッグ。重厚感がある見た目とは裏腹に、驚くほど軽い作りになっているのが特徴です。

大きさの割に軽さを感じるのは、通常高級靴のライニングとして使用される、シューレザー、イタリアン・カーフを素材としていること。薄くて軽いのに丈夫。さらにナチュラルワックスとストーンポリッシュで磨いた後にシワ加工を施すことで、最初から艶々とした美しい光沢感があります。

 

 

 

たっぷりとした容量でありながら、とても軽い作りなので荷物をたっぷり持つ男性にも、女性にもおすすめしたいバッグ。もともと光沢感がある仕上げですが、使い続けることでさらに色艶が増していきます。

 

 

繊細さが柔らかさを生む羊革

 

続いてご紹介するのは、羊革。羊革は革製品の中でも随一の柔らかさを誇ります。その秘密は皮のきめ細やかさ。中でも生後1年に満たない羊の革はくったりとした柔らかさと、滑らかな手触りが魅力で、肌に触れる製品によく用いられています。

 

 

レザーウォレット minimal shine 2 / PATRICK STEPHAN(パトリック ステファン)

 

 

PATRICK STEPHAN(パトリック ステファン)のレザーウォレット minimal shine 2は、羊革の質感を贅沢に楽しめるお財布。使い始めからくったりと手に馴染む柔らかさがあり、無駄な装飾を省いたシンプルな形状により、男性にも女性にも使いやすい財布になっています。

約98gという軽さは、カードやお札収納部の内側に布の裏地を採用しているから。つやとした布の裏地は、上質なレザーの雰囲気を壊しません。

 

 

コンパクトに見えて、必要なものをまとめて収納できる容量も特徴。スナップボタンで内側を開く仕様になっており、コイン収納部分だけ外し、単独での使用することも可能です。財布の新調を考えている方へのプレゼントとしてもおすすめ。

 

 

レザー ショルダーバッグ LUUFE / MARVELETS(マーヴェレッツ)

 

 

丸いフラップと筒状の形が愛らしいMARVELETS(マーヴェレッツ)のレザー ショルダーバッグ LUUFEは、羊ヌメ革で作られたフルレザーショルダーバッグ。羊ヌメ革は染色が施されていない天然そのままの皮で、それを主に木の渋などから採れるベジタブルタンニンで鞣しています。 斜めがけするとくったりとした表情を見せる姿が愛らしく、体に沿って馴染む革の感覚が、柔らかい羊革の魅力を教えてくれます。

 

 

 

ところどころに入った真鍮パーツも特徴で、深い色に進化していく羊革との相性が抜群。休日バッグとして最適なサイズ感なので、お出かけの相棒として使ってもらい、革と真鍮が変化していく様子を楽しめるようにと願いを込めて、贈りものにしたいバッグです。

 

 

SHEEP LEATHER ブレスレット CARRIL PLATA / ISHI Jewelry(イシジュエリー)

 

 

柔らかな羊革は、アクセサリーとしても応用されています。天然素材を使った伝統的なメキシカンジュエリーを今に伝えるISHI Jewelry(イシジュエリー)のSHEEP LEATHER ブレスレット CARRIL PLATAは、細い紐状の羊革を丁寧に編み込んだブレスレット。羊革だからこその柔らかさと軽さが発揮されており、手元に自然に馴染んでくれる良さがあります。

 

 

メキシコ民族が伝えてきた稀有な技法をさらにアレンジし、羊革を染めて真鍮ビーズと一緒に編み込んだSHEEP LEATHER ブレスレット CARRIL PLATAは、どこか新しさを感じさせるアクセサリー。細やかな編み目が美しく、静かな存在感を放ちます。大切な方へのプレゼントにお選びください。

 

 

傷に強く、美しい光沢を持つ馬革

 

馬革は牛革と同じようにバッグ、小物、シューズなどにも使われています。柔軟性に富んでいるほか、緻密で見た目が美しい種類もあり、高級素材としても知られています。​

 

 

【別注】HORSE LEATHER WAIST POUCH / ARTS&CRAFTS(アーツ&クラフツ)

 

 

ZUTTOが日本のレザーブランド、ARTS&CRAFTS(アーツアンドクラフツ)に別注して作った【別注】HORSE LEATHER WAIST POUCHは、男性も女性もより持ちやすくコンパクトに収められるバッグ、それでいて革らしい格好良さを求めたポーチ。日本の中でも有名な革製品の産地として知られる姫路の新喜皮革の馬革を原料にし、牛革の3倍とも言われる軽さを誇っています。この軽さを残すためオイル等は使用せず、ワックスやラッカーによって艶と透明感を出す工夫が施されています。 

 

 

斜めがけのボディバッグとしても、ウエストポーチとしても使える【別注】HORSE LEATHER WAIST POUCH。しなやかな馬革が体になじみ、自分に合った革へと変化していく様子がわかるので、荷物は少なめに出かける方へのプレゼントにどうぞ。

 

 

CORDOVAN SHOEHORN / ARTS&CRAFTS(アーツ&クラフツ)

 

 

馬革の中でも、群を抜いた美しさを誇るのが、コードバンレザー。革のダイヤモンドとも称されるコードバンは、馬の臀部にのみ存在する鎧のように固い緻密な真皮層(コードバン層)を丹念に鞣したもの。CORDOVAN SHOEHORNはそんなコードバンレザーを用いた靴べらです。

鞣した後に革の表面を薄い皮膜塗装しラッカー仕上げをしているので、扱いやすく耐久性にも優れ比較的水分にも強い革になっています。使い始めは静かで落ち着いた印象の光沢が有りますが、薄い皮膜仕上げなので使い込む程に艶が増し美しい光沢を纏っていきます。 

 

 

金属やガラスが作るきらびやかさとは違い、落ち着きがありながらも、大人の余裕のような華やかさを感じさせるコードバンは、まさに革の魅力を象徴するものといっても過言ではないのかもしれません。手で触れるたびにそのしっとりとした質感や色合い、そして艶を楽しめる革小物です。

 

 

もっと革小物を探すなら、こちらをご参照ください。

 

▽レザーバッグはこちら

 

▽財布・コインケースはこちら

 

▽ベルトはこちら

 

 

▽クリスマスプレゼントを探すなら、こちらから

 

投稿者: 植田 日時: 2018年12月05日 11:00 | permalink

閉じる