【期間限定、送料無料キャンペーン中】12月15日(金)まで

夏のコーディネートに軽やかさをプラスする、白い靴

暑くてじめじめした気候が続いています。

そんな時には見た目にも涼しいコーディネートで過ごしたいですよね。

ストローハットにリネン素材の服など、夏を感じるアイテムは様々ありますが、

白い靴もその一つです。

同じスタイルでも白い靴を合わせると足元が軽く、爽やかな印象を作れるのです。

コーディネートに加えたい、この夏おすすめの白い靴をご紹介します。

 

 

例えば、同じコーディネートでも、合わせる靴に何色を選ぶかで印象は大きく変わるのです。

人気のWALSHのスニーカーを使って、実際に見てみましょう。

 

1. 足元にブラックを合わせた場合

暗い色を合わせると、重心が下になることで、シックな印象になるものの

夏のお出かけには少し暗い印象です。

 

2. 足元にホワイトを合わせた場合

同じスタイルでも、白いスニーカーを合わせることで、一気に明るい印象に。

 

トップス:ボーダー ハイネックカットソー(white/navy は販売終了)

ボトムス:リネンラミー テーパードパンツ(navy)

スニーカー(上):WALSH スニーカー Tornado17/BLK

スニーカー(下):WALSH スニーカー Tornado17/WHT

 

普段のシンプルなコーディネートを黒でまとめるのも素敵ですが、

白い靴があると明るさをプラスしてくれ、コーディネートに抜けを作ってくれます。

足元が軽やかで、サマーバッグも似合いそうな爽やかなスタイルになりました。

 

【使用したアイテム】

今回のシューズは WALSH(ウォルシュ)というイギリスのスニーカーブランドからピックアップ。

とことんシンプルに、かつシックに仕上げたスニーカーで、

ブランド創業者であるウォルシュ氏が特に気に入っていたと言われる

ランニングモデルに改良を重ねて作り上げた一品。

足の形にぴったりと沿うようなデザインとソールの滑りにくさ、

そして何よりその軽さからランニング用として作られた背景が垣間見える

ストレスフリーのスニーカーです。

 

 

暑い時期に活躍するアイテムといえば、【白いTシャツ】、そして【デニムパンツ】。

定番スタイルではありますが、合わせるアイテムを変えるだけで

ぐっとお洒落に決まるスタイルでもあります。

トップス:S3926 24G SHORT SLEEVES

スニーカー:EAW2001 レザースニーカー

首に巻いたバンダナ:バンダナ ペイズリー 大判サイズ

バッグ:フレミングバケット shoelether Black

 

例えば青空に映えるこちらのコーディネート。

白いTシャツとデニムパンツと相性が良いのが、白いスニーカーです。

元気でアクティブな印象に仕上がります。

バッグはイギリスの高貴なレザーブランドTustingからバスケットバッグ。

シンプルなコーディネートなので、バンダナを巻いたり、大ぶりのアクセサリーを付けるなど、

様々な合わせ方ができそうですね。

 

【使用したアイテム】

今回のコーディネートに使用したのは

フランス発のスニーカーブランド、VEJA(ベジャ)のスニーカー。

ソールまで白ですっきりと統一されたスニーカーは、

レザーの艶やかな表情を持ちながらも、コーディネートに取り入れやすい一足です。

アウトソール素材には、世界で唯一ゴムの木が自生するアマゾン中心部のナチュラルラバーを使用しています。

アッパー素材には植物性のアカシアタンニンレザーを使用し、極力環境に配慮して作られている、このシューズ。

生産はブラジルで行われており、現地でクリーンな方法で調達した素材を、

そのままブラジルで職人が一つずつ手で組み立てて完成するスニーカーです。

 

 

夏に履きたいボトムスは、ロングパンツだけではありませんよね。

スカートやガウチョパンツなど足首を見せるボトムスにも合わせるなら、

ハイカットスニーカーがおすすめです。

トップス(ワンピースとして使用):8oz MAX WEIGHT TALL POCKET Tシャツ

手に持ったハット:HAT01

スニーカー:ハイカットスニーカー White

 

このように素足を大胆に見せるコーディネートには、

ハイカットスニーカーを合わせると足元に程よくボリューム感が出て、全体もバランス良くまとまりますよ。

トップス:綿麻ジャカード ドルマンスリーブ ブラウス

ボトムス:コットンウールデニム ワイドパンツ

バッグ:手提げバスケット001

 

更には、ロング丈のスカートやガウチョパンツとも相性抜群です。

お気に入りのカラーソックスや、デザインのあるソックスを覗かせるのも良いですね。

冬にショートブーツを合わせるような感覚で使うことができるので、

お洒落さんがハイカットスニーカーだけでも色違い、デザイン違いで複数持っているのも納得ですよね。

 

【使用したアイテム】

COLCHESTER RUBBER CO.(コルチェスターラバーカンパニー)のハイカットスニーカーは

アメリカで誕生しました。

コンバースのオールスターをはじめとした、バスケットボールシューズの原型ブランドと言われています。

強度を高めるために、アッパーサイドに生地を重ねて補強し、

耐久性を追求したスポーツにも適したスニーカーです。 

 

スニーカーはカジュアルで素敵だけれども、少し遠くまでお出かけできるような夏の靴も気になる。

大人の女性に似合う白い靴なら、レザーシューズがおすすめです。

Tシャツ:Tシャツ MOBY DICK「白鯨」-BLUE

アウター:ガレージコート NAVY

ベルト:【別注】ベルト DOUBLE 3PLY BELT

シューズ:フラットシューズ JazzShoe White

バッグ:手提げバスケット003

 

例えば、プリントTシャツにワークパンツのこんなスタイルにも、

太陽の光を受けて輝く白いダンスシューズが似合います。

素足ですっきりと履いたり、薄手のソックスと合わせて、

トラッドなイメージに仕上げても素敵です。

 

【使用したアイテム】

※2017年春夏より、こちらの商品写真より細い紐の仕様になっています。

 

イギリスのダンスシューズブランドCATWORTH(カットワース)。

本国では通常、ダンスシューズは室内で履くものですが、ステップやタップを多く踏むことが出来るように

耐久性は高く、日常の外履としても十分な強度を持っているのです。

足馴染みも良く、内側のかかと部分にはあて布(別生地)が貼られていたりと、

普段履きしやすいための工夫もされているのが特徴。

カーフレザーの柔らかい質感は履くたびに足に馴染んでいくのです。

 

 

サンダルやエスパドリーユに使用される【ジュート素材】。

麻の一種で、夏の足元を代表する素材と言っても過言ではありません。

 

透け感のあるレース素材と合わせたこのシューズに足を入れると、なんとも涼しげな装いが完成します。

デニムなどのカジュアルなアイテムでもフェミニンな雰囲気を演出してくれる1足です。

 

 

【使用したアイテム】

イタリアのブランドJOYKS(ジョイックス)のスリッポン。

様々な素材を組み合わせ、見た目だけでなく履き心地も追求しているのです。

イタリア語で「小さな袋」を意味する「サケット製法」という

クッション入りの中敷とアッパーを縫い合わせ袋状にした後、木型に合わせて固定する製法で作られており、

ソールの返りが良く屈曲性に富み、ぴたっと吸い付くような履き心地が癖になるシューズです。

 

 

夏といえば、サンダル。

見ているだけで気持ちがパッと明るくなりそうな、スタイルアップも叶う白いサンダルなら、

是非取り入れたいですね。

例えばこんな涼しげなヒールサンダル。

足首をすっきり見せてくれ、パンツ、スカート、どんなお洋服も一気に夏らしくしてくれます。

 

サンダルで気にしたいところは【靴ずれ】。

せっかくお気に入りのサンダルを買ったのに、靴擦れが痛くて中々履くことが出来ない・・。

そんな風に言っている間にシーズンが過ぎてしまった!なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

甲の部分を生地で覆ったこんなサンダルなら、足入れもスムーズに、

そしてふかふかとしたインソールで気持ち良く履くことが出来ます。

少し見えるつま先とやや高めのヒール、フリンジのついた生地が

脚を女性らしく美しく見せてくれます。

実はよく見ると生地にはラメが入っているので、

夏の日差しにきらきらと上品に光ってくれますよ。

 

【使用したアイテム】

1978年創業のハンドメイドのエスパドリーユブランドgaimo(ガイモ)が作る

エスパドリーユは品質の高さと履き心地の良さに定評があり、

手仕事による温かみのあるデザインが世界中で愛され続けています。

安定感のあるウエッジソールとクッション性の高いインソールで

歩きやすく疲れにくいミュールです。

 

 

素敵な白い靴。

一番気になってしまうのは【汚れ】なのではないでしょうか。

 

いつもつい選んでしまう【汚れの目立たない色】ではなく、

開放的な夏には真っ白な靴を選んで、

お洒落してみたいですよね。

そのためには、履く前の準備がポイントです。

 

靴を履く前には、事前に防水処理を施すのが重要。

そうすることで、ある程度汚れを予防・軽減出来ますし、

ついてしまった汚れも落ちやすくなります。

 

・キャンバス生地には

 

ドイツのブランドTAPIR(タピール)が作る乳液タイプの布用防水ワックス。

天然素材のみで作られている上に、スプレータイプと違い吸い込んでしまう心配もないので

安心して使えるのが嬉しいですね。

防水ワックスを少量スポンジにとり、布に均一に染み込ませるように靴全体にのばし、

よく乾燥させてから使うのがポイントです。

 

 

・レザーには

レザー素材には同じくTAPIR(タピール)が作る皮革用の防水スプレーを。

こちらも天然の素材のみで作られています。

20-30cm離してスプレーし、その後軽く馴染ませることで

水を弾き、汚れを付きにくくしてくれます。

 

--------------------------------------------

 

夏を代表するような【白い靴】。

普段から汚れの目立たない靴を選んでしまう方には

ちょっぴり勇気がいるかもしれませんが、

いつものスタイルがぐっと爽やかに見えるので、

是非トライして欲しいアイテムです。

この夏の主役になってくれる一足を見つけてみてくださいね。

 

▽関連コンテンツ

「旅でも雨でも、ぐんぐん歩く。ヴィブラムソールの靴」

 

「バルカナイズドスニーカーのパイオニア、コルチェスターラバーカンパニーの魅力」

 

「もっと知りたい、スポーツシューズから生まれたスニーカー」

 

▽ご紹介ブランド

・快適な歩行を叶える、優等生スニーカー:WALSH(ウォルシュ)

・柔らかく馴染むレザースニーカー:VEJA(ベジャ)

・世界最古のバッシュメーカー:COLCHESTER RUBBER CO(コルチェスターラバーカンパニー)

・高貴な英国製ダンスシューズ:CATWORTH(カットワース)

・イタリアのコンフォートシューズ:JOYKS(ジョイックス)

・伝統とハンドメイドのぬくもりを感じる:gaimo(ガイモ)

投稿者: 森 日時: 2017年06月22日 12:00 | permalink

閉じる