こだわり生地のトップスで、季節の変わり目を楽しむ

立春も過ぎ、春の匂いが感じられる季節になりました。日中は日差しが暖かくても、急に冷え込むことがあると、お洋服選びには困ってしまいますね。衣替えをするまでもないけれど、セーターだと季節感がない、そんな時はコーディネートに取り入れる素材を意識してみるのはいかがでしょうか。

 

春先に欲しい、基本の素材はコットンから

暖かく、保温性がありながらも通気性の良い、コットン素材。ベーシックなコットンから、裏起毛したものや通称ダンボールニットと呼ばれるふかふかとした素材があると便利です。今回はZUTTOで取り扱っているこの時期におすすめの素材をピックアップ。

 

改めて、コットンとは?

基本の素材として、まずシンプルなコットン素材から。コットンは棉花から採取される綿から作られる繊維で、加工方法によってデニム・コーデュロイ・ニット等多様な生地に変身を遂げます。トップスやボトムス、ニットウエアなど1年を通して登場するシーンが多いです。ふかふかと弾力のあるウール素材とは違い、さっぱりとした着心地が魅力。お洗濯によって縮んだり、シワができやすいデメリットがあるものの、吸水性、程よい柔らかさ、丈夫さを兼ね揃えています。たっぷりしたコットンのセーターは冬服が手放せない春の初めにぴったり。

 

コットンといっても加工方法によってその見た目は様々。ZUTTOで季節と季節の間に是非お薦めしたい生地があります。

 

【極上の肌触りと暖かさ】スーパー裏毛

ムートンのようにふかふかとした裏起毛に、さっぱりと柔らかな表面。極上の肌触りと暖かさを誇る素材「スーパー裏毛」をまずご紹介しましょう。この「スーパー裏毛」は、日本のカットソーブランドである【FilMelange(フィルメランジェ)】が作る特別な素材。一般的なスウェットの裏毛は糸をループ状にしていますが、スーパー裏毛は起毛処理を施すことで厚みが出て、空気を含んで暖かさを保ちます。国内でたった1社のニッターだけが所有する、特殊な編み機に改良を重ねて、通常では編み立ての難しい細い糸を使用して作られたのが、このスーパー裏毛なのです。高密度に目が詰まり、生地自体にも膨らみを持たせたことで、一味違う表情の裏毛に仕上がっているのです。

 

【軽さと暖かさ】コットンダブルラッセル

近年、急速に定番化した、ダンボールニット。これはハリと柔らかさ、軽さ、そして暖かさを持った私たちの「あったらいいのに」を叶えた生地でした。一般的にダンボールニットとは、表裏の合成繊維の間に、さらにポリエステルを挟んで厚みを出して3重構造にすることで、ふかふかした肌触りにしたものを言います。今回使用した小野メリヤスの【コットンダブル】は、表面・裏面を合成繊維ではなくコットンで作られた非常に珍しい素材。なぜ珍しいのか?というと、実は通常編み機では天然繊維は天然繊維のみ、合成繊維なら合成繊維のみでないと編み進められないという構造上の都合があるから。3層構造のダンボールニットの真ん中の素材は膨らみや軽さを出すために合成繊維を使用するため、通常なら表裏を天然繊維に変えることは難しいのですが、小野メリヤスの編み機の改良により叶えられた特別な素材なのです。表・裏がコットンであることの良さは、やはり肌触り。冬から春へ、秋から冬へと向かう切り替えの時期にぴったりの素材と言えますね。 
 

 

【汗ばむ季節への準備】テクノラマ

吸水速乾性に優れたコットン100%のカットソー生地、テクノラマ。こちらも小野メリヤスが開発したものです。原綿は独自配合によるインド綿、独自の撚糸技術で細やかなキメと、微かな光沢感を持っています。糸自体にバイオ加工を施すことによって、独特のさらりとした質感もあります。しなやかなドレープで、カジュアルとラグジュアリーの間の【品のあるヴィンテージ】を感じられる生地です。

 

 

冬の素材カシミヤ、実は春夏も使える?

保温性・保湿性が高いカシミヤは一般的には【冬】の印象。しかし実は欧米では一年を通じてカシミヤを気軽に楽しむことは普通の感覚なのです。春のお出掛けや夏の冷房の効いた部屋でカシミヤを纏う贅沢は、一線を画する大人のお洒落といって良いかもしれませんね。生地は薄手のタイプを選んだり、コットンなどとミックスすることで、カシミヤならではの長所を存分に生かしながら季節の変わり目にも対応できるようになります。

 

薄手のカシミヤ

超極細のカシミヤ糸で織りあげた薄手のカシミヤは、羽のように薄く、軽いのが特徴。とろけるような極上の滑らかさはどこか儚げ。春のコーディネートや、夏の冷房対策にぴったりの素材です。

 

カシミヤストール 5560/205 / Pin 1876(ピン1876)

 

 

カシミヤシルク

ストールで登場しているのが、カシミヤシルクという生地。カシミヤ100%よりもボリュームが抑えられ、光沢が出るので品のある印象。空気を含みやすく、軽快な雰囲気を持ちます。

 

カシミヤシルク ストール Staffa Bowhill / BEGG&CO(ベグ)

※カシミヤ65%、シルク35%

 

コットンカシミヤ

コットンにカシミヤをブレンドした生地です。コットンに10〜30%のカシミヤをブレンドすることが多く、暖かさとカシミヤ独特のしっとり感をプラスしてくれます。

コットンカシミヤセーター / C.T.plage(シーティー・プラージュ)

※コットン85%、カシミヤ15%

 

コットンカシミヤ カットソー / MAJESTIC FILATURES (マジェスティック・フィラチュール)

※コットン70%、カシミヤ30%

 

綿カシミヤ ボートネック ロングスリーブ / FilMelange (フィルメランジェ)

※コットン90%、カシミヤ10%

 

 

季節をまたぐ、基本のウエアをピックアップ

1年を通して長く使えるもの、たくさん出番のあるもの。それはZUTTOで作られるオリジナルウエア製作においても大切にしている視点です。そんな中から、今回は通年で活躍する【基本のトップス】をピックアップ。素材・かたち・色。自分にとっての定番は何か?を感じられる、そんな1枚が見つかるはずです。

 

Vネックプルオーバー

素材:コットン

まるでニットセーターのように見えるこちらのトップスですが、上質なコットン糸を使用した、カットソー。太い1本の糸を使用せずに、5本の糸で編まれているので、ミドルゲージニットのような表情が生まれるのです。ゆったりとしたシルエットで、お洋服を重ねて、季節を超えて着られる1枚です。

 

 

 

スーパー裏毛プルオーバー

素材:コットン(スーパー裏毛)

ヘンリーネックタイプのプルオーバー。ヘンリーネックというとボタン留めのカジュアルな印象をイメージしますが、アンティーク調のフックを選ぶことで、大人にぴったりな雰囲気に。スウェット独特の柔らかくて暖かな雰囲気は残しつつ、上質さも兼ね備えています。フックを開けてカジュアルにインナーをのぞかせたり、ぴったりと閉めて綺麗目なパンツと合わせたり、クルーネックのカットソーともまた違う着方が出来るのが魅力です。 袖をまくるとスーパー裏毛が覗き、特にグレーは表と裏のカラーの違いを楽しめます。 

 

 

 

コットンダブルラッセル トップス

素材:コットン(コットンダブルラッセル)

ハリがあるのに柔らか、非常に軽く、程よく体に沿うように綺麗なシルエットが出来上がるコットンダブルラッセル トップス。特徴的なのは襟周りをゆったりととって、肩を落として着るシルエット。独特の切り返しと生地のハリ、そしてゆったりと作られたビッグシルエットで、全体的にすっきりとしたモダンな印象が生まれているのです。

 

 

テクノラマ天竺 Uネックトップス

素材:コットン(テクノラマ天竺)

パリのトップメゾンで経験を積んだ方にパターンを引いて頂いたテクノラマ天竺 Uネックトップス。生地の特徴の一つでもある優雅なドレープ性を生かしながら、体を包むデザインを実現しました。洗濯するうちに伸びてしまいがちな首元も伏せテープで補強していたり、首回りの縫い代がゴロゴロしないようにステッチを入れて抑えています。デザイン・生地の丈夫さ・着心地どれをとっても従来のTシャツやカットソーのイメージを覆すアイテムと言えそうです。

 

 

 

 

番外編:軽やかな気持ちを後押しするのは、カラー小物

番外編として、小物から春の気持ちを取り入れるのもおすすめ。今回は華やかな気分にさせてくれる、ピンクとブルーの小物を集めてみました。

 

満開の桜のようなピンク、華やかに散る花びらのように

FLAP WALLET(フラップウォレット)(PINK)

ミニマムでコンパクトな見た目が特徴のFLAP WALLET(フラップウォレット)。ZUTTOでも人気の商品ですが、春を目前にライトピンクのカラーが登場しました。柔らかくふんわりとした雰囲気のレザーは、淡いカラーにもぴったり。PAL(パル) シリーズと呼ばれるこのレザーは、メゾンブランドでも数多くの採用実績のあるイタリア最大手のタンナーから調達したナッパレザー。ソフトな風合いを持っており、奥行きや透明感も感じられます。

 

【別注】OCTAGON NECKLACE

桜餅のようなピンク色が可愛らしい、ピンクカラーのネックレス【別注】OCTAGON NECKLACE。ピンクオパールという天然石を使用しており、縞のようなレースのような模様が入っていることが多く、豊かな表情が見られます。透明感がないので、肌馴染みも良く、使いやすい淡いカラーです。

 

バスティーユ Nude

こちらはベージュとピンクのようなカラーが珍しい、VEJA(ベジャ)のレザースニーカー。最初は柔らかい色味ですが、履きこむうちに飴色に変化していく、育てるスニーカーです。スニーカーというとカジュアルなイメージですが、このスニーカーにはエレガントさも感じます。 まだまだコートが必要な時期にも、ふと足元を見るとベージュピンクが顔を覗かせると、心がポッと暖かくなる気持ちになりますね。

 

澄んだ大空のようなターコイズブルー、春の木漏れ日に光る小川のようなライトブルー

2R SQUARE POUCH L(TURQUOISE)

ポーチとしても、手提げとしても使える、澄んだ大空のように晴れやかなターコイズブルーのビッグポーチ。鮮やかな青は、旅行に持ち出しても、スーツケースの中で良く映えます。とても軽くて汚れにくい生地なので、様々な使い方に応用できそうです。

 

マルシェ折りたたみトート(light blue)

春の木漏れ日に光る小川のようなライトブルーの大容量マルシェバッグ。子どもを連れて公園に行く時や、お買い物用のサブバッグとしても、便利なトートバッグです。予想以上に持ち帰るものや数が増えた時、アウトドア、ビーチなどあれこれと荷物の多いおでかけに活躍してくれます。 大きな荷物を運ぶのなら、軽くて丈夫な帆布素材がぴったり。倉敷帆布の6号生地をたっぷりと使用しながらも、コンパクトに折り畳める便利さで、様々な場所に連れて行ってください。

 

SHELLCAP LOW AI/OFF WHITE

深い藍色が魅力的なこちらの一足は、 PRAS(プラス)キャンバス地に藍染を施したスニーカー。履き込んでいくと、デニムのように自分だけの色落ちが楽しめる一足です。【SHELLCAP】と呼ばれる、つま先の貝殻モチーフも、このPRAS(プラス)だけ。一足一足が熟練の職人の手により作られており、その細やかな手仕事が履くたびに伝わってきます。足を入れると甲やかかとをすっぽりと覆ってくれ、底面は安定した作り。これだけ見た目がシンプルなのに、実はたっぷりとこだわりが詰まっているんだな、と実感できる一足です。

 

 

▽時代や季節を越えて愛着の持てる、ZUTTOのオリジナルウエア

投稿者: 村上 日時: 2018年02月18日 12:00 | permalink

閉じる