メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

 

春のパジャマ。”肌寒い”と”ちょっと暑い"に対応する、さらり心地良いオーガニック素材

 

朝はまだまだ肌寒いけれど、昼はじんわり汗ばむ暑さ。変わりやすい天候と、朝晩の寒暖差に体も心もお疲れモードになりがちな季節ですが、そんな疲れをリセットできる一番の休息は「良く眠ること」です。良く眠るということはただいたずらに睡眠の時間を取るのではなく、例え短い睡眠時間でも、布団に入って自然に寝付け、ぐっすりと熟睡し、目覚めも良い「快眠」のことを指します。今回は春の快眠を叶える、柔らかで気持ち良いオーガニックコットンの上質パジャマをご紹介します。

 

 

季節の変わり目に、何を着て寝るか?

 

皆さんは、パジャマを何着お持ちでしょうか。冬のパジャマは起毛したフランネル素材や、裏毛タイプのふんわり厚みのあるものを。夏は半袖でガーゼ素材、汗を吸い取って涼しくいられるものを。では、春や秋のパジャマはどうでしょう?季節の移ろいを感じやすい時期は、暑い日もあれば、雨がざあざあと降って一転肌寒い日もあります。日によって朝晩の寒暖差も大きいにも関わらず、真夏や真冬のように「季節の変わり目に何を着て寝るか?」ということは実はあまり重要視されていないのが現実です。

 

移ろいの季節だからこそ、睡眠の導入になるパジャマを

 

”春眠暁を覚えず”ということわざにもあるように、春は暖かく、気持ちよく眠れることが多いもの。疲れて眠くなってしまい、何となく部屋着のままうとうとしてしまったり、2軍落ちしたTシャツをパジャマにしている方も多いのでは。季節のずれた服や、普段着用に作られたお洋服は、「快眠」を遠ざけてしまいます。そこで重要なのが、パジャマ。お家から戻った時に部屋着に着替えて心をリセットするように、着心地の良い、眠りを誘うものを選んで、睡眠の導入になるパジャマを取り入れましょう。

 

〜快眠を叶えるパジャマを選ぶ〜

【心地よくいられる肌触り】...最初にパジャマに袖を通すときの肌触りは、お風呂場で湯船に足を入れるときのそれによく似ています。すべすべしていて気持ちの良いパジャマならリラックスした気分になれますね。

【体が動かしやすいこと】...私たちは睡眠中も寝返りをして体を動かしています。寝返りは全身の血行を良くするために必要不可欠なもの。無駄な縫い目がなく、フラットな生地のものならスムーズに体を動かすことができます。

【暑い、寒いなどの不快感がないこと】...夏は涼しく、冬は暖かく、春や秋は朝晩の冷えに対応しつつも汗をかいても蒸れないような、不快感の少ない生地を選ぶのが良いでしょう。

【丈夫で、たくさん洗って清潔でいられること】...特に汗をかく季節は、着るたびにじゃぶじゃぶ洗えて清潔でいられるものが良いでしょう。

 

今回、天衣無縫にお願いしてZUTTO別注で作った、【別注】天竺編み コットンロングスリーブパジャマは、まさにこの快眠を叶える条件の揃ったもの。細部までこだわって作った特別なパジャマをご紹介します。

 

 

選んだ素材、オーガニックコットン天竺編み

 

 

「肌寒い」と「ちょっと暑い」に対応する、薄めのコットン天竺編み素材

 

オーガニックコットンと一言でいっても、その生地は様々です。その中で、今回ZUTTOが選んだのはオーガニックコットン100%の天竺編みの素材。薄くて横方向への伸縮性があり、寝返りなどの動きを妨げません。睡眠中の寝返りは血液循環をよくしたり、汗を乾かすなどの大切な動作でもありますから、快適に睡眠を取れるパジャマのポイントですよね。天竺編みは、ニットの組織では最も多く利用されており、セーターやTシャツ、アンダーウエアなどに用いられています。

 

今回ご用意したのは、グレーとネイビーの2色。オーガニックコットンというと生成りや淡いカラーが多い中、今回選んだ生地は霜降りのような色のゆらぎが特徴で、基本の色(ネイビー・グレー)に白が混ざったようなニュアンスのある色合いです。

 

オーガニックコットンが肌にいい理由って?

 

オーガニックコットンとは、有機栽培で育てられ、生産された綿です。農薬や化学肥料を使用しない畑で栽培され、殺虫剤・除草剤などを使わないで育てながら、自然に葉が枯れるのを待ってから収穫したものをいいます。自然由来のものを使っているからこそ、アレルギー性の皮膚炎や乾燥肌で悩んでいる人にも愛用されるほど、低刺激。疲れて敏感になった肌にも心地よい肌触りです。

 

 

特に、今回ご紹介する天衣無縫(てんいむほう)の製品は、100%オーガニックコットン素材を使用した安心安全の仕上がり。 オーガニック独特の優しい色合いで、肌触りも良いので、安心して着られますね。 

 

天衣無縫(てんいむほう)は、オランダのコントロールユニオンの審査を経て、オーガニック繊維製品世界基準(GOTS)の認証を受けています。これは、原綿から最終製品までの全工程において、有害化学物質が混入しないよう管理され、そして第三者機関による各工程の実施検査を受けていることの証です。 天衣無縫の製品は、原料から加工まで化学物質によるストレスが少ないので、綿花本来の性質を持ち合わせています。 洗濯を重ねるたびに吸水性を増し、自然乾燥をすると一層柔らかさが引き出されていく、まさにZUTTOらしいオーガニックコットンです。

 

 

ルームウエアにしても、パジャマにしても

 

今回ZUTTOが天衣無縫(てんいむほう)と作ったパジャマは、ルームウエアとしても、パジャマとしても使える汎用性のあるシンプルさ。どんなお部屋にもよく似合うグレーとネイビーカラーをご用意しています。

 

左:グレー、右:ネイビー

 

柔らかな雰囲気と、気持ちの良い生地感。涼しげで上質な暮らしを感じさせるこのパジャマのこだわりのポイントはどこにあるのでしょうか。

 

 

長袖・長ズボンで朝晩の冷えに対応

 

比較的、気温が安定している春や秋でも、夜〜早朝にかけては肌寒いもの。長袖・長ズボンでいたずらに体を冷やさないものを選びました。

 

 

 

身頃の綺麗なとろみのあるドレープ感

 

お家の中では気を使わずに使えるパジャマだからこそ、ゴワゴワしたり見た目のシルエットが気にならないものが嬉しい。今回は、しっとりした肌触りのオーガニックコットン天竺生地を身頃にたっぷり使い、着用すると自然で美しいドレープが出来上がります。この体に付かず離れずのシルエットが、絶妙な着心地を生むのです。

 

 

ボートネックのような、ざっくりあいたVネック

 

襟のデザインは、大きく開いたボートネックのように見えますが、実は緩い弧を描いたVネックを採用。襟のあるものや、首元が詰まったデザインのパジャマだと、横になった時にゴロゴロして気になってしまったり、時に圧迫感を感じてしまいます。着脱の時の窮屈さもありませんし、眠る時に首元が詰まった感じもしません。

 

 

また、通常は肩にある切り替えも腕部分に落とすことで肩まわりの窮屈さを軽減する狙いがあります。自宅でのリラックスした気分を、窮屈さによって損なってしまわないように。

 

 

柔らかゴム+紐付き。ゆとりのワイドパンツ

 

パンツの幅は、ゆとりを持たせてワイドな作りに。お尻や太もも周りにゆとりがあるので、歩いても座っても生地が突っ張ることはなく、常にリラックス気分でいられます。「いかにもパジャマ」というデザインではないので、おやすみ前にソファで読書したりホットドリンクを楽しむ時間のルームウエアとしても違和感なく取り入れられます。

 

 

 

ゆったりフリーサイズでどんな人にも

 

今回ご用意しているパジャマはフリーサイズ。166cmのモデルと、158cmのモデルが着比べてみました。

 

左モデル:身長166cm、右モデル:身長158cm

 

166cmのモデルだと、手首と足首が覗く長さ。158cmのモデルだと、手首と足首が隠れる程度です。落ち感のあるリラックスさで、どんな身長の方にもしっくりくるのです。

 

 

ゆっくりしたい休日のおともに。楽チン着心地のカップ付きキャミソールを合わせて

 

週末や連休の朝は、ゆっくり起きて、丁寧にコーヒーを淹れ、休日ならではの穏やかに過ぎる時間を楽しみたいもの。パジャマに合わせて着心地を楽しむ、カップ付きのキャミソールもおすすめです。

 

 

リブ カップ付キャミソール アジャスター付

 

リラックスした日に選びたい、ストレスフリーなキャミソールブラ。市販されているものの多くはバストが流れないようにとカップ下のゴムがきつめに出来ていて、1日着ていたらゴムの跡が付いてしまったり、どうしても窮屈さを感じるものが多かったように思います。

 

 

天衣無縫(てんいむほう)のリブ カップ付キャミソール アジャスター付に使用されているリブ編みはよく伸び、無理なく体にフィットするので本当に気持ちが良いキャミソールです。しっとりと柔らかな生地、優しい風合いが心をほぐすようで、他のカップ付きキャミソールは使えなくなりそう。 

 

カップは取り外しが可能なので、ご自身で好きなものに変えることも。よれないように洗濯時は外しておくのも良いですね。 


カップの下部分には生地でくるんだ細いゴムが入っています。ゴムが入っていることでバストが流れにくくなっていますが、締め付けはなくゆったりとした日にぴったり。

 

バスト:79~94(cm) で、およそM〜Lサイズです。

 

肩紐もアジャスター付きなので、ご自身に丁度良い長さでストラップを固定させることも可能。ワイヤーが入っていないキャミソールブラだと、ストラップの長さでサイズを調整しないとバストがずれていくのが気になってしまいますが、その心配がないのも嬉しいですね。

 

 

ほっと一息つきたい日常に、彩りを与えてくれるようなくつろぎの組み合わせです。

 

 

気持ちよく使うための、お洗濯の心得

 

 

・パジャマは、初めの数回は色落ちの可能性があるため、単品洗いを推奨しています。

・柔らかで、気持ちの良い風合いを保つために、洗濯ネットをご使用ください。

・漂白剤や乾燥機の使用はおやめください。

 

 

▽ご紹介した商品はこちら

季節の間に使いたい、【別注】天竺編み コットンロングスリーブパジャマ

 

 

締め付けとはさようなら。リブ カップ付キャミソール アジャスター付

 

▽夏に使いたい、涼やかブルーのボートネックパジャマ

 

▽天衣無縫(てんいむほう)ブランドページはこちら

投稿者: 村上 日時: 2018年04月28日 12:00 | permalink

閉じる