かごバッグの面持ちに編みバッグのしなやかさ。レザーメッシュバッグの魅力

 

 

ZUTTOでは数多くのバッグをご紹介していますが、その中で断トツで人気が集まるバッグが、実は2種類あります。一つは「レザーバッグ」、そしてもう一つは「かごバッグ」。

日々触れるほどに色艶を増し、柔らかく風合いを変えていく革のバッグは「長く大切に使う」という点で他のどの素材に勝るといっても過言ではないほど。一方のかごバッグは職人技によって生み出されてる美しい編み目の模様や、素材によって異なるエイジングが楽しめることが人気の理由になっている様子。

レザーバッグと、かごバッグ。それぞれにファンを集める理由を数えれば切りがありませんが、是非ご紹介したいのが「レザーメッシュバッグ」の存在。というのも、レザーバッグを編むことで生まれるしなやかさやエイジングの風合いと、かごバッグならではの美しさという、いわば2つのバッグの良いところを併せ持つバッグだから。レザーが好き、かごバッグも好き。つまりどっちも好きという欲張りを満たしてくれる、レザーメッシュバッグの魅力をたっぷりとご紹介していきます。

 

 

かごバッグに躊躇してきた人にも、ぜひ。

 

 

 

突然ですが、かごバッグはお持ちですか?夏のファッションというのは不思議なもので、ショーウィンドーにリネンのお洋服やジュートサンダルが並び始めると、一気に頭の中に夏の風が吹き始めます。ストローハットやガラスのアクセサリーなど、同じ立ち位置のアイテムは他にもたくさんありますが、その何番目かに「かごバッグ」があるのは、きっと誰もが頷けるはず。何もない砂浜にビーチパラソルを立てるとたちまち夏の景色になるのと同じで、昨日までと同じ服装でもかごバッグ一つ持つだけで、装いは一気に夏模様。

ところが、そういったアイテムは「長く愛用したい派」にとっては、選びにくいという難点もあります。つまり、持てる期間が限定されやすい季節アイテムはクローゼットの中に眠らせる期間も長くコストパフォーマンスが低く見え、お買い物リストの優先度も相対的に低くなってしまうのです。

でも毎年夏はやってきますし、そう思っている間に日本列島は夏真っ盛り。そう、そんな時にこそレザーメッシュバッグの出番です。

 

 

 

レザーメッシュバッグがおすすめな理由

 

 

夏も盛りのこの季節、街では早くも夏物のセールがスタートし、ショーウィンドーにはちらほらと秋色のアイテムが並び始める頃。ところが実際の体感では9月初旬まで厳しい残暑が続き、夏らしい素材のかごバッグはまだまだ重宝する期間でもあります。でも今から新しく手にいれるなら、やっぱりより長い期間で愛用出来る、つまり季節感の少ないものの方が良いのでは?という気持ちが頭をかすめるのもまた事実。またラタンやあけびといった硬い素材のかごバッグは形を変えることが出来ないために収納力が制限されたり、本体だけで重量があってちょっとしたストレスを感じたりと、悩みが生じてしまうことも。

 

実はレザーメッシュバッグは、そんな悩みにもぴったり寄り添ってくれる優秀なアイテム。「編み」の技術による透け感が夏らしく涼やかにも使えるけれどもとはレザーバッグなので、例えばあけびやラフィアといった季節感のある素材と比較すると、真夏以外に持っても違和感がないのが特徴です。繊細な編みの工程を経ているので、女性らしくエレガントなフォルムももちろん魅力。さらに経年変化を楽しめる素材なので、シーズンレスという意味でも、タイムレスという意味でも、長い期間で重宝します。

 

 

レザーメッシュバッグのメリットとは

 

それでは実際に、レザーメッシュバッグならではのメリットを見ていきましょう。

 

 

しなやかで、中身が取り出しやすい

 

 

いわゆるかごバッグに使用される木製の蔓(つる)やラタンはしっかりと硬い繊維を編み上げて形づくるため、その形を変えながら使うことは難しい素材です。例えば、あと少しマチの幅が広ければ全ての荷物がぴったり収まるのに...ということもある訳です。その点、レザーメッシュバッグは中に入れるもののサイズや容量に合わせてしなやかに対応してくれるので、硬いかごバッグにありがちなストレスは感じずに使うことが出来ます。

 

 

フルレザーバッグでありながら、フラットな革とは異なる風合い

 

 

本体だけではなく、持ち手を含む全体がレザーで作られた鞄のことをフルレザーバッグと呼ぶことがあります。今回ご紹介するレザーメッシュバッグも、素材という視点ではフルレザーバッグに分類されます。ただし、この写真を見ても分かるように細長くカットしたレザーを繊細に編み上げているため、その違いは一目瞭然。こちらのタイプでは、ヘリンボーン柄が見事に表現されているのが見て取れますね。

 

 

 

こちうらの写真は、REN(レン)が手がけるレザーメッシュバッグと、そのもととなる革コード。実は、同じ表面積でも革と革が重なる部分が生まれるため、何枚かのピースを縫い合わせたレザーバッグと比べると必要な革の総量は多くなります。「メッシュ」と名前にありますが、しっかりとした重厚感も併せ持っているのは、そうした理由からなのです。この点でも、他のフルレザーバッグとの違いが見て取れます。

 

 

エイジングのスピードが速い

 

 

革好きの理由の筆頭といえば、エイジング。ラタン、あけび、葦といった植物系の繊維ももちろんエイジングはするのですが、やはり革と比較するとそのスピードはおだやか。日々手で触れることで色艶が変化したり、中身を入れることで負荷がかかって革そのものが柔らかくなったりと、エイジングのスピードが早いというのもレザーメッシュバッグの魅力の一つです。

 

 

REN(レン)が手がけるゴートレザーメッシュ

 

 

 

 

 

『GOAT MESH / ゴートメッシュ』とは、タンニン鞣しの山羊革を石畳編みという手法で編み上げたRENオリジナルメッシュレザー。 革を「編む」ことに精通した職人のいるインドの工房で1点ずつじっくりと時間をかけて生み出された逸品です。丈夫で型崩れしにくいという特性を持ち、使い込むほどに柔らかく馴染み、艶が増し深みのある色合いに変化していきます。通常の5倍の革の量を必要とする編み目は、重量感がありながらも大人っぽい透け感があり、どこかレトロな表情も魅力。 

 

 


レザーのメッシュバッグは、荷物を入れた時の強度が心配ですが、RENのメッシュバッグは持ち手が本体にしっかりと編み込まれているので、手に持った時に安心感があります。持ち手は肩掛けできる長さなのでウィンドウショッピングやお散歩のお供にも使いやすく、しなやかな山羊革はコンパクトに畳むことも出来るので海外旅行でのバカンスに持って行くサブバッグとしても良いですね。春夏はレザーメッシュの素材感に似合う帽子やストール、サンダルを合わせて涼しげに、そして秋冬は手持ちのインナーバッグやファブリックを入れて使えば、様々な印象を楽しむことが出来ます。

 

 

 

 

さらにこちらのREN(レン)のGOATシリーズは、カラーバリエーションの豊富さも魅力。同じサイズ、同じ編み方でもこうして並べてみると印象がかなり違って見えますね。ブラックなら重厚感ある大人な風合いで、他ではなかなかお目にかかれない真っ白な革は、どこかモードな印象。レザー定番のベージュ〜ブラウン系の色味もございますので、合わせるお洋服や用途によって選択肢がぐっと広がります。

 

 

 

水牛の革とデザインの力で、唯一無二の存在感

 

 

 

Dragon Diffusion(ドラゴンディフュージョン)は、30年以上メッシュレザーに特化し生産を続け、ヨーロッパやアメリカの名だたるメゾンブランドにも素材を提供してきた高い技術力を持ったファクトリーです。ベジタブルタンニンで鞣した革素材を、ハンドメイドで編んだバッグは世界のファッションブランドからオーダーが入るという品質と技術を持ちながらも、コストパフォーマンスに優れています。 

 

 

 

素材の革は、日本ではあまり馴染みのない野生の水牛の皮を使用し、洗いをかけることで独特の風合いを出しています。手触りは牛革に似ていますが、何年も使い込んだような柔らかい感触で、さらに使い込むに従い色味が増し艶が増します。 

 

ジャスミン コクーン ロングカーディガンリネンスウィングスカート DRESS GORDON / フラットシューズ JazzShoe White

 

またDragon Diffusion(ドラゴンディフュージョン)のバッグを一般的な革バッグを想像して手にすると、その軽さに驚くほど。一方で籐素材のバッグと思って手にすると、その艶やかな趣きに革であることに納得できるはず。先にご紹介したような、「革の編みバッグ」と「かごバッグ」両方の利点をぎゅっと凝縮したようなレザーメッシュバッグの特徴がよく現れているバッグです。

こうしてコーディネートを見てみると、半袖やノースリーブといった夏の装いにはもちろん、肌がすっぽりと隠れる長袖の装いにもしっくりと馴染むのが良くわかりますね。春夏はもちろん、コーディネートによっては秋冬まで幅広く対応できる革バッグならではのメリットを存分に感じられそうです。

 

 

 

また、同じDragon Diffusion(ドラゴンディフュージョン)が手がける、デザイン違いのバッグも。細い紐状の革をニットのように編み上げたバンブーハンドルのレザーメッシュバッグ。 花のように見える幾何学的な模様は、全て職人の手仕事によって丁寧に編み上げられたもの。こちらは牛革を使ったモデルで、水牛のバッグとはまた一味違う風合いを感じさせます。

 

 

▼革本来の魅力を引き出すデザインセンス ーREN(レン)

 

 

▼かごバッグの概念を変える技術力 ーDragon Diffusion(ドラゴンディフュージョン)

 

投稿者: 斎藤 日時: 2018年08月05日 11:00 | permalink

閉じる