メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

 

私たちがTシャツを好きな理由。今年の顔にする、Tシャツ選びをお手伝い

 

今年の主役になるような、Tシャツに巡り会いましたか?

 

ブラッシュジャージー スウェットタイプ 半袖Tシャツ(BLACK)

 

老若男女問わず、夏の主役といえばTシャツ。暑くて堪らない日も、シャワーを浴びてさっぱりした素肌に着たいのは身軽でさらりと着られるTシャツだったりします。そもそもTシャツというのは、「襟のない、Tの字に見えるシャツ」のことを指し、実はその定義は曖昧。ここでは、襟がなく、夏に一枚でさらりと着られるTシャツから、夏のコーディネートに加えたい精鋭達をご紹介します。

 

 

まるで恋人のよう。夏と白いTシャツの好相性を語る

 

ヘビーウエイト Tシャツ(WHITE)

 

夏になると白いTシャツが眩しいですね。日差しに眩しい、Tシャツは、デニムパンツからスカートスタイルまで幅広く対応する万能選手。白いTシャツに限っても、1枚だけではなく洗い替え用で複数枚持っている方が多いのではないでしょうか?

 

シンプルであることは、そのままの自分を見せることにも繋がります。普段は大人しいあの人だって、夏の雰囲気に魅せられて大胆に肌を出したり、ビーチサイドで水着で読書したり。夏はそんな風に、そのままの自分をまるっと受け入れてくれるような懐の深さを感じます。フランス映画に出てくる、白いTシャツにデニムパンツ、そしてかごバッグというスタイルのクラシック女優は、人々を今なお魅了していますし、無駄のない、飾らない美しさが引き立つのは、夏の白いTシャツなのかもしれませんね。

 

そんな風に白いTシャツは定番ではありますが、その素材に着目して自分を素敵に見せてくれるものを選ぶのが良さそうです。麻混の素材はシャリ感があってさらりと着られますし、ガーゼのような風合いは優しい印象を与えます。白いTシャツを一つとっても、印象がガラッと変わるのが面白いですね。

 

リネンコットン半袖Tシャツ:リネンとコットンの爽やかなTシャツ。

 

VネックTシャツ:ガーゼの風合いがふわふわと肌に心地よい。

 

VネックTシャツのガーゼの素材感

 

 

細やかなディテールは七難を隠す、デザインが光るTシャツ

 

レースや特徴的なかたち。プレーンな印象のTシャツに比べてディテールが細やかなものはシルエットやアクセサリーに特別気を使わなくとも華やかで印象的になります。1枚で決まるTシャツが欲しい、そんな方にはディテールが特徴のTシャツを選ぶのがおすすめです。

 

夏の、黒

バックレース Tシャツ(BLACK)

 

前から見ると、一見シンプルなTシャツ?かと思いきや、後ろ姿はエレガントなレース使いが光ります。さらりとした綿麻生地とレースを組み合わせた Letroyes(ルトロワ)のバックレースTシャツは、前後の印象が変わるお洒落な一枚。フランス・シャンパーニュ地方の老舗のファクトリーから誕生したLetroyes(ルトロワ)は、フランス製ならではの上質な素材使いや洗練された着心地で、新しさと共にどこかノスタルジックな雰囲気を持っています。ワントーンでまとまるBlackは、Tシャツのように合わせても良いですし、ブラックでまとめてコーディネートしても。背面の透け感が夏らしく、それでいてシックなのでまさに「夏に着たい黒」といったところ。

 

透け感のあるブラックのレース。インナーに何色を着るかでも印象が変わります。

 

 

 

 

シルクのような滑らかな肌触りのTシャツに、タックを入れて

コズモラマ タックTシャツ(DARK NAVY)

 

ベーシックな形に、ひねりの効いた素材。ZUTTOがこの暑い時期におすすめしたいのが、この「コズモラマ」生地のドレッシーなTシャツ。

 

 

コットン100%のTシャツといえども、その質感や手触りは様々。老舗カットソーメーカー・小野メリヤスが作り上げた「コズモラマ」と呼ばれる生地は、触れるとまるでシルクのような滑らかな肌触りに驚きます。また、ドライタッチでシャリ感があり、肌の上を滑るような軽い着心地。吸水速乾性があり、熱伝導率を利用した接触冷感という機能性があるので、汗をかいてもさっと乾いてくれますし、肌に触れるとひんやりと感じるTシャツなのです。見た目にも着心地にも、暑い夏を涼しく過ごす工夫の詰まった一枚です。

 

コズモラマ タックTシャツ(SMOKE NAVY)

 

今回のポイントは、この前面に入った、タック。生地を折り込んだそのスリーブは、Tシャツのさりげないアクセントになっています。

 

 

さらにふんわりしたドルマンスリーブが、気になる二の腕周りを隠しながらも優雅な印象に仕上げてくれます。

 

コズモラマ タックTシャツ(SMOKE NAVY)

 

カラーは、左からグレーがかったようなニュアンスカラーが魅力のSMOKE NAVYと、ベーシックで着回しやすくどんなお洋服にも合わせやすいDARK NAVY

 

 

カジュアルに見えすぎないニット

ポケットニットTEE (PURE WHITE)

 

Tシャツは好きだけれど、一枚だとなんだか心もとない。そんな方には、生地をニットに変えてしまうのもおすすめ。ニットといっても、薄手のコットンニットなので、吸水性もあり風通しもあります。柔らかなニットのTシャツは、一気に大人の上品なイメージに。アウターを羽織れば、残暑厳しい秋口まで長く着られます。

 

ポケットニットTEE (PURE WHITE)

 

Tシャツは永遠のベーシックアイテムですが、そのTシャツが着られなくなる時がくるとすれば、Tシャツ自体の劣化が挙げられます。このFileuse d'Arvor(フィールズダルボー)のポケットニットTEEは、長く使えるポイントとして首まわりと袖についたリブがポイントです。これはデザインとしてはもちろん、着脱に負担のかかる部分が伸びにくいようになっています。更に、PURE WHITEとPURE GREYはリブが濃色になっているので、使っていくうちにどうしても付いてしまう襟周りの汚れも気にならないのが嬉しいですね。

 

ポケットニットTEE (PURE GREY)

 

左下の裾にはユニフォームとして支給していたフランス海軍の空母、JEANNE D'ARKの旗章が付いています。これはオフィシャルサプライヤーのみに付けることを許されたものです。 

 

 

 

一気に主役顔。プリントTを1枚持っておくべき理由

 

海外のスナップを見ていると、自分の好きなアーティストなどのプリントTをかっこよく着こなす人を良く見かけます。最近では日本でもプリントTシャツ文化が改めて注目されており、シンプルなお洋服にワンポイントで銘々のお気に入りTシャツをコーディネートしています。白いTシャツにデニム、ももちろん素敵ですが、今日はこの柄にしようかな、今日はこの色の気分だなと、選ぶのも楽しいもの。夏の主役にしたくなるプリントTシャツを揃えました。

 

「本を着る」ということ。/OUT OF PRINT(アウト オブ プリント)

THE HANDMAIDS TALE「侍女の物語」

 

「本を着る」をコンセプト として数々の小説の表紙をモチーフにしたTシャツを作る OUT OF PRINT(アウトオブプリント)。マーガレット・アトウッドによる小説「侍女の物語」は、環境汚染、原発事故、遺伝子実験などの影響を受けた近未来を描いた作品。この侍女の物語に描かれている世界は「ディストピア」。ユートピア(理想郷)の反対にある世界です。崩壊したアメリカ社会の後に成立したギリアッド連邦で、数少ない健康な女性は種の保存のため支配者層に侍女として仕えるように運命づけられており、そんな女性たちの置かれた環境を描いた一冊です。 

 

絵画的な装丁デザインは、黒い石壁の中で赤い服を着た二人の女性らしき人が描かれ、自由を奪われた女性をより印象づけ、どこまでも広がる空を想像させる青空で画面を構成した印象的なデザインです。 

 

コートの下に着用しても

 

 

THE JOY OF COOKING(料理の喜び)

 

『THE JOY OF COOKING(料理の喜び)』。古き良きアメリカの家庭料理に関するあらゆることが書かれていると言われている名著で、そのページ数は1000にも登るのだとか。日本ではあまり馴染みのない本かもしれませんが、北米ではこの本はアメリカで1家に1冊あるといわれるほど広く親しまれており、アメリカ家庭料理の基本が詰まった一冊で、1931年に初版が発行されてから改訂を繰り返している一冊です。イルマ・ロンバウアーが友人や家族から集めた450個のレシピが書かれた料理本で、レシピだけではなくメニューの立て方や準備、栄養、料理の楽しさなどについての余談がちりばめられたものとなっています。

 

そんな『THE JOY OF COOKING(料理の喜び)』の初版本の装丁デザインは、鮮やかなブルーとグリーン。まるでファンタジー映画のような一シーンが描かれている絵柄のプリントはコーディネートのアクセントになります。

 

ブルーのスカートと色合いを合わせて

 

 

フルーツ染めとお茶目な表情/FRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)

FRUIT PARLOR プリントTシャツ A mucho-HASKAP

 

フルーツで染め上げたTシャツをキャンバスにしてアーティストたちが思い思いのフルーツを表現した「フルーツパーラー」シリーズ。果実から染色を抽出した自然染料に少量の化学染料を配合することで鮮やかな発色性を実現しながら一般的な品質基準の堅牢性を得ることができた新しい染色技術によるもので、光が反射すると色合いに奥行きや揺らぎが生まれ、他にはない独特な色合いが特徴です。

 

自然染料は光に乱反射することにより、色合いが微妙に変化し、人を安心させたり、心からリラックスできると言われているのだとか。着込むほどに表面の色が程よく落ちていき、フルーツのように熟した色合いが楽しめます。

 

 

このFRUIT PARLOR プリントTシャツ A mucho-HASKAP はハスカップを使って染色しています。実際にFRUIT OF THE LOOM(フルーツオブザルーム)の古着も自身の作品に使用していたという中村muchoよしてるさんが手がけた果物が浮かべるお茶目な表情が可愛らしい一枚です。

 

 

FRUIT PARLOR プリントTシャツ face

 

どこか肩の力の抜けた、デザインが魅力のFRUIT PARLOR プリントTシャツ face。faceは、アパレルブランドのデザイナーを務める傍ら、今の時代のCGにはない、温かみを求めて手描きのイラストをはじめ、雑誌の挿絵、レストランの壁画、百貨店の装飾、ミュージシャン在日ファンクのグッズなど幅広く活躍しているアーティストです。トレンドを追う20代、30代のアパレルブランドからライフスタイルブランドのTシャツデザインにも関わるアーティストの、目をひくプリントTシャツです。 

 

アーティスティックなプリントTシャツは、さらりと一枚身につけるのがお洒落

 

 

 

スタッフが愛用しているTシャツとその理由

 

カジュアルな通勤着のZUTTOスタッフも、夏のTシャツはマストアイテム。シンプルな着こなしも、つい手にとってしまう理由があるようです。

 

ほんのりモード感を出せる、Tシャツワンピース

使い込んでいくうちに、ヘビーウエイトの生地もくったり馴染んできました。

ヘビーウエイト Tシャツワンピース(CHARCOAL GREY)バッグ:【別注】3way レザーポシェト enveloppe BLACK2133BT フリンジスリッポン(BLACK SUEDE)、その他私物

 

外出が多いスタッフNは、ZUTTOオリジナルTシャツワンピースを主役に。ヘビーウエイトのTシャツは、透け感のあるTシャツと比べて重ね着しなくて良いため、体と洋服の間の風通しが良く、逆に涼しく感じるのだとか。頭からかぶればシルエットが決まるワンピースに、スリッポンで素肌感を残しつつ、次の季節も意識します。PATRICK STEPHAN(パトリック ステファン)の【別注】3way レザーポシェト enveloppe BLACKは、荷物の少ない時は仕事にも持ち出すほどの使いやすさ。シックな色味でまとめて、素材感が引き立っていますね。

 

 

スタイルが良く見えるチノに合わせる、精鋭Tシャツ

Tシャツ:FilMelange (フィルメランジェ)※着用品は販売を終了しています、チノパン:チノトラウザーズ KHAKI

 

今日は内勤で事務仕事のスタッフS。お気に入りのFilMelange (フィルメランジェ)のTシャツにZUTTOのオリジナルチノのKAHKIを合わせています。残念ながらこのANNIEという形は販売が終了しておりますが、その着心地は、このFilMelange (フィルメランジェ)ならでは。ブラジル原産、新彊(トルファン)育ちの真っ白な超長綿「オーリンダコットン」を綿の段階から別注、特番手に紡績し、吊編機で柔らかく編み上げた丸胴の天竺生地を使用しています。旧式の吊編機を使用することにより、長年型崩れせず、生地のハリ感も変わらないのだとか。美しい光沢と、シルキーで毛羽の少ないなめらかな風合いが特徴で、さらっと一枚着るだけでも、上質なTシャツなのだと分かるのがお気に入り。更には、足をほっそりまっすぐ、長く見せてくれるチノはTシャツにはもちろん、夏が過ぎてもカーディガンを羽織ったり、大きめのニットのプルオーバーを羽織っても活躍してくれそうで、今から次の季節が楽しみなのだとか。

 

 

プリントTが主役。オフホワイトでまとめるコーディネート

Tシャツ:OUT OF PRINT(アウトオブプリント)※着用品は販売を終了しています

 

普段からカジュアルで動きやすいコーディネートが好きなスタッフS。「本を着る」をコンセプト として数々の小説の表紙をモチーフにしたOUT OF PRINT(アウトオブプリント)のTシャツで、デザインはADVENTURES OF TOM SAWYER『トム・ソーヤの冒険』(現在は販売を終了しています)。もともと本を読むのは好きで、様々な本の装丁デザインで悩んだものの、この版画のようなデザインが可愛くてトムソーヤをチョイス。オフホワイトのイージーパンツと組み合わせて、着心地も抜群です。

 

 

 

一口でTシャツと言っても、そこには三者三様の思いが隠れていました。みなさんにぴったりのTシャツが見つかりますように。

 

▽まだまだあります。Tシャツはこちらから

投稿者: 村上 日時: 2018年07月29日 12:00 | permalink

閉じる