kurashiki canvas(クラシキキャンバス)

がま口ロングポーチ

【別注】長めが便利なポーチ

レジメンタルストライプ柄が生きたデザインのがま口ロングポーチ。
ビジネスバッグの中、旅行バッグの中、今やお出かけ時のバッグの中には、ステショナリー、メガネやガジェット、と細かいものが多く必要です。
ちょっと収納を分けて入れておいたり、専用ケースを用意するだけで、探す煩わしさから解放されたり、バッグの中が整理されて安心します。

がま口ロングポーチは、スリムな縦長サイズで、メガネケースやペンケースとしてちょうどいい大きさです。サイドにマチが付いていますので、ペン以外のハサミやかさばるステーショナリー、ガジェット小物、マウスケア用品などの持ち運びにもちょうどいい大きさです。

伝統柄のがま口ポーチ

今回別注したガマ口ロングポーチの柄生地は、ネクタイを思い出すレジメンタルストライプで、イギリスの軍旗から誕生した縞柄です。ビジネスマンの胸元を引き締めるネクタイ、海外のスクールガールのイメージの柄で、70年代のアイビーブームの時代も、トラッドなファッションアイテム・柄として認知されました。

バッグの中の必需品のステーショナリーやメガネなど、お出かけに持って出るものを入れるケースとして、きっちりとした印象になるレジメンタルストライプ柄がぴったりです。

前後はレジメンタルストライプ柄で、サイドのマチ部分は、ネイビーの無地のツートン生地使いになっています。イギリスの伝統柄は、何年経っても飽きの来ない定番柄ですので、年齢を超えても長く愛用して頂けるアイテムになりそうです。

歴史古い日本のものづくり

明治以降、トラックの幌や、鉄道貨物のシート、テントなど丈夫さを要する産業用素材に多く使われてきた帆布。
その中でも、倉敷帆布は、素材、使い心地の良さ、丁寧な製品作りで、一級帆布と言われています。倉敷帆布は、使い始めると1週間くらいで、柔らかく体に馴染むようになり、帆布独特の風合いで、長く愛用したくなる素材です。
原糸から一貫生産にこだわり、JIS規格に沿った製品づくりを現在も行うという信頼出来るものづくりの6SHiKi (ロクシキ)への別注で完成したがま口ロングポーチは、毎日の暮らしの中のちょっとした収納ポイントとしてお使い頂きたい商品です。

がま口ロングポーチ
   

 

  • がま口ロングポーチ
  • レジメンタルストライプ柄に、サイドのマチ部分はネイビー無地のツートン生地使い
  • スリムな縦長サイズで便利なポーチ
  • サイズ感
  • 使用イメージ
  • 使用イメージ
サイズ 縦17×幅8×マチ2.5(cm)
重量 約43g
素材 倉敷帆布・アンティークゴールド
箱有無

特徴

  • マチの付いたポーチは、メガネケースやペンケースとしてお使い頂けます。

ブランド紹介

kurashiki canvas(クラシキキャンバス)

kurashiki canvas(クラシキキャンバス)

岡山県倉敷市にある株式会社バイストンから生まれたkurashiki canvas(クラシキキャンバス)。
現在生産されていない大変貴重な「シャトル織機」を使い、徹底した品質管理のもと、代々職人の手で撚糸から製織まで自社工場にて一貫生産している、倉敷の地場産業『倉敷帆布』。
その倉敷帆布を、『happy&coolな新しいスタイルで日常に』をコンセプトに展開していくのが、kurashiki canvas(クラシキキャンバス)です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
がま口ロングポーチ

がま口ロングポーチ

ラッピング可

送料:一配送648円(一部地域除く)

¥2,520(税込)

残り2点

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる