我戸幹男商店(ガトミキオショウテン)

四つ椀 拭漆

4つのお椀で楽しむ

木目の美しさが存分に引き出された4つのお椀。サイズが少しずつ異なるのには訳があります。手に取ると、その使い勝手の良さと日本の古き良き文化を感じることが出来ます。

明治41年、石川県は山中温泉。当初は木工所として創業した我戸幹男商店(ガトミキオショウテン)は、高度なろくろ挽き技術を活かした山中漆器ブランドです。

同じ石川県には、輪島塗りに代表される漆を幾度も重ねた技法がある中、丁寧なろくろ挽きで形を作り漆を薄塗りする山中漆器は、古くは湯治客への土産物としてその名が知られていました。

山中漆器は木地師と呼ばれる職人の手により、透けるほど木地を薄くしたり、筋を付けるといった高度な技術が発達し、京都や会津といった城下町から伝えられた塗りや蒔絵の技術と相重なり、もともとの素材がそのままに表れた美しい漆器として発達しました。

華美すぎず、現代にもナチュラルに生活に溶け込む山中漆器。我戸幹男商店(ガトミキオショウテン)は、現代のライフスタイルに合う生活の道具を届けたいという想いを込めてひとつひとつの製品を作り上げています。

四つ椀は、茶懐石で使用する器として、茶の世界では小丸椀(こまるわん)として知られています。サイズの異なる4つのお椀は入れ子になるよう作られており、小さいサイズのものから1、2、3、4としたとき、1と3、2と4が器と蓋の入れ子になります。もちろん、全て小皿としてお使い頂くことも出来ますので、吸い物や味噌汁のほか、漬物や薬味、ちょっとしたおかずを盛り付けるのに最適です。

四つ椀はケヤキのしっかりとした木目が表面に表れ、その上から拭き漆が施されています。入れ子の技術に加え、ろくろ挽きと漆塗りといった、日本に伝わる文化と技法を楽しめる逸品になっています。 箱に入れた状態でお届け致しますので、贈りものにもおすすめ。結婚祝いや引越し祝いに是非お選び下さい。

四つ椀 拭漆
   

 

  • 四つ椀 拭漆
  • ろくろ挽きにより製造された木製のお椀が4つセットになっています
  • サイズの異なる4つのお椀
  • 内側
  • 表面に表れたケヤキの木目が美しい
  • サイズ感
  • セットになったお椀は入れ子にして、お椀と蓋にすることが出来ます
  • 日本に伝わる文化と技法を楽しめる逸品
  • 使用イメージ
  • 箱
サイズ ※最も小さいものから順に1、2、3、4としたとき
1. 直径11.5×高さ4(cm)
2. 直径12×高さ5(cm)
3. 直径12.5×高さ6(cm)
4. 直径13×高さ7(cm)
箱サイズ 幅5.2×奥行き5.2×高さ8.8(cm)
総重量 約226g
素材 ケヤキ
仕上げ 拭漆
生産国 日本
箱有無

商品特徴

  • ◇ろくろ挽きにより製造された木製のお椀が4つセットになっています。
    ◇表面は拭漆による艶やかな仕上がり。
    ◇セットになったお椀は入れ子にして、お椀と蓋にすることが出来ます。

注意事項

  • ◇長時間湯水に浸すことはせず、使用後はできるだけ早く洗い水気を拭き取って下さい。
    ◇変形・変色・カビの原因となりますので、直射日光、湿度の高い場所は避けて保管下さい。
    ◇たわし、磨き粉、食洗機はご使用頂けません。
    ◇製品本来の用途、使用目的に添って正しくお使い下さい。
    ◇直火、電子レンジ、オーブン等での使用はしないで下さい。

ブランド紹介

我戸幹男商店(ガトミキオショウテン)

我戸幹男商店(ガトミキオショウテン)

華美すぎず、現代にもナチュラルに生活に溶け込む漆器。明治41年、石川県は山中温泉。木工所として創業した我戸幹男商店(ガトミキオショウテン)は、高度なろくろ挽き技術を活かした山中漆器ブランドです。 キーワードは「不易流行」。変わらない山中漆器の伝統の技を「不易」、現代に生きる感性から生まれるデザインを「流行」と捉え、このふたつを融合し、新しい漆器を生み出すというブランドの姿勢が、そのまま天然木と漆を用いた造形に溶け込んでいるかのようです。高度なろくろ挽き、まるで上等な家具のごとく艶やかな漆仕上げという技術はそのままに、現代の暮らしにすっと馴染むものづくりを行っています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
四つ椀 拭漆

四つ椀 拭漆

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥19,440(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる