メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)
蔵珍窯(ぞうほうがま)

朱貫入飯碗 大

千日で生まれる赤

一般的なご飯茶碗より、少し背が高く、小鉢としても使っていただきたい朱貫入飯碗。
朱が魅力的なこちらの器は、岐阜県多治見市の美濃焼です。

美濃焼は、九谷・京焼・有田焼・信楽・備前と比べると、1つの焼物のスタイルを持たないのが、美濃焼ですが、そんな中でも蔵珍窯(ぞうほうがま)は、一人でも多くの方と、食卓に小さな「しあわせ」を。という思いを「ものづくり」と絵付け、朱貫入などにこだわる窯元です。
それは、大量生産の安価なものでなく、高価な美術品でもない。日常に食卓で華やかで楽しい空間をつくる器を目指しているからです。

蔵珍窯(ぞうほうがま)の器の特徴の一つの朱貫入・「赤い器」は、蔵珍(ぞうほう)の赤と呼び、それはとても貴重なベンガラを用いて作られています。
器を華やかに彩るベンガラの赤は、千日かけてゆっくりと丁寧に擦り続け3年で完成する絵の具で、焼成後は滑らかで深い赤い色となります。時間をかけて擦れば擦るほど美しい赤色になると言われ、昭和初期から貴重なものとして「幻のベンガラ」といわれていました。
そして、その年月をかけて生み出された赤色は、さらに使うことで、より美しく鮮明な赤への育ちます。

蔵珍窯(ぞうほうがま)は、この赤色を貫入の技法により器に施しています。
貫入とは、陶器や磁器を焼く時に、陶土と釉薬の収縮率の差によって生じる表面(釉薬)の細かにヒビ状のもので、2種類の貫入があります。窯出し直後、窯出し後冷ました際に入る「直接貫入」と、時間を経て自然と発生する「経年貫入」です。貫入の入った器は、長年大切に使われたことを感じさせる独特の風合いでもあります。

昭和45年に開業の蔵珍窯(ぞうほうがま)。人間国宝の師匠に学び修行時代を経て、開業から陶磁器のデザインで最高賞を受賞、重要文化財文化財の写しの製作を美術館より請け負うなど、センスと技術の高さが注目されています。その後、岐阜県神社庁御用窯に指定される信頼と安定ある製品づくりで今に至ります。

食卓を彩り、豊かにさせてくれる蔵珍窯(ぞうほうがま)の器は、日々の暮らしの中にゆったりと流れる時間とそこから生まれる味わいと美しさを教えてくれるようです。

こだわり抜いた朱の色と、一点ものに近い自然が創りだす模様、質感を楽しみください。

朱貫入飯碗 大
   

 

  • 朱貫入飯碗 大
  • 貫入アップ
  • 内側
  • 底面
  • サイズ感
  • イメージ
サイズ 横約11.6×高さ7(cm)
重量 約200g
容量 約350ml
素材 陶器
生産地 岐阜県多治見市
箱有無

特徴

  • ◇赤貫入の器は、お客様の手により時を重ね、味わい深い色に育っていきます。
    ◇蔵珍窯(ぞうほうがま)のベンガラは、現在生産されていないため市場に出回っておりません。そのため大変に希少価値が高く、まぼろしの紅柄となっています。

注意事項

  • ◇貫入とヒビとは異なります。表面をなでるように触って、引っかかりがなければ、製品の特性となります。
    ◇焼き物は、大きさや色味、形が若干異なったり、個体差があります。
    量産品に無い、温かみのある風合いを楽しみたい方におすすめの商品となります。

ブランド紹介

蔵珍窯(ぞうほうがま)

蔵珍窯(ぞうほうがま)

蔵珍窯(ぞうほうがま)は昭和45年に開業。人間国宝の師匠に学んできた修行時代を経て、開業から陶磁器のデザインで最高賞を受賞、重要文化財文化財の写しの製作を美術館より請け負うなど、センスと技術の高さが注目されています。その後、岐阜県神社庁御用窯に指定される信頼と安定ある製品づくりで今に至ります。
蔵珍窯(ぞうほうがま)を含む美濃焼は、岐阜県東美濃地方で生産される多種多様な焼き物を総称しますが、1300年の歴史があり、食器類の生産が全国シェアの約60%を占め、日本のやきものの代表と言えます。
どこの家庭にも当たり前に存在し、今も昔も日本の食卓に欠かせない器が美濃焼です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
朱貫入飯碗 大

朱貫入飯碗 大

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥3,240(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

朱貫入飯碗 大には、他にもこんな仲間がいます。

閉じる