12/25まで、送料無料です(一部地域除きます)
LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)

ポケットショール MARIA

ウール本来の色を生かしたナチュラルショール

寒い冬の季節に、恋しくなる厚手のマフラーやストール。大判で厚みがあるものは、肩掛けにしても膝掛けにしてもあったかくて、天然繊維・ウールの素晴らしさを実感します。サッと羽織れて、ポカポカ暖かいLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)のポケットショールは、冬に欠かせない必需品になり得る使い勝手の良さがあります。

北欧の冬の定番

冬の室内で過ごす夜や休日、お風呂上がりの就寝前のリラックスタイム。アウターを羽織るほどでもない日中のお出かけ、車での外出など、あらゆるシーンで便利なLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)のポケットショール MARIA。

ホワッとした厚みはあるものの軽くて暖かい、左右に大きなポケットを付けた羽織れる一枚は、ちょっとの距離のお出かけに、上着の代役になる優れものです。肩から掛けると、背中をしっかり覆って暖かいのはもちろんのこと、首にかかる端を襟のように折って羽織っても大人っぽい雰囲気でまた素敵。真冬にはアウターの上に重ねて羽織ってお使いいただけますので、冬中重宝します。もちろん折りたたんで膝掛けとしても良いですし、リビングに、オフィスに、ベッドルームに、車用にとあるととても便利です。また、左右についたポケットはたっぷりの大きさで手袋なしでも手をしっかりと暖めてくれ、ちょっとそこまでのご近所へのお出かけにはお財布も入りますよ。いつでも手に取れる場所に置いて、朝のお見送りの時に、コートを着るまでもない日中のお散歩用に、仕事場のブランケット代わりに、ぐっと冷え込んだ日の夜の読書の相棒に、さっと羽織ってみてはいかがでしょうか。

ウール本来の色が楽しめるMARIAは、北欧らしいデザインで、日々の暮らしに彩りを添えてくれます。おしゃれな上に使って分かる、日常に重宝する便利さは、大切な友人に贈ってこっそり教えたい冬の秘密兵器です。

ウールの暖かさ

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)のポケットショールは、ウールやカシミヤなどと比べると少々ゴワゴワとした手触りですが、この厚手のざっくり感が普段遣いのしやすさの秘訣。日々使うものだから、丈夫さ、保温性、暖かさ全てを兼ね備えているのです。厚手というと重さが気になりそうですが、LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)の場合、ふわふわとさせた表面が暖かさを作り出していますので、単なる目を詰めた重いウール織物とは異なる軽さが特徴です。

「ラプアの織り手たち」

「ラプアの織り手たち」を意味するLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)。 その歴史は今から約100年前。フィンランドの北西部にある人口15,000人ほどの小さな町、ラプアで誕生しました。ラプアは昔から小さな町工場がたくさんあり、木工、テキスタイルなどの手仕事が盛んな地域でした。 当時は貧しく、物資のない時代。一般家庭で毛糸や麻が作られていたその時代に、 創業者の曾祖父、ユホ・アンナラが廃材と自分で紡いだ毛糸でフェルトブーツを生産し始めたのが始まりのきっかけです。 その後の1973年、織物工場からテキスタイル会社としてのLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)が設立されました。

ハイクオリティな天然素材にこだわった上質なテキスタイルを、熟練したスタッフたちの手によって、ショールやブランケット、湯たんぽなどのウールアイテムやリネンアイテムを作るLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)。大切な人への記念日の贈りものや、クリスマスのプレゼントにもお選びください。

BROWNWHITE
   

 

  • BROWNWHITE
  • BROWNWHITE
  • BROWNWHITE
  • BROWNWHITE
  • BROWNWHITE
  • GREYWHITE
  • GREYWHITE
  • GREYWHITE
  • GREYWHITE
  • GREYWHITE
  • GREYWHITE
サイズ 幅約60×長さ180(cm)
重量 約498g
素材 ウール100%
生産国 リトアニア

お手入れ方法

  • ◇お洗濯する場合はたっぷりの水に中性洗剤をよく溶かし、さっと洗ってすすいだ後、軽く絞り、風通しの良い場所で干してください。
    ◇ウール特有の匂いを感じる場合は、風通しの良い場所で数時間干してからご使用ください。

ブランド紹介

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)

LAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)

「ラプアの織り手たち」を意味するLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)。
その歴史は今から約100年前。フィンランドの北西部にある人口15,000人ほどの小さな町、ラプアで誕生しました。ラプアは昔から小さな町工場がたくさんあり、木工、テキスタイルなどの手仕事が盛んな地域でした。
当時は貧しく、物資のない時代。一般家庭で毛糸や麻が作られていたその時代に、 創業者の曾祖父、ユホ・アンナラが廃材と自分で紡いだ毛糸でフェルトブーツを生産し始めたのが始まりのきっかけです。
その後の1973年、織物工場からテキスタイル会社としてのLAPUAN KANKURIT(ラプアンカンクリ)が設立されました。

商品 価格(税込) 在庫 個数
ポケットショール MARIA

ポケットショール MARIA(BROWNWHITE)

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥10,800(税込)

入荷待ち

入荷連絡メールを希望する 入荷連絡メールを希望する

ポケットショール MARIA

ポケットショール MARIA(GREYWHITE)

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥10,800(税込)

販売終了

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる