メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

 

仕事にレジャーにワークアウトに。SANDQVISTのトート・リュックが使える理由。

 

 

持続性を重視する、SANDQVIST(サンドクヴィスト)

 

スウェーデンのストックホルムに拠点を置く、SANDQVIST (サンドクヴィスト)。2004年に設立されたバッグ専門のブランドです。 日常的に長く愛されるような、スタイルを持ちながらも機能性のあるバッグの製作を得意としています。

 

SANDQVIST (サンドクヴィスト)のデザイナーはスウェーデンの大自然に影響を受け、自然とともに暮らす日常の中において使いたいバッグ、使いやすいバッグを求めるのだと言います。

 

 

"Our ambition is to make long-lasting and sustainable products.”

ー 私たちの願いは、長く使える、そして持続性のある製品を生み出すことだ。

 

とあるように、バッグ作りにおける環境意識も高く、使用する素材の厳しい選定はもちろん、その生産過程においても情報開示と透明性の確保、作り手の労働環境を監査するなどしています。

Sustainability report(持続可能性のためのレポート)として毎年、ブランドの取り組みや使用した素材についての開示、そして次の年に向けどう展開していくか、という指針をホームページで公開する徹底ぶりです。

 

そんなSANDQVIST (サンドクヴィスト)のバッグたち、今回はトートバッグとリュックの3型をご紹介します。素材や色づかいの面白さ、そして使用シーンを想定した独自の機能性など、ブランドが大切にしている使いやすさを調査しました。 

 

リュック STIG

 

 

From Work to Work out,「トートバッグHELLEN」・「トートバッグTHEA」

 

トートバッグ HELLEN

トートバッグHELLEN

 

トートバッグ THEA

トートバッグTHEA

 

コンセプトはFrom Work to Work out、つまり「仕事もワークアウトも」。

ボストンバッグのような大きめのトートバッグ HELLEN、そして一回り小さいトートバッグ THEA。使用している素材は同じで、薄くて軽いリサイクルナイロンツイルという生地。少しシャカシャカした肌触りで、ツヤがあり上品な印象なので仕事用のバッグとして使ったり、コンセプト通り仕事帰りにジムに行くバッグとしてぜひ使ってください。

 

トートバッグ THEA

 

トートバッグ THEA

 

HELLENもTHEAも、バッグ前面には丸めたヨガマットを挟めるポケットが付いています。ヨガに行く時に、ヨガマットをバッグとは別に持たなくていいので、便利ですよ。また、このポケット、ヨガマットだけでなく移動中に読んでいる雑誌を挟んだり、脱いだジャケットやカーディガンの一時収納場所としても機能してくれます。

 

トートバッグ HELLEN

トートバッグHELLEN。スリーブにヨガマットを挟んでジムに。

 

トートバッグ THEA

 

ジム通いを後押しする機能はもう一つ。巾着型のドライバッグが付属しているので、トレーニングのためのスニーカーを入れておいたり、ワークアウト後に濡れたウェアやタオルを入れれば、バッグの中が濡れることなく持ち帰れますね。

 

気になる容量はどのくらい?

 

トートバッグ HELLEN:約28L

トートバッグ THEA:約24L

 

トートバッグ THEAに荷物を詰めて、どのくらい入るのか検証してみました。

仕事に行って、その帰りにジムに寄る、という想定で荷物を選びましたよ。

 

トートバッグ THEA

 

入れたもの:ノートパソコン(13インチ)、A4書類ケース、ペンケース、ノート、長財布、名刺入れ、ヘッドフォン、ウェア上下、フェイスタオル、スニーカー

 

素材:リサイクルナイロンツイル生地、レザー

仕様

 外側:オープンポケット×2・ヨガマット用スリーブポケット×1

 内側:クッション入り13インチPC用ポケット×1・ジップ付き吊りポケット×1・小物用ポケット×2

 

左右のベルトを開くとバッグ上部のマチが広がるので、想像以上にものが入ります。バッグ自体の素材が薄く軽いので中にたくさん入れても全体がさほど重くならないことが良いですね。生地が薄いとは言っても、二重になっているので安心感があります。

1泊2日(荷物が少ない方なら2泊3日も)の旅行もOKのサイズです。

 

 

 

ブランドのアイコン、クラシックデザインの「リュック STIG」

 

リュック STIG

 

 

容量:14L

素材:オーガニックコットン65%、リサイクルポリエステル35%、レザー

仕様:クッション入り13インチPC用ポケット×1・ジップ付き吊りポケット×1・深めのオープンポケット×1

 

18オンスの厚手オーガニックコットンキャンバスに、フラップから垂れるレザーベルトをポイント使いすることでカジュアル感が薄まった大人向けのリュックです。

すとん、とした寸胴型で荷物がたくさん入ります。

 

リュック STIG

 

リュック STIG

 

こうした縦長で上部しか開かない(横から開かない)タイプのリュックは、縦にさすように荷物を入れていくと互いに固定され、特にこのSTIGは厚手で硬めのキャンバス生地を使っているのでバッグ自体が力なくへたることなく、バッグの中身がごちゃごちゃになりにくいという良さがあります。

 

気になる容量はどのくらい?

こちらも、どのくらい入るのか検証しましょう。

 

リュック STIG

 

入れたもの:ノートパソコン(13インチ)、メガネ、筆箱、Tシャツ、薄手のパーカー、スニーカー、大きめのポーチ

 

 

たっぷり入ってがばっと見える、バケツ型「リュック GITA」

 

リュック GITA

 

リュック GITA

 

容量:19L

素材:オーガニックコットン100%、レザー

仕様:13インチPC用ポケット×1(クッション無し)・ジップ付きポケット×1・小物用ポケット×2

 

バケツ型で荷物をとにかくポンポン詰め込みたい人向けです。バッグ開口部はフラップ無しで紐で絞る巾着型なので、フラップを開けるのが面倒な方におすすめ。バッグ下部は丈夫なレザー使いで、キャンバスとレザー両方の素材を楽しむことが出来ます。

マチがたっぷりの半円型なのでお弁当の持ち運びも安心ですね。

 

気になる容量はどのくらい?

1泊2日の旅行の想定で詰めました。

 

リュック GITA

 

入れたもの:1泊分の着替え、洗面道具、小ポーチ、サブバッグ、ヘッドフォン、サングラス、A4サイズ書類ケース

 

巾着型でバッグ上部が絞られるタイプですが、特に容量不足は感じませんでした。

リュックSTIGと違い、こちらのGITAはバッグを絞る紐とギャザーが寄っていく部分が両方ともレザーなので、最初は固く感じるかもしれません。ですがだんだんと馴染んでいき、扱いもしやすく変化していく様も楽しんでください。 

 

リュック GITA

 

 

バッグのお手入れと扱い

 

【レザー】

・水に濡れたら、すぐに拭いて自然乾燥させてください。(ドライヤーで乾かすと過度に乾燥してしまうので避けてください。)

 

・定期的に革用のクリームで保湿してください。汚れを落とし、保湿されるだけでなく革が馴染んで扱いやすくなってきます。

 

 

【コットンキャンバス】

・キャンバス生地は使用するうちに、摩擦や紫外線によって色が変わってきます。デニムを育てるのと同じように、キャンバスバッグの経年変化も楽しんでください。

 

・汚れてしまった場合は、濡らしたスポンジと石鹸で優しく落としてください(漂白剤使用不可)。強くこすると染みになってしまう可能性があるので、ご注意くださいね。

 

・布用の防水スプレーをかけておくと、水だけでなく汚れに対しての予防にもなりますのでおすすめです。 

 

 

リュック STIG

 

 

▼SANDQVIST(サンドクヴィスト)のリュック・トート・ハンドバッグ一覧はこちらから

SANDQVIST(サンドクヴィスト)ブランドページ

投稿者: 丸山 日時: 2019年07月24日 11:00 | permalink

閉じる