メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

 

雨の日もおしゃれなバレエシューズ。ショセのTRAVEL SHOES バレエシューズ レイン を履き比べてみました。

 

梅雨の時期にZUTTOでお客様によく選んでいただく、chausser(ショセ)のトラベルシューズシリーズ。レースアップタイプ、ヒール付きレースアップ、ストラップシューズと、様々な種類をご紹介していますが、中でも人気が高いバレエシューズタイプが今回の主役です。

 

「雨の日も大丈夫なレザーシューズに惹かれるんですが、バレエシューズって歩きにくくないですか?」

 

お客様からそんなお問い合わせをいただくこともあります。バレエシューズというカテゴリーだけで見ると、イエスともノーとも言えないのが現実。靴によっては足幅が平均よりもある方だと横の部分が痛くなってしまったり、底の薄さで疲れやすくなったり、どうもサイズが合わずにカパカパと脱げてきてしまったりします。本革以外のものだとなかなか足に馴染まなくて靴擦れしてしまったり、痛い思いをすることもしばしばです。

 

それでも「歩きやすくて便利で、良い靴ですよ」とおすすめできるのが今回のTRAVEL SHOES バレエシューズ レイン 。まずはこのバレエシューズの特徴から見ていきましょう。

 

 

TRAVEL SHOESって?

 

今回ご紹介するTRAVEL SHOESシリーズは、れっきとしたレザーシューズなのに雨の日に履いてもOK。なぜレザーシューズにも関わらず雨に強いかというと、革の加工に秘密があります。革の染色時にフッ素樹脂を繊維自体に絡ませることで強度と防水性を強めながら、表面にも防水加工を施しています。水を弾く一方で、空気は通すため、通気性も保ってくれます。ラバータイプのレインシューズでは暑い時期の雨の日は靴の中がむしむししてしまうこともありますが、このトラベルシューズシリーズではそれが大幅に軽減されます。

 

 

雨の日も履けるからといって、ゴム素材のレインシューズのような素材感ではなく、外から見た様子は本革レザーそのもの。少しマットなレザーで、まさかこのバレエシューズが雨を弾いてくれるとは思えないほどの上質さです。

 

 

アウトソールには耐久力のあるヴィブラムソールを使用しており、高い耐久性・グリップ性を誇ります。chausser(ショセ)のTRAVEL SHOESはヴィブラムの中でもグリップ性の高い配合である「ICETREK」というソールを採用。氷点下でも柔軟性を保ち、凍結した地表でも優れたグリップ力を発揮します。他の靴と比べてバレエシューズは底が薄いことが多いので、グリップ性の高いソールが使われていることで、歩きやすさがぐっと上がります。

 

 

レインシューズを探している方や、今までバレエシューズが足に合わず諦めてしまった方にもぜひ一度トライしてみていただきたいアイテムですが、サイズの合わせ方が難しいというお問い合わせもちらほらいただきます。そこで、スタッフがバレエシューズを試着してみて、どのサイズがぴったりか?をレビューしてみました。

 

 

バレエシューズ、どのサイズを選ぶ?

 

今回ショセのバレエシューズを試着したのはこの3名。身長も足のサイズもバラバラの3人ですが、どのサイズを選んだのか見ていきましょう。

 

 

 

スタッフO 身長152cm

普段のスニーカー:22.5〜23cm

普段のパンプス:23cm

甲の高さ:普通

足幅:やや広め

 

選んだサイズ:37(23.5cm)

 

足幅が少し広めなので、パンプスの0.5cm上の37(23.5cm)がぴったりでした。スニーカーだと22.5cmでぴったりのこともあるんですが、足先が細くなっているタイプだときつく感じてしまうので、0.5cm上で正解でした。素足・ストッキングで履くならこの37サイズですが、靴下をあわせて履くならもう一個上のサイズでも良いかもしれません。

 

「パイピングが新鮮で、真っ白のバレエシューズより使いやすい気がします!」

 

 

スタッフK 身長162cm

普段のスニーカー:23.5-24cm

普段のパンプス:23.5cm

甲の高さ:普通

足幅:やや広め

 

選んだサイズ:40(25cm)

 

普段パンプスを履くと、履き口に指が当たって痛く感じたり、圧迫感があって履けなくなってしまうことがあるんですが、40サイズだと私と同じようなお悩みがある方でも履いていただけると思います。ソックスでも履きたいので、普段のパンプスより2サイズ上(1cm上)のサイズになりましたが、甲の部分が深いことと、インソールが多少クッション性があるので問題なく履けています。ちょっと歩いてみると足に吸い付くような履き心地で、踵もパカパカせず、とても歩きやすいです!

 

「オニールオブダブリンのリネンスカートと合わせると夏らしくて可愛いです!」

 

 

スタッフT 身長167cm

普段のスニーカー:23.5-24cm

普段のパンプス:23.5cm

甲の高さ:普通

足幅:普通

 

選んだサイズ:38(24cm)

 

足幅は普通(ちょっと細いくらい?)なので、普段のサイズ感でちょうど良い履き心地で、普段選ぶパンプスサイズの37(23.5cm)だときつく感じました。パンプスやよくあるバレエシューズとは違って、インソールがしっかりしているので、幅広でない人は大きめのスニーカーサイズで選ぶのが良いかもしれません。個人的にはゆったりしているなと感じたので、気になるときはリボンで履き口を調整したり、ソックスを履いたりされるのが良いのかなと思いました。

 

「疲れてしまいがちなバレエシューズですが、これなら歩きやすいですね」

 

 

【試着してみて】

今回サイズを合わせてみて、3人から出たのは「パカパカしないためにぴったりめに履けるようになっている」ということ。自分の足幅が少し広いかな?と感じる方は、普段選ぶスニーカーサイズの0.5cm上を選ぶのが良さそうです。トラベルシューズのインソールは、裸足に近い状態で履いても柔らかく疲れにくい仕様になっており、パンプスや他のバレエシューズよりも、スニーカーサイズで選んだ方がサイズが合う確率が高かったです。逆に足幅が細め〜普通の方は、パカパカしてしまう可能性があるので、普段のスニーカーサイズで選ばれるのが良いとのこと。レザーなのである程度は足に馴染みますので、つま先が丸まったり、きつくて歩けないという方以外はぴったりめで履くのがおすすめです。

 

 

 

今回履いたモデル:TRAVEL SHOES バレエシューズ レイン WH/NY

 

ネイビーのパイピングが可愛い、TRAVEL SHOES バレエシューズ レイン WH/NY。靴だけ見ると一見上級者向けかな?と思ったスタッフもいたようですが、服に合わせてみると真っ白の靴よりも服に合わせやすく、使いやすいという印象を持ったようです。特に黒やネイビーの服が多い方で、足元は明るくしたいなと思われる方にはおすすめ。グレーのパイピングのタイプも履きやすくて重宝しているというご意見もいただきました。シルバーも色を選ばなくて素敵です。

 

どれも人気の色で、再入荷のたびに売り切れています。

 

TRAVEL SHOES バレエシューズ レイン BL

 

実際に試着してみて、見た目の可愛らしさだけでなくその良さを改めて実感したスタッフたち。「本革レザーなのに雨の日にも履ける」という点がフォーカスされますが、水に強いということは汚れにも強いということ。特に汚れが気になる白い靴でも、そこまで気にすることなく歩けるのが嬉しいですね。実際にブランドの方にお話を聞いてみると、白いトラベルシューズを履いていた時に付いてしまったオイル汚れもクリーナーで綺麗に取れて感動したというエピソードも出てきました。傷や擦れは普通の革と一緒ですが、汚れへの強さは晴雨ともに嬉しい仕様です。

 

現在取り扱っているのは、全4色。スタッフの着用レビューを参考に、ぜひぴったりの一足を探してください。サイズが合わなかった場合も試着のみでしたら返品・交換は可能ですので、お気軽にお試しいただきたいです。(在庫がない場合は交換ではなく返品になる可能性がございます。)

 

ブラック

 

シルバー

 

ホワイト×グレー

 

ホワイト×ネイビー

 

投稿者: 村上 日時: 2019年06月29日 12:00 | permalink

閉じる