メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

比べる3人の使い心地。CHANTECLAIR「リバーシブルショートスリーブ」編

 

異なる人物が同じものを使った場合の使い心地をご紹介する、比べる使い心地シリーズ。今回はシャリ感のある生地が涼しげなCHANTECLAIR (シャントクレール)のリバーシブルショートスリーブです。

 

世にあまたモノが溢れる時代、何を着るか何を持つかは自由ですが、その中で同じモノを選び取るには理由があるはず。今回取り上げる【リバーシブルショートスリーブ】は、1973年にフランス・シャンパーニュ地方近くの小さな村、サン・プアンジュで創業したCHANTECLAIR (シャントクレール)のもので、その中でも日本人に合うように日本企画で作られた一着。首まわりがクルーネック、Vネックとリバーシブルに着ていただける一枚です。ZUTTOには愛用者が3名。普段のコーディネートも三者三様、その人らしさが覗えました。

 

異なる3人が、同じトップスを選んだ理由

今回の使い手は3名。

 

企画担当M:

選んだカラーは【BLANC(白)】、愛用歴4ヶ月。別注品の企画や運営全般を担当。スカートもパンツも半々くらいの割合で着る。着心地の良い服が好き。

 

受注会/SNS担当S:

選んだカラーは【GRIS CHINE(グレー)】、愛用歴5ヶ月。お客様対応の全般を担当しながら、受注会やSNS更新を担当。買い物は決まったショップに行かず、色々な洋服を試すことが好き。

 

メルマガ/アプリ担当T:

選んだカラーは【NOIR(黒)】、愛用歴3ヶ月。メールマガジンやアプリ更新を担当。普段、スカートはほとんど履かずパンツ派。シンプルな服装が好き。

 

―今回は3名とも、選んだ色もバラバラで個性が感じられますね。
ZUTTOでも様々なブランドを取り扱っているTシャツの中から、このリバーシブルショートスリーブを選んだ理由を教えてください。

 

M:実はこの形、昨シーズンから続いているものなんですよね。昨年の仕様はクルーネックのみの形で、リバーシブルではなかったのですが。昨年取り扱いが始まった際に撮影でたまたまこれを着ることがあって、普通のTシャツと違って上品な感じだったのが気になっていました。昨年は結局購入には至りませんでしたが、今年新しくリバーシブルが入ってきたタイミングで購入しました。

 

上:クルーネック、下:Vネック

 

S:私も昨年から気になってました!比較的早くに売り切れ、購入できず。なので今年入荷してきたとき、すぐに買いました。

もともと腕のでるノースリーブのお洋服って着るのに抵抗がありましたが、やっぱり暑いことからは逃れられなかったです(笑)。あと袖がないだけで涼しげなんですよね。去年の猛暑が堪えまして……見た印象で涼しそうな服が欲しかったんです。

 

T:分かります。今年は梅雨が長いな、なんて思っていたら急に夏本番の暑さが来てしまって、体がなかなか追いつかないです…。私は、形が絶妙なバランスのトップスだなと思い、一目惚れに近かったです。上品なんだけど、カジュアルさもあって。気になる二の腕部分がちょうど見えないのも嬉しいです。あと、この生地のシャリ感が他になくて好きですね。

 

―良質なコットン生地を使っている、CHANTECLAIR (シャントクレール)ならではの特徴かも。

 

S:私も手触りはとても好きです!きっとこの3人、みんな共通して好きそう。

 

 

M:そうそう、良いですよね。あと、厚手でこの形ってあんまりないんですよ。私の場合、BLANC(白)を選んだのもこの生地だったから。

 

白ってインナーが透けやすいのでなかなか選び辛くて。ただこのリバーシブルショートスリーブは、厚手なので透けにくいんです。もちろん、全く透けないというわけではないですが、あんまりインナーを気にしなくて良いのは助かっています。

 

―色と生地、別々の視点のようで、意外と関係しますね。

 

T:私もこの生地だからNOIR(黒)がいいなと思いました。

 

薄手のコットンTシャツは持っていますが、黒が地の色で、表面がなめらかすぎると白い繊維とかがついて少し目立つんですよね。薄手のももちろん好きなんですけど、このリバーシブルショートスリーブは良い意味でざらっとしているので、繊維も払えばすぐに落ちそうだし、そもそもそこまで気にならなそうだなと思って買いました。

 

M:それぞれ理由が違って面白いですね。私もこの生地だからGRIS CHINE(グレー)にしました。白、黒のTシャツはそれぞれ持っていましたがグレーって持っていなくて。ただ汗をかいたときに目立ちやすいから少し敬遠していたです。でもこれは厚手だし、形として脇にもくっつくこともなくて着やすそうだなと。あと、なんとなく汗もすぐに乾く気がします。

 

 


コーディネートで見る、3人の違い

―3人とも、普段の服装のテイストも異なりますよね。実際のコーディネートを見せてください。

 

M:私はハイウエストのスカートと合わせることが多いです。

身長:158cm/着用:BLANC

スカート:ロングスウィングスカート(CLAY RED)、サンダル:ビーズトングサンダル 0950 OLMO、バッグ:ショルダーバッグ LOTO(Natural)

 

スカート:hatsutoki×ZUTTO 雨のドビー スカート(Khaki)、サンダル:レザーサンダル チョコ、バッグ:【別注】3WAY WALLET BAG(BLACK)、バングル:LADIES バングル STUDEBAKER BROAD CUFF 1INCH POLISHED(SILVER-S)、ネックレス:ネックレス 1704

 

ボリュームのあるパンツと合わせることもありますが、基本はふんわりしたシルエットのスカートとが多いです。ボトムスにインすることが多いですが、ウエストの位置を高くして履いても、腰で履いてもインしやすいなと思います。生地にハリがあるからなのかな。あとは、前だけインしたい、とか全部インしたい、など合わせるアイテムによって同じインでも変えているかも。どんな形でも違和感なく着られますね。

 

S:私は太めのパンツに合わせることが多いです。デニムとか。インするのにちょうど良いハリ感ですよね。

身長:165cm/着用:GRIS CHINE

パンツ:CTX-010L 12オンス セルヴィッチ ストレート ジーンズ(ID L)、スニーカー:デッキシューズ L011/M014 WHITE、バッグ:PLENTY TOTE/S(RED)

 

あと自分でもびっくりしたのが、意外とVネックでも着やすくて、頻繁に着ていること。元々Vネックは苦手意識があったんですけど、なんとなくVネックを選ぶのが多いのは着てみて発見しました。

パンツ:ライトリネンツイル ペンギンパンツ(VINTAGE WHITE)、サンダル:レザーサンダル チョコ、ネックレス:【別注】白蝶貝ペンダント(橙色)

 

T:Vネックとクルーネックとで印象変わりますよね。私はSさんと同じパンツ派ですが、シンプルな服装が好きなので、スリムなデニムと合わせて小物を色々選んで楽しむこともありますね。とてもシンプルなトップスなのでアクセサリーが良く映えるし。少し個性的なネックレスとも違和感なく馴染んでくれて。

身長:157cm/着用:NOIR

パンツ:ウィメンズ ST.SLIM 5P 28color パンツ(5)、サンダル:レザーサンダル チョコ、バッグ:PETIT PANIER XS(GALET※販売終了カラー)、ネックレス:ドラジェ・コンビネーションネックレス(ソーダベージュ)

 

あとは少し綺麗めなスタイルでも合うなと思っています。上品さがありますし、NOIRだとよりシックな感じになって何でも合わせやすくて重宝しています。

 

パンツ:テーパード ファティーグパンツ(KHAKI)、バッグ:【別注】あけびのかご 小出し編み レザーショルダー付、パンプス:スタッフ私物(gaimo)、バングル:スネークデザイン バングル/196(IVORY)


愛用者同士でこっそり聞きたい、「これってどうしてますか?」

 

①クルーネックとVネック、どう使い分けている?

 

S:さっきもちらっとお話しましたが、その日にしたい髪型で決めているかも。個人的に髪を下ろすときはVネック、まとめてアップにしたいときは首のつまったクルーネックの方を着ています。元々首のつまった服が好きだったんですけど、このVネックはなだらかなVネックなので、着やすいんですよね。

 

T:髪型で決めるの、印象も更に変わっていいですね!私はVネックと言うと綺麗めな上品な印象があるので、ちょっときちんとした格好をしたい日はVネックの方を選びます。ボトムスも比較的なんでも合うので、いつもよりちょっと贅沢なレストランに行くときや、美術館など少しフォーマルな服装をしたいときはクルーネック、普段はクルーネック、という住み分けですかね。

 

M:なるほど。私はその日つけたいネックレスの長さで変えているかも。

 

S:首まわりの印象っていう意味では髪型を変えるのと少し近いかもしれないですね。

 

M:そうですね。私はもともとネックレスをそこまでつける習慣がないのですが、このVネックの場合あんまり深くないから長めのネックレスとも相性が良くて。コンパクトなタイプのネックレスならクルーネックの方が個人的に合うのかなと思っています。


②ボトムスにインかアウト、どう着ている?

 

M:私はインすることが多いですね。そもそもあんまりトップスを全部出す、ということがないかも。

 

S:私もイン派ですね。

 

T:同じくです。でもシンプルなスキニーデニムと合わせるときなどは出して、ネックレスやバングルなどでメリハリをつけるのも好きです。ハリのある生地で、腰のところでくしゅくしゅ、とさせることも出来るので、変にストンとなりすぎないというか。動いていたら落ちてはきますけど、気がついたときに地味に直したりしています(笑)。

 

 

S:トップスの長さが確かにちょうど良いですよね。インも出来るし、インしなくても自然に見えます。

 


③お洗濯で、何か気にしていることはありますか?

 

T:おしゃれ着は基本洗濯ネットに入れて洗っていますが、これは気兼ねなくお洗濯出来ますよね。手洗いはあまりしない方なので、気持ちが楽です。

 

S:私は個人的に手洗いも好きですが、これは洗濯機にお任せしています。

 

M:私も何度も洗濯機で洗っていますが、ハリは保たれている感じが嬉しいです。もちろん新品よりは柔らかくなってきますが、へたってこないというか。Tシャツってすぐ洗濯したいアイテムだから嬉しいですよね。来年の夏もきっと愛用していると思います。

 

 

◆ミニコラム:旅行にもおすすめ、コンパクトサイズ

スタッフの密かなおすすめポイントは、シワになりにくい上にコンパクトに畳めること。実際に畳んでサイズを確認してみましょう。

 

まず袖部分を中心に向かって折り畳み(②)→全長のおよそ3分の1くらいの長さに畳み(③)→最後にもう一度畳んで完成です(④)。

 

 

ほぼB6サイズのノートと比較すると、コンパクトさがよく分かりました。

 

厚地でハリがあるからシワになりにくいですし、広げるとスクエア型なので畳みやすいのです。コーディネートもしやすいので気楽に旅行鞄へ入れられます。実際にスタッフも旅行にはよく持っていくのだとか。それでもへたらないという安心感も嬉しいポイント。

 

3名とも好みのテイストや合わせ方はそれぞれでしたが、共通して特徴のあるさらっとした生地と、クルーネックとVネックというリバーシブルな点を重宝している様子。選んだカラーでも随分印象が異なりました。気がついたらもう1枚別の色を、なんてスタッフもでてきそうな、夏にこそ選びたいトップスです。

 

 

▶ 今回ご紹介したアイテム:リバーシブルショートスリーブ

 

フランスから届く、上質なカジュアル

1973年にフランス・シャンパーニュ地方近くの小さな村、サン・プアンジュに創業したCHANTECLAIR (シャントクレール)。創業以来品質の高いフランス製品を提供し続けているメーカーで、ニット生地の紳士服、婦人服、子供服の生産を専門とし、フランス製にこだわった高い品質のアイテムを提案しています。シャンパーニュ地方は、良質なコットンの産地でもある場所。今回ご紹介したリバーシブルショートスリーブのみならず、耐久性に優れていながら、肌触りの良さと通気性にも優れたアイテムが揃い、何年も着続けたいと思うウエアばかりです。

>> ブランドページはこちらから

 

 

 

>>「比べる二人の使い心地シリーズ」バックナンバー

▶︎PATRICK STEPHAN「3way レザーポシェト」編


▶︎大館工芸社「小判弁当箱」編

 

▶︎倉敷意匠「引き出しボックス」編

 

▶︎fog linenwork「リネンマッサージバスマット」編

 

▶Asahi「デッキシューズ」編

 

投稿者: ZUTTO編集部 日時: 2019年07月31日 11:00 | permalink

閉じる