メルマガ会員は、ずっと送料無料です(一部地域除きます)

夏の「冷え」を対策するには?

 

そろそろ梅雨も明け、じりじりと暑い日がやってきます。今回は一見そんな夏に似つかわしくない、「冷え」のお話。外が暑いと、何かと袖のないトップスや、さらりとした薄手のボトムス、涼やかに見えるリネン素材など、暑さを遠ざけることに重きを置かれることが多いですが、そんな中で実は「冷え」を感じている方も少なくないはずです。

 

 

夏に感じる寒さに参っていませんか?夏に冷えを感じる理由

 

夏に寒いと感じる理由を挙げるとするならば、物理的な室内の寒さと内側からの冷え性です。今年は不調を感じる前に対策しておきましょう。

 

物理的な室内の寒さ

「夏の寒さ」と聞くと「冷房」を一番に挙げる方が多いのではないでしょうか。冷房のよく効いた室内に入り、汗が引いていくとともに、ぞくっとするような寒さを感じますよね。外と室内の温度差があればあるほど、その温度差に慣れるまでに時間がかかります。オフィスにおいても外出から帰ってくる人のために冷房を強めに設定していることも多いようで、内勤の方は羽織ものを用意して、対策をされている人も多いです。

 

内側からの冷え・冷え性

夏の冷え性は、冬のそれと違い、「内臓の冷え」が密接に関係するといいます。身体の内側から感じる冷えは、食生活や運動不足、ストレスなど原因は多岐に渡りますが、特に内臓を冷やしてしまうことで身体を冷やし、体調を崩してしまいます。自律神経の働きも乱れ、いわゆる「夏バテ」の症状になることも。内臓が冷えていることは、鳥肌が立つような冷えと異なり、気づきにくい部分もあるため、注意する必要があります。

せいろで作ったほかほかの料理

 

 

物理的な寒さを対策する

 

冷房の効いたオフィスでの対策

冷たい空気は足元に溜まりやすいです。スカートやワンピースを着ることが多い方は特にインナーに気をつけると良いです。素材はさらっとしているのに身体を冷やさないウールシルクで、足元は冷えにくいしっかりしたスリッパを選んでみてはいかがでしょうか。

 

▽ウールシルク レギンス(D.BROWN×CREAM)

下半身が冷えてしまうロングワンピースの下に。このTamSilk(タムシルク)のレギンスはインナーウエアらしからぬカジュアルでおしゃれなボーダーのウールシルクレギンスです。ウールと言っても調湿性があり、匂いも発生しにくいので夏にもおすすめの素材です。

 

▽ウール・シルクショーツ

季節問わず多くの方に選ばれているjoha(ヨハ)のインナー。特にお尻から太ももにフィットして、冷えやすい下半身を温めてくれます。膝丈のスカートの下に履くならショーツタイプが便利です。

 

 

▽Haflinger(ハフリンガー)のウールスリッパ

冷房などで冷気が溜まる床から離れるように、底面がしっかりしているスリッパが冷え対策にはおすすめ。例えばこのHaflingerのスリッパは一年中使えるしっかりしたスリッパ。ウールは匂いを抑える効果もあり、裸足で履いても湿気がこもりにくいです。冷房が控えめなお部屋だったり、外回りで汗をかきやすい方は、じゃぶじゃぶ洗えるリネンのスリッパを選ぶのが良いですよ。

 

さらに、一年中使えるブランケットを常備しておくのも良いです。特に便利なのが、Silkeborg Plaids(シルケボー プレード)の裏地がリネンになったウールブランケット。

 

▽【別注】ブランケットDANAJA 0155 with linen

 

落ち着いた色味とデザインのブランケットです。いくら冷房がきついからといって、夏にウールのブランケットを使っているのは周りから見ても暑いのでは?と心配になりますが、これならリネンの面を面にして膝にかければ見た目の暑さは軽減されますね。上質なウールを使っているので、もちろん真冬にも使える優秀なアイテムです。

 

 

外と室内の温度差の対策

 

少し外にお昼を買いに出ただけなのに、室内の冷房が効きすぎて寒い。電車の中で冷房が効きすぎているが、降りるに降りられない。汗が冷えて、ぶるっと震えるような寒さを感じることもありますよね。

 

▽虹色ガーゼハンカチ7枚セット

汗をかいていて、必要以上に冷えてしまいそうな時は、まず汗を拭きますよね。コットンのふわふわタオルも良いですが、この季節におすすめなのはガーゼタオル。汗をよく吸ってくれる、夏の必需品です。

 

洗濯を重ねるたびに柔らかくなるガーゼのハンカチは、軽く押さえるだけで水分を吸収してくれるので、顔の汗を拭き取る際に化粧崩れしにくいのが嬉しいところ。一箱7枚入っているので、お友達と分けっこしたり、プチギフトとしても良いですよ。

 

▽リネン Vネックカーディガン

リネンVネックカーディガン

 

夏のカーディガンはさらりとしたリネンのアイテムがあると便利です。カーディガンは、普段のお洋服と違って週に何度も使うことが多いので、洗ってすぐに乾く素材であることは重要なポイント。MAJESTIC FILATURES (マジェスティック・フィラチュール)のリネンVネックカーディガンは細番手のリネンで繊細に編まれた編み地が特徴のカーディガン。贅沢な大人のカットソーとして人気の高いブランドで、夏のカーディガンは素肌に当たる面積が多いこともあり、上質なものを選ぶのが良いですよ。着まわししやすい色ですが、長く綺麗に愛用するには連続して使用しない方が良いので、色違いで何枚か持っておくと安心です。お洗濯すると程よく柔らかくなり、リネンではありますが、シワも気になりにくいです。

 

ストレッチリネンVネックカーディガン

 

 

食事での冷えを対策する

 

暑い日にはつい冷たい食べ物やアイスクリームを口にしてしまいますが、食べ過ぎは内臓を冷やしてしまうことに繋がります。

 

冷たいものを食べないようにする

食べ物からの栄養は私たちの身体を動かすエネルギーになりますが、これは体温の維持に役立てられています。しかしながら、消化器官に冷たいものが入ってくると、冷えた内臓を温めることに熱を使ってしまうというのです。夏にも常温の水や、温かい食事が良いとされているのはそのためです。

小回りのきく小さめのお鍋を一つ持っておくと安心。朝ごはんに少しだけお味噌汁をプラスしたり、夜ご飯に2人分のスープを作るのに便利です。重たいお鍋やフライパンはキッチンで幅を取りますし、夏はすぐにお料理がダメになってしまうので、少しだけプラスしたい時にOPAのクリーンなステンレス鍋があると、気軽にもう一品温かいものを足そうかな?という気分になれそうです。

 

 

薬味をたっぷり使った食事に変える

冷奴にはおろし生姜を乗せて、お醤油をたらり。素麺には、香り高いミョウガと大葉。食欲をそそる香りと風味をプラスしてくれる「薬味」は、夏バテが気になるこの季節に欠かせない、食卓の救世主。簡単に使えるチューブやパウチ入りの市販品もありますが、せっかくなら食材から用意して、フレッシュな風味を楽しみたいもの。

イメージ

 

大矢製作所で一番人気なのは大根もおろせるおろし金両面ですが、薬味を小気味よくおろせる薬味専用おろし金も人気です。

 

 

下町の職人が一つ一つ丁寧に作り上げたおろし金は、素材を一往復させるだけで驚くほど薬味がおろせます。気持ちよく使える暮らしの道具があると豊かな気持ちになりますね。

 

 

夏の冷えというものは、皆さん少しずつ感じていながらも、体調を崩すまでそれに気づかないことも多いもの。夏をめいいっぱい楽しむためにも、冷えに負けない生活を送りたいものですね。

 

 

▽おすすめのよみもの:夏の朝一時間を快適にする服と小物

投稿者: 村上 日時: 2019年07月20日 12:00 | permalink

閉じる