優しく包むワッフル素材、イタリアメイドのカットソー

素肌に気持ちのよいワッフル素材。

暖かい季節にはオンにもオフにも

着心地のよい素材を身に纏いたくなるものです。

 

イタリアのパドヴァの街から、

これからの季節を共に乗り切りたい

見た目にも着心地にも満足できるカットソーが

届きました。

 

全てイタリアの工場で一貫生産されていて、

「イタリアの伊達男は揺りかごから墓場まで

gicipi(ジチピ)とともに人生を歩む」

と言われるほどの認知度の持つこのブランドを

まずは歴史から紐解いてみましょう。

 

 

1948年北イタリアの街、パドヴァで生まれたブランド、

gicipi(ジチピ)。

インナーウエアを主に取り扱うブランドです。

ファッション関連の会社が多く、

名だたる世界ブランドを多く輩出してきたこの街で

gicipiは育ちました。

 

イタリアメイドといえども、

彼らは俗に言う〝陽気で人懐っこいイタリア人ではありません。

むしろ〝寡黙で実直〟。

多くを語らないひたむきな姿勢は、

日本人の美意識に通ずるものがあります。

 

 

ここは生地のニッティングから縫製、出荷まで

製造工程を全て自社で行っている、

今では貴重となった一貫工場。

 

 

始業5分前、一度目のサイレンが鳴ると、

静かな工場内に腕利きの工員たち総勢約80名が現れます。

各自が持ち場に着いたところで2回目のサイレン。

鳴り止むよりも先に、けたたましく甲高い機械音が鳴り響き、水蒸気が立ち上る。

今日も70年前と同じ一日が始まるのです。

 

設立当時から品質を管理するため、小規模な工場で生産しています。

そのため、イタリア国外にはあまり出回っていません。

イタリアの主要デパートやセレクトショップなどでも販売されていたりと

その上質さは国内でもお墨付きなのです。

 

 

創業以来こだわってきたものは、

〝天然素材〟と〝品質本位〟。

 

gicipiはブランドの特徴として

【生地の魅力】【品質の魅力】を挙げています。

そして高品質を追い求めるだけでなく、【適正な価格】で

提供出来るということがgicipiが

最も大切にしていることなのです。

 

・さらりとした肌触りの良い生地

 

汗の吸収・速乾性に優れたウエアと聞くと

機能性ウエアを思い浮かべる方も多いのでは。

gicipiのワッフル生地はニット生地と同じ様に編まれているので、

保温性を持ちながらも、ドライ感があります。

この生地は、自社工場で編みたてを行うため、

品質は変わらずに一定に守られています。

小さな凹凸があるワッフル素材は、肌に密着はしないものの、

適度なフィット感により、綺麗なシルエットを実現。

カシミアの様な滑らかな肌当たりで着心地の良さを実感できます。

 

・洗濯に負けにくい高品質

gicipi(ジチピ)では、生地を何度も洗いのテストにかけて、

縫製後のねじれを起こさないような製品生地を実現しています。

暖かい季節に何度もお洗濯にかけるうちに、

カットソーの形が崩れてしまう!という心配がありません。

ヨーロッパのメーカーの大半は、

生地の縫製のみを工場で受け持っていますが、

gicipiでは、生地のニッティング~縫製・洗いに至るまで

一貫して自社生産を行っているので、

適正な価格帯を実現しているのです。

 

 

カシミアのような滑らかな肌触り。職人気質の丁寧なものづくり。

こんなストーリーのあるウエアをインナーウエアやナイトウエアにだけ

しておくのは勿体ないですよね。

 

gicipiのウエアは、気取らないコンフォートスタイルを

作るのにぴったり。

 

1. お部屋でもお外でもリラックス

 

パンツ:裏毛 ワイドパンツ / ZUTTO

カットソー:ワッフルショートスリーブ(Nero)

 

例えば、ルームウエアとしても、ご近所にお出掛けに行くのにも

使えそうなスタイル。

 

旅行・帰省の長時間の移動にも、旅行先のカジュアル着としても

大活躍してくれそうです。

朝と夜の気温差が着になるときにはカーディガンがオススメ。

アンサンブルとしてセットで持っていると

朝や夜の肌寒い時期にも重宝します。

 

2.  いつものお洋服の着心地をアップデート

お気に入りのシャツはあるけれど、

汗ばむ季節にはどうも着心地が気になる。

機能性インナーウエアは持っているけれど、

おしゃれな気分の時のインナー選びに

いつも困ってしまう。

 

そんな方には、レースにうっとりしてしまう

コットン素材のキャミソールもご用意しています。

ふりふりと乙女心をくすぐるフラワーレースが胸元華やかな

gicipiのキャミソール。

お気に入りのカーディガンからレースをのぞかせるのも良いですし、

薄手のカットソーのインナーウエアとしても。

洗い替え用に何枚も揃える方も多いとか。

 

コットン素材のショートスリーブは、

薄手の生地感でインナーとして着用しても

ごろつきにくいのが嬉しいところ。

柔らかな質感と、丁寧な作りはgicipiならでは。

程よく体にフィットするので、

女性らしいシルエットをつくってくれます。

 

---

 

gicipiの商品は大型ファクトリーと違い、大量生産は出来ません。

イタリアの工場で丁寧に作られたこだわりのウエアは、

是非日々の暮らしに取りいれたい一枚です。

 

▼ご紹介ブランド:gicipi(ジチピ)

投稿者: 村上 日時: 2017年04月02日 12:00 | permalink

閉じる