JoBu 倉敷帆布のある暮らし

取り扱い商品一覧はこちら

Jobu
JoBuは、大正時代から帆布を織り続けてきた
バイストンが、
「シャトル織機」で丁寧にこだわりを持って
織った「倉敷帆布」の日用品ブランドです。

JoBu製品につく耳はJoBuだけのオリジナルの耳で、それがシャトル織機で織られている印です。

現在、シャトル織機はメンテナンスや手間のかかる大変さからほとんど生産されていませんが、古くから帆布を作ってきたバイストンだからこそ生み出すことが出来た生地です。

道具であった帆布の原点に戻り、
天然素材による頑丈な生活の道具を
生み出すブランドです。
  • モノイレ 墨紺
  • ランチョンマット
  • エプロン ショート

モノイレ 麻

ランチョンマット

Jobuは、帆布の持つ強さ、自然素材の魅力を感じてもらえる日用品で、使うたびに、暮らしに馴染んでいきます。

エプロン ロング M

  • モノイレ 麻
  • コースター
  • モノイレ 分葱(ワケギ)

倉敷帆布

日本の帆布の七割近くを生産する倉敷、
そこで「倉敷帆布」は生まれました。
倉敷帆布の歴史は古く、国内に現存する最古の帆布は、
織田信長の帆船の帆布として残されています。


江戸時代末期より帆船の帆として使われ、明治以降は、
「安い、軽い、丈夫」の三拍子が揃った便利な布として
人々の暮らしを支える道具や素材として縁の下の力持ちの
ように支えてきました。


美しい街並の倉敷は、古くから綿栽培が盛んでした。
その産業は現在も続いております。
倉敷で生まれた帆布には、長い歴史と共に歩んできた実績と
確かな品質があります。
そして、現代ではその素材の丈夫さだけではなく、
自然で温かみを感じる素材として愛されています。

帆布とは
「帆布」とは、撚り合わせた綿糸を織った平織りの厚い布のことです。
通気性が良く、丈夫で、使い込むほどに味が出てくるのが帆布の特長です。
シャトル織機とは
シャトル織機とは、主にヴィンテージジーンズの生地などを織るのに使用されている織機です。
シャトル織機は現在生産されておらず、大変貴重な織機です。
糸を行ったり来たりさせて織る、昔ながらの織機で、空気で糸をとばす高速織機にはない独特の風合いがあり、横糸が行き来する時の微妙なテンションのゆるみが、適度な糸の膨らみとなり、風合いを生み出すと言われています。

また、織物の両端に耳(セルヴィッジ)
が出来るということも特長の一つです。

一点一点、優しく織り上がる倉敷帆布
は、外国産帆布では決して表現出来な
い風合いが味わえます。

製造工程

倉敷帆布の歴史

一八六七年
(慶応三年)

一八八八年
(明治二十一年)


一八九〇年
(明治二十三年)


一九一三年
(大正二年)



一九三三年
(昭和八年)

一九七〇年
(昭和四十五年)

二〇〇四年
(平成十六年)

イギリスより紡機を輸入、日本初の機械紡績所として鹿児島紡績所が操業開始


鹿児島地区に、厚物織り工場「武鑓織布工場/株式会社タケヤリ」が
武鑓石五郎と梅により創業
児島足袋の生産などを行う

大工の息子 豊田佐吉により、「豊田式木製人力織機」発明
生活様式の変化により足袋の生産が衰退、学生服、作業服の製造へと転換
撚糸機が登場するなど機械化が進み、次第に蒸気、石油機関利用の動力が導入

電力は頼りにならず、「武鑓織布株式会社」の武鑓卓衛は、水車動力を導入し
繊維産業に大きな発展をもたらす
テント、お酒・醤油つくりのコシ布、道具袋、牛乳配達袋、学生のさげ鞄など、
その丈夫さを活かしたあらゆる用途に用いられ、様々な産業生活資材として大量に生産

創立者 武鑓石五郎と梅の次男により織布の「丸進工業株式会社」が創業
トラックの幌や屋形テントなどとして広く使われる

学生服の衰退の陰が見え始める中、ジーパンメーカー「ビッグジョン」が誕生
衣類の変化と同じく、倉敷帆布も工業製品から日用品、アパレルへ変化

丸進工業、タケヤリ、タケヤリ帆布協同組合の三社が倉敷帆布の
販売会社「株式会社バイストン」を設立
武鑓石五郎と梅の名をとって命名し、人々の暮らしを豊かにするため、
現在も、数々の倉敷帆布ブランドを世に送り出しています。

倉敷帆布への思い

「倉敷帆布」が誇るのは、国産ならではの最高品質を支える職人の腕。

綿が帆布になるまでの数多くの工程に、職人の細やかで卓越した技とノウハウが光っております。そうした小さな技の積み重ねにより、一級帆布といわれる最高品質を実現しています。

倉敷の地で育まれた織物文化、ものづくり文化を未来に継承していくこと。

この思いを実現するため、株式会社バイストンはこれからもお客様に満足頂きご支持頂ける製品・用途開発に務めて参ります。

株式会社バイストンHP参照

修理・メンテナンスについて

お洗濯

保管方法

修理受付

はじめに商品に付いている品質表示をご確認下さい。
(製品の内側やポケットの裏側に付いています)

洗える表示
蛍光漂白剤の入っていない中性洗剤をご使用の上、手洗いされる事をおすす
めします。(洗濯機で洗いますと、色むらや型崩れの原因となります)
帆布の性質上、洗った場合は多少の色落ち・しわ・縮みは避けられません。

洗えない表示
薄めた中性洗剤をつけた柔らかい布で、汚れた部分を優しく擦って下さい。
また干す時は、通気性の良い場所で日陰干しして下さい。



綿帆布は自然素材ですので湿気に弱いです。
直射日光の当たる所・高温多湿の所は避け、風通しの良い日陰で保管して下さ
い。(ビニール袋に入れて保管をすると、カビ・シミの原因となります。)



出来る限り修理をお受けしております。
状態・納期・料金を確認をした上で、修理に取りかからせていただきます。

修理に関するお問い合わせ:info@baistone.jp

JoBu(ジョーブ)

JoBu(ジョーブ)

帆布を日々の道具へ

帆布の産地、倉敷で誕生したJoBu(ジョーブ)。1933年創業の岡山県倉敷市にある株式会社バイストンから生まれました。道具であった帆布の原点に戻り、天然素材による頑丈な生活道具を作りたい、そんなプロダクトデザイナーと「倉敷帆布-バイストン」の出会いから生まれたJoBu(ジョーブ)。
現在、ほとんど生産されていない貴重な「シャトル織機」を使用し、代々職人の手で歴史ある「倉敷帆布」を織り続け、ものづくりを行っています。
帆布の持つ強さ、工業用品や仕事の道具としてだけでなく、日用品などの身近な存在として、倉敷帆布の自然素材のままの魅力を感じてもらえるよう、JoBu(ジョーブ)は発信しています。

JoBu(ジョーブ)取扱商品一覧

閉じる