LE CREUSET (ル・クルーゼ)

LE CREUSET (ル・クルーゼ)

世代を越えて家族の中心にある食器たち

1925年、北フランスのエーヌの小さな町、フレノワ・ル・グランにて、LE CREUSET(ル・クルーゼ)社は創業しました。200年以上も前から鋳物製品がつくられているこの地方で、機能的かつ美しいキッチンウエアを作ることをモットーに、様々な種類の鋳物ホーロー製品を生み出しています。
1958年に著名なデザイナー、レイモンド・ローウェイのデザインによる新製品を発表、そして1973年にはイタリアの著名デザイナー、エンゾ・マリのデザインによるママ・ライン発売をするなど、常に「機能美」を追及し、デザイン性にも重きを置いています。
1992年には、世界でもっとも優れたワインオープナーと評価される「スクリュープル」をアメリカのハーレン社より買収。さらに1999年にはストーンウエアの発売を開始するなど、“キッチンからテーブルまで”をコンセプトに、テーブルウエアをトータルにコーディネイトのできるブランドとして成長しました。

閉じる