生活の中の「定番品」
取扱商品一覧はこちら

使う人の愛着にどう応えていくか

白山陶器とは、長崎県波佐見町にある、波佐見焼を生み出す会社です。
華美ではなく、かといって平凡でもない。
「何よりも使いやすいもの、生活の中になじむこと」
であることを器づくりの原点としています。
新しさはあるけれど、時代に左右されることなく使っていて飽きのこないデザインこそ美しい器であり、人々に愛され、安らぎを感じて頂ける器づくりを続けています。

暮らしに寄り添う波佐見焼

400年の歴史を持つ波佐見焼は、長崎県の波佐見という小さな焼きものの街で誕生しました。

庶民の器として誕生してから長い月日を流れてもなお愛される波佐見焼。
「磁器製品は高級で手が届かないもの」という常識を変え、日本の食文化の発展に大きな影響を与えたのです。

代表的な波佐見焼 【右】コンプラ瓶 【左】くらわんか碗

白山陶器の定番「G型しょうゆさし」

50年以上、変わらないデザイン・製法

「シンプルなデザイン」

デザイナー 森正洋氏

佐賀県生まれの陶磁器デザイナー。
1956年白山陶器に入社後、1960年に代表作「G型しょうゆさし」で第一回グッドデザイン賞を受賞。その他にも「平茶わん」や「ベーシック湯呑み」などのデザインを手掛けています。

「日常生活で使う器を考え、形をつくり工場で生産することにより、多くの人々とともに共有し生活することに、デザインの喜びを感じる」という信念のもとに生まれた陶磁器は、数々の国際的なデザイン賞を受賞しています。

贈りものにどうぞ

白山陶器は、日常使いはもちろんのこと、贈りものにおすすめです。
使う人を選ばないシンプルさが魅力なので、御結婚祝いや引っ越しのお祝いなどに喜ばれます。
大切な方への贈りものに白山陶器はいかがでしょうか。

  • 赤い糸 ペア小丼
  • 赤い糸 ペアコーヒーカップ&ソーサー
  • 赤い糸 小皿5柄セット
赤い糸
真っ白な陶器に描かれた赤い糸が、くるくる踊っているかのよう。
晴れやかな雰囲気が魅力的なシリーズです。
  • 麻の糸 ティーセット
  • 麻の糸 フリーディッシュ
  • 麻の糸 フリーカップ
麻の糸
真っ白な陶器に描かれた赤い糸が、くるくる踊っているかのよう。
晴れやかな雰囲気が魅力的なシリーズです。

シンプルの先にあるもの

長い長い歴史の中で素晴らしい伝統美を培ってきた波佐見焼。時代の流れとともに、人々の暮らしに寄り添い変化を遂げてきました。古いけれど、新しい。
ちょうどその間に位置する波佐見焼は、生活の中の定番であり、日本の食文化の足跡でもあるのです。

「飽きのこないデザインこそが、美しいものの本当の姿である」
これこそ、白山陶器が多くの人々から愛され続ける理由なのかもしれません。

白山陶器 (はくさんとうき)

白山陶器 (はくさんとうき)

生活に根ざしたさりげない美しさ

1779年に創業、1958年に白山陶器株式会社が設立。長崎県は波佐見町にある、波佐見焼を生み出す陶器会社です。
「なにより使いやすく生活の中になじむということ」をものづくりの基本として、大切にしています。
器の機能をどう高めてゆくか、使う人の愛着にどう応えてゆくかという視点から、デザインや品質を考え、人々がその器を使う生活シーンをイメージするところから器づくりが始まるのだそうです。華美でも平凡でもない、新しさはあるけれども時代に左右されることなく、使っていて飽きのこないデザインこそ美しい器だとしています。
グッドデザイン賞やロングライフデザイン賞など、幾多のデザイン賞を受賞したことを誇りとし、人々に愛され、安らぎを感じていただける器をつくり続けています。

白山陶器 (はくさんとうき)取扱商品一覧

閉じる