足元から、美しい姿勢を創るブーツ
取扱商品一覧はこちら

自然によってデザインされた“ネガティブヒール”

Kalso earth shoe ソーラー ブラックレザー Kalso earth shoe シャザーム バット Kalso earth shoe プランス ブラック

earthshoes(アースシューズ)を履いて美しい姿勢を手に入れる

Kalso earth shoe(カルソーアースシューズ)を生み出したのは、デンマークのヨガ師範アン・カルソー。ブラジルのビーチで、目を見張るほど姿 勢の美しい現地の女性たちが歩くと、 砂に残る足跡のかかと部分が、つま先よりも深く沈むことに気付きました。それがヨガにおいて姿勢を正す「マウンテンポーズ」とよく似ていることに気付いた カルソーは、フットウェアに応用しようと試行錯誤を重ね、1966年に3.7°の傾斜をつけた靴を開発したのです。

70年代には世界中で評判となり、あまりの人気ゆえに生産が追い付かず、Kalso earth shoe(カルソーアースシューズ)ブランドは一度その幕を閉じます。

しかし、2001年に復刻され、オリジナルのものよりも素材を軽くし、現代風のデザインにアレンジされたシューズの展開を行っています。

機能も、見た目も

Kalso earth shoe プロスペル ブラック

Kalso earth shoe ソーラー3 キャメル

Kalso earth shoe ソーラー アーモンド

Kalso earth shoe プランス ブラック

Kalso earth shoe シャザーム ブラック

Kalso earth shoe(カルソーアースシューズ)

Kalso earth shoe(カルソーアースシューズ)

足元から美しい姿勢を創る靴

1957年、デンマークのヨガ師範Ann Kalso(アン・カルソー)はブラジルを訪れた際に、現地の人々が見事な姿勢であることに感銘を受けました。砂に残った彼らの足跡はつま先よりもかかとが沈んでおり、それはヨガの「マウンテンポーズ」とよく似ていたのです。
彼女はその経験を元に、1966年、「KALSO MINUS HEEL SHOE STORE」をコペンハーゲンに開きました。Kalsoの靴に共感したアメリカ人カップルが、マンハッタンに「Earth shoes」を扱う店を開いたのが1969年。爆発的な人気を呼びましたが需要に供給が追いつかず、1977年に「Earth shoes」は店を閉じることになったのです。
「Earth shoes」が20年ぶりに話題に上がり始めたのは1997年のこと。その勢いを受け、2001年にミッシェル・メイナードがリバイバルに着手してブランドを再開し、今日の市場に合った展開を繰り広げています。 そして、2012年春夏コレクションから、ブランド名がearth(アース)からKalso earth shoe(カルソーアースシューズ)へと変更になり、今までと変わらない、こだわりあるものづくりを行っています。

閉じる