Japan 柳宗理 (やなぎそうり)

シュガーレードル バターナイフ 2pcs

あるととても助かるカトラリー

カトラリーというと、スプーンやフォークがメインで、使いやすさにこだわりがある方も多くいらっしゃると思います。存在感は強くないけれど、朝食時にあるととても便利なカトラリーを忘れていませんか。

自宅用にもギフトにも美しいカトラリー

ご紹介したい、柳宗理のシュガーレードル バターナイフ 2pcs。シュガーレードルは、すくう部分が深めで、すくったものがこぼれにくく、バターナイフは、バターやジャムが塗りやすいよう塗る部分にふくらみを持たせた機能的なデザインになっています。ご自宅使いも良いのですが、綺麗に箱に入っているので、ギフトにもおすすめです。
このカトラリーセットを使えば、とても美味しいシュガートーストを堪能出来そうですね。

世界で活躍し、誇れる日本モダンデザイン界を代表するデザイナーの柳宗理さんによるカトラリー。少し独特な形状をしつつも手になじむ感覚を受けるカトラリー。
横から見た感じは、あまり反れていないので、凹凸がなく使いやすさも抜群。
柳宗理さんのデザインは、手で何度も模型を作った後、図面に起こすそう。つまり、使いやすさを徹底的に考えた上で作られているのです。握りやすいフォルムと安定感のあるシンプルなデザインには、温かみがあふれ、用途に合わせて和洋問わずお使い頂けるので飽きずに長く使えます。

しなやかな曲線と美しさ、そして素材や使いやすさへの妥協もなく、まさに定番としてお使い頂けるカトラリー。素材はお手入れの楽な18-8ステンレスが使用されているので、特別なお手入れの必要はなく、普段使いでもサビなどの心配もありません。マットな艶消し仕上げのため、傷が付きにくく、目立ちにくいのも魅力です。

シンプルを突きつめたデザイナー、柳宗理

柳宗理さんは1934年に東京美術学校油絵科に入学後、フランス人建築家ル・コルビュジェの「装飾のないところに真の装飾がある」ことを述べた本を読み、自分の進んでいく道を見つけたといいます。
こちらのカトラリーにも、まさにその柳宗理さんの「真の装飾」がデザインされているのです。

売る側の論理ばかりが優先される消費社会を批判し、自分の眼力を信じて行動してきた柳宗理さん。モダン・デザインブームが再び来ようとも、常に変わらずデザインを愛し、現在も現役で「創造」を続ける毎日なのです。
綺麗に箱に揃えられておりますので、結婚祝いや引っ越し祝いなどにギフトとして贈ってみてはいかがでしょう。

   

 

セット内容 シュガーレードル×1
バターナイフ×1
サイズ シュガーレードル:13(cm)
バターナイフ:17(cm)
素材 18-8ステンレススチール(艶消し仕上げ)
デザイン 柳宗理
箱有無

注意事項

  • ◇オールステンレスですので、特別なお手入れは必要としませんが、長時間塩分や汚れを付着させたままのことがないよう注意して下さい。

ブランド紹介

柳宗理 (やなぎそうり)

柳宗理 (やなぎそうり)

柳宗理は1915年東京に生まれ、千葉県我孫子の手賀沼の畔で育ちました。そばに白樺派の志賀直哉や武者小路実篤が住み、イギリス人陶芸家バーナード・リーチが週の半分過ごしていたその頃の柳家は、白樺派が集めた彫刻や絵が置かれ、様々な文人、芸術家が出入りし、西洋美術や日本の文学に触れられるところでした。
1934年、宗理は東京美術学校油絵科に入学。フランス人建築家ル・コルビュジェの「現代の装飾芸術」を読み、装飾のないところに真の装飾があることを述べたその本に、宗理は自分の進んでいく道を見つけます。
終戦後は工業デザインに着手し、1952年には毎日新聞社主催の第一回工業デザインコンクールで第一席に入選。その後、柳デザイン研究会を設立します。手掛けたデザインは、「バタフライ・スツール」や照明、オート三輪、陸橋、オリンピックの聖火台などと幅広く、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やルーブル美術館などでは作品が永久保存されています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
シュガーレードル バターナイフ 2pcs

シュガーレードル バターナイフ 2pcs

ラッピング可

送料:一配送648円(一部地域除く)

¥2,160(税込)

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

シュガーレードル バターナイフ 2pcsには、こんなZUTTOな商品がぴったりです。

閉じる