Germany Frosch (フロッシュ)

Frosch オレンジキッチンウォッシュ

カエルも幸せなオレンジの洗剤

泡だらけにして食器を洗った後に、流れていく水はどうなってしまうのだろう。
海へと流れ込む水が、生き物の棲みづらい水になってしまうのではないか…そんなことが気になる方におすすめしたい洗剤があります。
カエルがちょこんと座ったマークが目印のFrosch(フロッシュ)です。

食器用洗剤のオレンジキッチンウォッシュは、オレンジの皮に含まれる天然の油分解成分「オレンジテルペン」の働きに着目して誕生しました。
かわいらしい見た目でも汚れ落ちの良さは抜群で、手肌に優しい使い心地という、わがままをかなえてくれる洗剤なのです。そしてほんのり漂うオレンジの香りが、食事の後片付けを楽しいものにしてくれます。

Frosch(フロッシュ)のキッチンウォッシュシリーズは、専用のフォームボトルで希釈しての泡洗浄がおすすめです。原液の場合はスポンジに1滴つけてよく泡立てて下さい。
最も節水が出来ると言われるつけ置き洗いの場合は、水1Lに対して0.8mlで薄めるのが基準です。

Frosch(フロッシュ)の洗剤は、世界が認めるOECD(経済開発協力機構)のテストで、排水されてから28日以内に、有効成分のうち98%が生分解して自然に還るということが証明されています。
リン酸塩、ホルムアルデヒト、塩素消毒された炭化水素などを使用せず、界面活性剤を出来る限り抑え、植物油脂を主原料にした界面活性剤を使用しています。着色料と香料を使用していますが、着色料は食べ物にも使われている安全なもの、香料には天然のオレンジオイルを使用していて安心です。

Frosch(フロッシュ)のトレードマークのカエルはただ愛らしいだけでなく、「次世代にカエルが生息できる環境を残す」という思いが込められています。
環境先進国ドイツでは、毎日使う洗剤にも気を配り、地球とずっとお付き合いしていこうという生活が浸透しています。

自分にとっても、環境にとっても気持ちのいい暮らしを、Frosch(フロッシュ)の食器用洗剤から始めてみませんか?

   

 

ブランド紹介

Frosch (フロッシュ)

Frosch (フロッシュ)

Frosch(フロッシュ)の歴史は1867年、ヴォルフガング・ヴェルナーがワックス製品メーカー「ヴェルナー兄弟商会」を設立した時に始まります。
以来シューケア商品やカークリーナー、浴室用・トイレ用のクリーナーを開発、1971年業務用洗剤の開発と販売をスタートしました。1980年代、ドイツでは「黒い森」の酸性雨被害やライン河汚染など様々な環境問題が発生し、環境に対する国民的な関心が高まる中、環境に与える負荷を抑えた洗剤「Frosch(フロッシュ)」がデビューします。
現在はヴェルナー&メルツグループと名を変え、マインツを代表する企業としてNABU(ライン河地区環境保護センター)など自然保護に携わる人たちと共に、ライン河の環境保護に取り組んでいます。
また本社、工場では2003年よりISO14001の認定を受け、生産システムにおけるエネルギーの管理、製品のパッケージ改善など、組織全体で地球環境への負荷軽減に力を入れています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
Frosch オレンジキッチンウォッシュ

Frosch オレンジキッチンウォッシュ

ラッピング可

送料:一配送648円(一部地域除く)

¥777(税込)

販売終了

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

Frosch オレンジキッチンウォッシュには、こんなZUTTOな商品がぴったりです。

閉じる