小笠原陸兆 (おがさわらりくちょう)

フィッシュパン

ユニークな横長フィッシュパン

横長の形がユニークな小笠原陸兆のフィッシュパン。素材感としては武骨な印象ですが、そのユニークな形と、持ち手がきゅっとすぼめられたデザインは、造形の面白さを感じさせます。

一生ものとなって寄り添ってくれる存在

使うほどに南部鉄器の風合いをお楽しみ頂けるフィッシュパン。心を込めてお手入れしてあげることにより、一生ものとなってくれるそんな存在です。

その名の通りフィッシュパンとして、尾頭つきの魚一尾をそのまま焼いたり、切り身をいくつか並べて焼いたりと、魚料理にはもちろん、炒める、煮込むなど、日々のお料理に幅広く対応してくれるのが嬉しいですね。ふた付きタイプとふた無しタイプの2種類をご用意しました。ふたをすれば、外はカリッ、中はふっくらと焼き上がるので、ふたがセットになったタイプは特におすすめです。ハンバーグのような肉料理も美味しく仕上がりますよ。

南部鉄の特徴を活かす

江戸時代から人々に親しまれ、400年もの古い歴史を持っている「南部鉄」。その耐久性は高く、重厚でありながらもどこか懐かしさを感じさせるのが「南部鉄器」です。鉄は温度の変化に鈍いので、一度温まると冷めにくく、温まる時も熱が全体に均一に伝わるので温度がムラになりにくいのです。

小笠原陸兆は、水沢市で鋳物業を指導し、発展に多大なる貢献をしています。60年以上のキャリアを持ち、古典的な南部鉄器について、単純な形しか出来ないが大量生産がきく「生型」と、制作に煩雑な工程と熟練の技を要する「惣型」の2つの技法を使い分け、生活に根ざした鉄器を作り続けています。古典的な南部鉄瓶の技法を受け継ぐ一方で、シンプルでモダンなデザインの日用雑器の製作もこなすマルチ鋳物師です。

大切に大切にお手入れする度に愛着の湧く、小笠原陸兆のフィッシュパン。南部鉄器のフライパンで美味しいごはんの時間をお楽しみ下さい。

フィッシュパン(ふた付き)
   

 

  • フィッシュパン(ふた付き)
  • 横長の形がユニークな小笠原陸兆のフィッシュパン
  • ふた付きタイプ
  • 持ち手部分
  • 横長の形が魚料理をはじめ幅広い料理に対応
  • 南部鉄器の風合いを感じるフィッシュパン
  • 裏面
  • 南部鉄器の技術と、モダンなデザインをあわせもつフィッシュパンです
  • 箱
  • 使用イメージ
本体サイズ 幅約30×奥行33×高さ6.5(持ち手部分)(cm)
ふた:幅約30×奥行18×高さ7(cm)
本体重量 約1.8kg(※ふた重量は約1.3kg)
箱サイズ 幅約33×奥行29×高さ7(cm)
材質
箱有無

使用方法

  • ◇使い始めは、軽くすすいで下さい。
    ◇ご使用後、残ったものは他の容器に移し替え、きれいに洗い軽く鍋を温めて、十分に水気を切り、おしまい下さい。
    ◇さびが出た場合、汚れを拭いた後、鍋を熱してサラダ油などを塗って下さい。

注意事項

  • ◇IH使用可
    ◇熱した鉄鍋は素手で触れると火傷をします。厚手の布などで取り扱って下さい。
    ◇一度熱した鉄鍋は冷めにくいので、子供には触らせないで下さい。木台など必ず使用して下さい。

ブランド紹介

小笠原陸兆 (おがさわらりくちょう)

小笠原陸兆 (おがさわらりくちょう)

1929年、岩手県水沢生まれ。
岩手県盛岡市の南部鋳物製作所「おがさわら」の代表で、JCDA(社)クラフトデザイン協会会員です。
水沢市で鋳物業を指導し、発展に多大なる貢献をしています。60年以上のキャリアを持ち、古典的な南部鉄器について、単純な形しか出来ないが大量生産がきく「生型」と、制作に煩雑な工程と熟練の技を要する「惣型」の2つの技法を使いわけ、生活に根ざした鉄器を作り続けています。古典的な南部鉄瓶の技法を受け継ぐ一方で、シンプルでモダンなデザインの日用雑器の製作もこなすマルチ鋳物師です。

商品 価格(税込) 個数 選択
フィッシュパン

フィッシュパン(ふた付き)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥16,200(税込)
選択した商品を購入する
フィッシュパン

フィッシュパン(ふたなし)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥11,880(税込)
選択した商品を購入する