Highland Tweeds(ハイランドツィード)

ひざ掛け MACHENZE

名門の人気柄

Highland Tweeds(ハイランドツイード)は、 イギリスの伝統と高い技術から生まれる上質のアイテム作りに定評のあるブランドです。

上質な着心地こそが、本物の証

Highland Tweeds(ハイランドツイード)のひざ掛けは、1837年に創立の歴史深い織物工場で英国で唯一、染色-混合-梳き-紡績-整経-製織-整理の工程を全て一貫して行っています。品質管理が徹底されている上、細かな縫製では、エッジ部分にステッチを1本入れることにより、生地がほどけるのを防いだり、製品に用いるチェック柄は、スコットランドのタータン協会認定の柄を正しく使用しているというこだわりで世界中で高く評価されているブランドです。

タータンの歴史と意味

タータン柄の中でも、MACHENZE(マッケンジー)は、スコットランドの北で最大の領地を占めていたクラン。一時期は伯爵家としても栄えていました。グリーンとネイビーを基調に交差する白と赤のラインが特徴の柄で、スチュワートと同様に名門で人気の柄です。

タータンは、スコットランドの高地(ハイランド)で織られ始めた生地で、元々はウールを使った無地織物でした。
厳しい寒さから身を守る為の、草木染の肩掛けとして作られたその織物は、いつしか多色染めの格子柄を指すようになり、中世に入り、スコットランド・ハイランド地方には、それぞれの地域を収める氏族が現れ、タータンは、その氏族を見分ける為の柄となりました。日本でいう家紋で、タータンは、原則的に経糸・横糸の配列が同じで正方形のチェックあることが定められています。今はファッションの定番柄の一つになっているタータンですが、スコットランドの歴史から生まれた由緒正しき柄なのです。

また、1つの氏族の中でも、時と場合によっていくつかのタータンが使い分けられ、日常用いられる「クラン・タータン」、正装用の「ドレス・タータン」、狩猟やスポーツ用の「ハンティング・タータン」、喪に服する時に着用した「モーニング・タータン」などがあり、ファッションと親和性が高いイギリスの文化を感じます。

ウールの暖かさと手触り

Highland Tweeds(ハイランドツイード)のひざ掛けは、ざっくりとした太番手生地で、マフラーやストールのしっとりとした滑らかなウールと比べて、特有のゴワゴワとした丈夫な手触りですが、これが、ひざ掛けとして保温効果が高いのです。老舗ファクトリーらしく、用途に合わせて適した素材選びと製法のHighland Tweeds(ハイランドツイード)のひざ掛けは、冬のあったかい贈りものとしておすすめです。

ひざ掛け MACHENZE
   

 

  • ひざ掛け MACHENZE
  • タグ
  • 素材感
  • 二つ折りの状態のサイズ感
  • イメージ
  • 持ち運べる大きさ
サイズ 幅約75×長さ140(cm)
※フリンジ除く
重量 約444g
素材 ウール100%
生産国 スコットランド
箱有無

洗濯方法

  • ドライクリーニングまたは、ドライマークの洗剤を使用し、30度以下の温水で、手早く短時間に、やさしく押し洗いしてください。

ブランド紹介

Highland Tweeds(ハイランドツィード)

Highland Tweeds(ハイランドツィード)

Highland Tweeds(ハイランドツイード)は、1837年、アブラハム・ムーン氏により、イギリス・ヨークシャー州リーズに創業の名門ファブリックメーカーのブランドです。もともと麻織物が主でしたが、ハイランド地方で羊毛が十分にとれるようになると、防寒性に優れたウールを用いるようになり、それが今日のタータンチェックのウール製品にまで発展したと言われています。
「タータン」は元々スコットランドの氏族の紋章でもあり、自身の氏族のチェックをおられた布を纏うことで自らの身分を知らせたと言い伝えられています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
ひざ掛け MACHENZE

ひざ掛け MACHENZE

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥6,804(税込)

残り1点
選択した商品を購入する

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

ひざ掛け MACHENZEには、他にもこんな仲間がいます。

閉じる