丸川商店(マルカワショウテン)

日事記

佇まいを大切にした日記帳

たった一言書き残すことで、遠い記憶も鮮明に蘇る。一年前の同じ日、どこで何をしていて、何を思ったか…なんでもない毎日のようで、小さな変化がいっぱいの毎日。日事記(ひじき)は、そんな何気ない毎日を一言綴る丸川商店の10年分の日記帳です。

日事記(ひじき)は、使いやすく持ち運びやすいA5サイズで、表紙に松阪もめんの藍を全面に使い、余計な文字や装飾を一切なくし、シンプルに装丁しています。土や畑が育んだ自然の藍色は、手触りも風合いも他の素材では感じられないものです。飽きのこないシンプルさと、使う程に風合いの増す藍は、10年が経つ頃には、その人ならではの色に変わっていることでしょう。

そして、丸川商店は細かなところにもこだわりました。用紙には、厚めの書籍用紙を選び、鉛筆やボールペンだけでなく、万年筆でもにじみにくいということや、開いた時のそり返しも少なく仕上げています。また、よく見ると真っ白ではなく少しグレー掛かった用紙で、書いた文字が見やすいように配慮されています。丸川商店のノートは、機能性・デザイン・素材、すべてにおいて長く使って頂けるように作られているのです。

時を経て、色が褪せても、10年にそっと寄り添い、愛着のわく日事記(ひじき)。たった一言、嬉しいことも、悲しいことも、10年の毎日は一人一人の物語です。

丸川商店は、三重県松阪市の無形民俗文化財である伝統民芸品の松阪もめんを使用した製品ブランドです。松阪もめんの歴史は古く、15世紀までさかのぼります。当時、エジプトやインドを原産地とする木綿が日本に伝えられ、暖かく丈夫な木綿は「天下の霊財」とまで讃えられました。その後、16世紀初頭に松阪もめんが生まれ、江戸時代に人々に愛用されました。

松阪もめんは、その深い藍色と、潔よいほどの縞模様が特徴です。丸川商店は、その素材と日本の道具のデザインと機能性を見つめ直し、伝統的でありながら、現代のライフスタイルに活かせるようにと提案しています。松阪もめんが、古き良き物として飾られるのではなく、これから先も大切に使い続けられるように、新しい松阪もめんの在り方をデザインしています。

500年の伝統を持つ松阪もめんの日事記(ひじき)は、結婚、出産、就職、入学、誕生日など、節目の時のプレゼントとしても大変喜ばれる日記帳です。

日事記
   

 

  • 日事記
  • 1ページに10行(10年分)あり、毎日過去の自分を振り返る事ができる日記
  • 万年筆でもにじみにくく、開いた時のそり返しも少ない、書きやすい仕上がり
  • カバーは松阪もめんの藍染め布
  • 使う程に風合いの増していくカバーです
  • 長期間の使用に耐えるハードカバー
  • 結婚や就職、入学祝い、お誕生日など、節目のお祝いギフトとしても喜ばれます
素材 丸背上製ハードカバー(松阪もめん)
サイズ A5(縦約21.5×横15.5×高さ3cm)
366日分(うるう日2月29日を含む)
重量 630g
生産国 日本
箱有無

商品特徴

  • ◇各ページ10行の記入欄があり、毎日1ページずつめくって書き進めてゆく日記帳です。1年目には1段目、2年目には2段目と書き進めていき、10年に渡って毎日過去の同じ日の日記を振り返りながら楽しめます。

注意事項

  • ◇色あせの原因となりますので、日光や蛍光灯などに長時間当てないで下さい。
    ◇松阪もめんは藍染をしている布のため、雨、汗、摩擦などによって色移りが生じる場合がございます。

ブランド紹介

丸川商店(マルカワショウテン)

丸川商店(マルカワショウテン)

丸川商店は、三重県松阪市の無形民俗文化財である伝統民芸品の松坂もめんを使用した製品ブランドです。松阪もめんの歴史は古く、15世紀までさかのぼります。当時、エジプトやインドを原産地とする木綿が日本に伝えられ、暖かく丈夫な木綿は「天下の霊財」とまで讃えられました。
その後、16世紀初頭に松阪もめんが生まれ、江戸時代に人々に愛用されました。松阪もめんは、その深い藍色と潔い程の縞模様が特徴です。
丸川商店は、その素材と日本の道具のデザインや機能性を見つめ直し、伝統的でありながら、現代のライフスタイルに活かせるようにと提案しています。松阪もめんが、古き良き物として飾られるのではなく、これから先も大切に使い続けられるように、新しい松阪もめんの在り方をデザインしています。

商品 価格(税込) 在庫 個数
日事記

日事記

ラッピング可

期間限定、送料無料キャンペーン中!

¥6,480(税込)
選択した商品を購入する

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

閉じる