蒜山がま細工(ひるぜんがまざいく)

ガマバスケット

深まる色と愛着

岡山県蒜山地方に伝わる伝統工芸品のがま細工のバスケット。
鳥取との県境に近く、西日本有数の豪雪地帯でもある蒜山(ひるぜん)では、昔から防水性・保温性に富んだひめがまをつかって、さまざまな生活の道具が作られてきました。
蒜山地方に古くから自生する「がま」は防水性に富み、雨・雪を防ぐのにすぐれていることから、雪靴など、雪国に欠かせない様々な製品が作られてきました。古くは、雪靴や蓑、笠、背負いかごなどに使わ、現在では軽さと艷やかかさを生かした手提げかごが人気です。

冬の風物詩

雪深い真庭市蒜山地区で、600年以上前から受け継がれてきたという冬の風物詩のがま細工は、素材の調達から製造までに時間のかかり、一年に製造できる時期と量は限れらた大変貴重なものになっています。
熟練の女性たちが一つ一つ、ていねいに、ていねいに、心を込めて編まれた製品は、どれも美しさに温もりを合わせもっています。
編みがきれいで、しっかりとしたバスケットは、籐バスケットとちょっと差をつけたおしゃれを楽しみたいという上級者におすすめです。素材のがまの防水性と保湿性は、晴れの日も雨の日も気兼ねなくお使いいただけます。

素材に使われている、ひめがまは、湿地帯に自生する植物で、ワラよりも軽く、わずかに油分を含んでいるため、美しい光沢をもっています。
毎年初夏に伐採したシナノキの樹皮を、3~4か月ほど川に浸して腐らせ、水洗いして繊維を取り出します。この繊維を細く割き、手で撚った小縄がかごの出来栄えを左右します。
この縄を作り、がまを素材として使える状態にするまで、半年の時間を要します。わずかな作り手さんが編んでいる大変貴重なバスケットは、洋装だけでなく、着物、浴衣に合わせるのも素敵です。

ひめがまは、籠にするには稲わらよりずっとすぐれた強度で大事に使えば50年も持つと言われています。バスケットの底は、中に一枚、別に編んだものを敷いて二重底で強度を持たせているのも、長く使える日用品としての工夫です。
経年変化で色が深まっていく楽しみもありますので、日々育て何年も愛用して琥珀色にしていただきたい蒜山がま細工のバスケットです。

自然の恵みと環境保全

蒜山のがま細工の歴史は古く、14世紀の南北朝の時代に、兵糧を運ぶための背負いかごを作ったのが始まりとも伝えられています。かつて、プラスティックのなかった時代には、水を弾くひめがまで、雪靴や蓑、笠、背負い籠が作られ日用品として使われていました。

蒜山高原には大小合わせて16の湿原が残っていて、ひめがまもそのような湿地帯に生息する植物です。
湿原は、環境や気候の変化による乾燥化の影響もあり、減少しており日本各地で湿原が保護されています。
長い間、開発しにくい不要の土地、日のあたらない土地として、不要な土地とされてきた湿原ですが、多様かつ貴重な生物の生息、湿地の持つ保水、水の浄化、有害物質の濾過といった環境保全の役割であると見直しされている自然です。
また、渡り鳥にとって非常に重要な越冬地であり、海水の浄化機能が少なからずあることがわかっており、動植物の生態系に大切な湿原として、世界的に保護されてきています。
蒜山がま細工の制作は、こうした保護された湿原で、過剰に刈り取ることもなく、自然保護・循環に負担のないものづくりをしています。

ガマバスケット(S)
   

 

  • ガマバスケット(S)
  • ガマバスケット(M)
  • ガマバスケット(L)
  • ガマバスケット(LL)
  • 横から見た様子
  • 上から見た様子
  • 上部
  • 側面の編み目
  • 側面の編み目
  • 上から見た様子
  • 使用イメージ(S)
  • 使用イメージ(M)
  • 使用イメージ(L)
  • 使用イメージ(LL)
サイズ S :幅約25×高さ15×底マチ13(cm)
M :幅約27×高さ20×底マチ15(cm)
L :幅約29×高さ24×底マチ15(cm)
LL:幅約32×高さ29×底マチ15(cm)
重量 S :約204g
M :約260g
L :約280g
LL:約360g
素材 ひめがま、しなのき(縄)
製造国 日本 (岡山県)
箱有無

特徴

  • ◇蒜山地域に伝わる伝統技術で、岡山県指定伝統工芸品です。
    ◇がまは防水性と保湿性に優れているので、どんな日も気兼ねなく使用できます。
    ◇使い続けて徐々に薄茶色へと変化していきます。

注意事項

  • ◇一点一点てづくりをしておりますので、サイズ等に若干の個体差がございます。
    ◇天然の黒ずみや色ムラ、ささくれ等がある場合がございます。
    ◇使用後は風通しのよい場所で、乾燥した状態で保管してください。 (湿った状態で長時間放置しますと、カビや変色のおそれがございますのでご注意ください。)

ブランド紹介

蒜山がま細工(ひるぜんがまざいく)

蒜山がま細工(ひるぜんがまざいく)

岡山県蒜山地方に伝わる伝統工芸品のがま細工のバスケット。
鳥取との県境に近く、西日本有数の豪雪地帯でもある蒜山(ひるぜん)では、昔から防水性・保温性に富んだひめがまをつかって、さまざまな生活の道具が作られてきました。
蒜山地方に古くから自生する「がま」は防水性に富み、雨・雪を防ぐのにすぐれていることから、雪ぐつなど、雪国に欠かせない様々な製品が作られてきました。古くは、雪靴や蓑、笠、背負いかごなどに使わ、現在では軽さと艷やかかさを生かした手提げかごが人気です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
ガマバスケット

ガマバスケット(S)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥10,800(税込)

販売終了

ガマバスケット

ガマバスケット(M)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥12,960(税込)

販売終了

ガマバスケット

ガマバスケット(L)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥15,120(税込)

販売終了

ガマバスケット

ガマバスケット(LL)

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥17,280(税込)

販売終了

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

閉じる