クリスマスキャンペーン実施中|期間限定【送料無料】12月25日(日)まで
柳宗理 (やなぎそうり)

ステンレスケトル

お湯が早く沸くやかんの背景

やかんの役割は、お湯を沸かすこと。
このやかん、通常のやかんよりも早くお湯を沸かせることで知られています。

このステンレス製のケトルは、金属洋食器の加工で有名な新潟県燕三条周辺に散らばる15箇所の町工場を経由して出来上がります。
すべて熟練工の手により、少しづつ完成させていく大変手間暇のかかった代物です。

さて、他のやかんよりも早くお湯を沸かせる秘密ですが、理由は単純で熱回りをよくするために底を広くしていること。
言われてみれば簡単なことですが、火にかける時間を減らすというエコロジーな考えは、作者のやかんを使われる方のただ沸かすという役割以上に、一歩進んだ隠れている要望に配慮していることを感じます。

また、注ぐという一連の動作を出来るだけスムーズに行えるよう考えられていて、手に馴染みやすいハンドルは指や手首に無理な力をいれなくても楽に注ぐことができるように配慮されています。

暖かく柔らかい人間味あふれるこのステンレスケトルのデザイナーは、日本を代表するプロダクトデザイナーの柳宗理。
やかん一つとっても、実用的な中に美を見出すという、こだわりを感じます。

ステンレスケトル
   

 

  • ステンレスケトル
  • 真横
  • 無理な力をいれなくても楽に注ぐことが出来ます
サイズ 幅約24.4x奥行き19x高さ20.5(cm)
容量 2.5L(実用水量:2L)
素材 ステンレス・アルミ
原産国 日本
箱有無

ブランド紹介

柳宗理 (やなぎそうり)

柳宗理 (やなぎそうり)

柳宗理は1915年東京に生まれ、千葉県我孫子の手賀沼の畔で育ちました。そばに白樺派の志賀直哉や武者小路実篤が住み、イギリス人陶芸家バーナード・リーチが週の半分過ごしていたその頃の柳家は、白樺派が集めた彫刻や絵が置かれ、様々な文人、芸術家が出入りし、西洋美術や日本の文学に触れられるところでした。
1934年、宗理は東京美術学校油絵科に入学。フランス人建築家ル・コルビュジェの「現代の装飾芸術」を読み、装飾のないところに真の装飾があることを述べたその本に、宗理は自分の進んでいく道を見つけます。
終戦後は工業デザインに着手し、1952年には毎日新聞社主催の第一回工業デザインコンクールで第一席に入選。その後、柳デザイン研究会を設立します。手掛けたデザインは、「バタフライ・スツール」や照明、オート三輪、陸橋、オリンピックの聖火台などと幅広く、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やルーブル美術館などでは作品が永久保存されています。

商品 価格(税込) 個数 選択
ステンレスケトル

ステンレスケトル

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥10,800(税込)
選択した商品を購入する

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

ステンレスケトルには、こんなZUTTOな商品がぴったりです。

閉じる