上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)

梅蓋物 紅白

九谷の梅

アクセサリーや御菓子等、小物入れとしてお使いいただける梅蓋物 紅白は、古くより石川県でお正月に食べる郷土菓子「福梅」を模したものです。
梅は、加賀前田藩の御紋でもあり、「百花に魁けて咲く」とされ、春の訪れを真っ先に知らせてくれる花で、九谷焼の老舗らしいデザインの梅蓋物 紅白 です。
手の平に収まる可愛らしいサイズの蓋物は、紅白それぞれに梅の花弁が金色で描かれています。
小さいながらもぽってりとした丸みと縁起柄ということ存在感があり、どこかモダンな印象を与える梅蓋物 紅白は、2客セットの木箱入りで、引き出物、内祝いにとお祝いの贈り物におすすめです。

伝統を現代に

明治十二年、石川県能美郡寺井村(現石川県能美市寺井町)で創業した上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)。135年余の歴史を持つ九谷焼窯元 で、磁器の成形から絵付までを一貫生産する老舗です。その手作り・手描きで作られる製品は、彩り鮮やかな上絵付けと深い発色の染付け、何より丈夫で美しい生地が魅力的です。6代続く歴史ある老舗は、近年新たな取り組みを始め、現代に合わせた九谷焼を手がけます。それは、明治12年の創業以来ずっと守り続ける窯元らしく、伝統工芸「九谷焼」の製法を生かしつつも現代の暮らしに合う色、形、手書きによる一つ一つ愛着がわくデザインの製品。

日本を代表する九谷焼

九谷焼は他の焼き物と同じように、人が手で形作り絵付けをすることから始まりました。
江戸時代、加賀藩主前田家が陶石を発見し、磁器の製作を始め、その後、備前有田で陶磁器の技術を学び、お茶を楽しむための器などへと広がったと言われる日本の伝統工芸です。白く澄んだ素地に様々な文様を添えて食器として使いやすく目も楽しませてくれるのがその特長で、磁器の硬いガラス質素材の白地に映える色絵が魅力です。

上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)は、主に美術工芸品、割烹食器、日用食器を製造、販売致してきた窯元で、九谷焼の伝統を今も守り続けたものづくりをしています。
手描きだからこそ、完璧に同じものがない。手掛けた職人、製造の時期によって絵が変わることもそれぞれの価値となるもの。
上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)が手描きにこだわるのは、人の手には大きな可能性があると信じているからだと言います。手作りの物に人は、温もりや親しみ、味わい、または、技や緻密さに圧倒されるもの。「どのような時代でも人が生み出すものには心動かす大きな力がある」という思いで、上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)は丁寧に手描きの焼き物をつくり守り続けています。

梅蓋物 紅白
   

 

  • 梅蓋物 紅白
  • ぽってりとした丸みが可愛らしい蓋物です
  • サイズ感
  • ピアスを入れた様子
  • 蓋内側と裏側
  • 桐箱入り
サイズ 直径5.5×高さ3.5(cm)※1個あたり
容量 約20ml ※1個あたり
重量 約58g ※1個あたり
箱サイズ 縦9×横18×高さ6.5(cm)
素材 陶磁器
生産国 日本
箱有無 有(木箱)

ブランド紹介

上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)

上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)

上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)は、九谷焼きの伝統を守りつつ、斬新な発想を楽しむ老舗窯元です。 石川県を代表する伝統工芸である九谷焼は、元禄時代の1655年加賀国江沼郡九谷村で初めて焼かれたと言われています。
上出長右衛門窯(かみでちょうえもんがま)は、明治12年(1879年)に現在の能美市寺井町で創業しました。
生活用品であった伝統工芸が趣味的なものに捉えられるようになった今の時代、歴史あるものを一度整理して、 現代の人々に向けて伝統を守りつつも、新しい取り組みが必要だという考えで、現代的な製品づくりに取り組むメーカーです。

商品 価格(税込) 在庫 個数
梅蓋物 紅白

梅蓋物 紅白

ラッピング可

送料無料対象商品(一部地域除く)

¥6,480(税込)

入荷待ち

入荷連絡メールを希望する 入荷連絡メールを希望する

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

閉じる