Japan 公長齋小菅(こうちょうさいこすが)

竹飯器

竹という素材を活かした飯器

竹本来が持つ性質と、その味わいを活かし作られた、公長齋小菅(こうちょうさいこすが)の竹飯器。国産の竹を使用し、作られています。

贈りものにおすすめ

こちらの竹飯器は専用の箱に入っているので、贈りものにおすすめです。お皿を贈るというと、相手の方の好みが気になるものですが、竹飯器はどなたにでもお使い頂けるシンプルなデザインなので、安心ですね。

炊きたての白いご飯。ほかほかの白い湯気を立てているご飯を陶器の器によそると、何だか冷たい感じがするものです。でも自然な温もりを持っている竹飯器なら、そんな心配もありません。
竹の節部分をそのまま活かし、軽くて扱いやすいフォルムに仕上げられた器。一つ一つ節の表情が異なり、天然素材の面白みがあります。モダンなデザインは和洋どちらのテーブルセッティングにも馴染みそうです。もちろんご飯以外のお料理の盛り付けにも、デザートの器としても、お使い頂けます。

竹はエコ素材

竹という素材は古くから日本人と暮らし、密接な関わりを持ってきました。箸や籠など、様々な形に変わり人々の暮らしに溶け込んでいます。
竹は一晩で1mも伸びる程の成長力があり、健康を象徴するものとされています。4~5年で製品に使用出来るほどまでに素材がしっかりとし、農薬も使わないので環境に優しく、木の代替品として利用されるなどエコ素材として注目されています。

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)は、1898年に東京日本橋で創業しました。竹が昔から生活と文化に深く関わってきた意味をよく理解し、暮らしを豊かにする竹製品を生み出すこと。21世紀に相応しい暮らしの道具として、竹製品を作り続けています。またその製品は宮内庁御用達で、世界の博覧会でも多数受賞をしています。

時代が変わっていくと共に、人々に求められるものも変わりますが、時代を越えても変わらない価値観や、感性などを忘れる事なく、ものづくりに取り組んでいる公長齋小菅(こうちょうさいこすが)の製品は、大事に使っていきたいと思うそんな魅力があります。

自分用としてはもちろん、家族全員の分を揃えてみるのも良いですね。白いご飯と竹という素材の相性がこんなにもぴったりだという事を教えてくれる、竹飯器なのです。

   

 

サイズ 直径11×高さ7(cm)※メーカー表記
箱サイズ 幅約12.5×奥行き12.5×高さ7.5(cm)
素材 竹(ウレタン塗装)
原産国 日本
箱有無

注意事項

  • ◇全て手づくりで製作しておりますので、色や形が実際の製品と若干の誤差が生じる事がございます。
    ◇直火、熱湯、電子レンジ、オーブンや食器洗浄機のご使用はお避け下さい。
    ◇乾燥の著しい場所でのご使用は、塗装の剥離や破損につながりますのでお避け下さい。
    ◇洗浄後は柔らかい綿布などで水分を拭き取り、通気性の良いところで乾燥させて下さい。

サイズに関する注意事項

  • ◇天然素材を使用しておりますので、サイズには個体差がございます。
    ◇こちらの商品は比較的個体差が大きく、直径約8.5cmから約11cmまでばらつきがございます。予めご理解の上、ご購入頂けましたら幸いです。

ブランド紹介

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)は、1898年に創業した、竹製品ブランド。竹が昔から生活と文化に深く関わってきた意味をよく理解し、暮らしを豊かにする竹製品を生み出すこと。21世紀に相応しい暮らしの道具として、竹製品を作り続けています。またその製品は、世界の博覧会でも多数受賞をしています。
竹は古くから日本人の暮らしに寄り添ってきた素材で、自然からの贈りものです。公長齋小菅は、その素材で工芸品や暮らしの道具を作り、生活文化を豊かにしたいと考えています。時代を越えても変わらない価値観や、感性などを忘れる事なく、ものづくりに取り組んでいるのが、公長齋小菅の魅力です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
竹飯器

竹飯器

ラッピング可

送料:一配送648円(一部地域除く)

¥2,592(税込)

販売終了

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

竹飯器には、他にもこんな仲間がいます。

閉じる