公長齋小菅(こうちょうさいこすが)

くす玉花入れ

竹の毬型花器

ボール状に編まれた竹の中に、ガラスの器が入っている花器。

竹という和の印象を、シンプルでモダンなデザインで楽しめるようにとデザインにこだわる公長齋小菅(こうちょうさいこすが)のくす玉花入れ。

竹のしなりが毬の形を作り上げた美しい工芸品のような逸品。
竹カゴと円柱のガラス容器とは、接着していませんので、お手入れや水の取り替えもしやすくなっています。
お花を少しだけ飾っても、くす玉花入れの美しさもあり、見栄えのする花器です。

贈りものにおすすめ

お花を贈るシーンや機会はよくありますが、花器を贈る機会は少ない気がしますが、お花の贈りものが多いのならば、それを飾る器も沢山あると、生ける楽しみにもなります。

お花を飾る適当な花器がなくて、とりあえずの代用品で済ませるという方も少なくないのではないでしょうか。
お花の贈りものを頂く女性にとっては、置いておくだけで美しい工芸品のようなくす玉花入れは、ちょっと気の利いた贈りものになりそうです。

竹はエコ素材

竹という素材は古くから日本人と暮らし、密接な関わりを持ってきました。箸や籠など、様々な形に変わり人々の暮らしに溶け込んでいます。

竹は一晩で1mも伸びる程の成長力があり、健康を象徴するものとされています。4~5年で製品に使用出来るほどまでに素材がしっかりとし、農薬も使わないので環境に優しく、木の代替品として利用されるなどエコ素材として注目されています。

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)は、1898年に東京日本橋で創業しました。竹が昔から生活と文化に深く関わってきた意味をよく理解し、暮らしを豊かにする竹製品を生み出すこと。21世紀に相応しい暮らしの道具として、竹製品を作り続けています。

時代を越えても変わらない価値観や、感性などを忘れる事なく、ものづくりに取り組んでいる公長齋小菅(こうちょうさいこすが)の製品は、大事に使っていきたいと思うそんな魅力があります。

花のある暮らしに、日本の美しい手仕事から生まれたくす玉花入れをお使い下さい。

くす玉花入れ
   

 

  • くす玉花入れ
  • くす玉花入れ
  • 竹カゴアップ
  • ガラスに竹カゴをかぶせてお使い下さい
  • 使用イメージアップ
  • サイズ感(ガラス)
  • サイズ感(竹カゴ)
  • 箱
サイズ 竹カゴ:直径15×高さ15(cm)
ガラス容器:直径9×高さ13(cm)
箱サイズ:幅16×高さ15×奥行17(cm)
重量 217g
素材 竹・ガラス
仕上げ ニス塗装
生産国 日本
箱有無

注意事項

  • ◇直射日光が当たる場所、冷暖房の風が直接当たる場所、乾燥が著しい場所でのご使用は避けて下さい。
    ◇通気性の良いところで保管して下さい。高温多湿な場所、寒暖の差が激しい場所での保管は避けて下さい。
    ◇使用後はしっかりと水気を拭き取り、カビの元とならないようにお気をつけ下さい。
    ◇カゴは時を経て退色することがあります。染色・塗装加工の特質ですのでご了承下さい。
    ◇ご使用の前後に綿布などで軽く磨くように拭いて下さい。埃を防ぎ、竹の艶と光沢が増します。

ブランド紹介

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)

公長齋小菅(こうちょうさいこすが)は、1898年に創業した、竹製品ブランド。竹が昔から生活と文化に深く関わってきた意味をよく理解し、暮らしを豊かにする竹製品を生み出すこと。21世紀に相応しい暮らしの道具として、竹製品を作り続けています。またその製品は、世界の博覧会でも多数受賞をしています。
竹は古くから日本人の暮らしに寄り添ってきた素材で、自然からの贈りものです。公長齋小菅は、その素材で工芸品や暮らしの道具を作り、生活文化を豊かにしたいと考えています。時代を越えても変わらない価値観や、感性などを忘れる事なく、ものづくりに取り組んでいるのが、公長齋小菅の魅力です。

商品 価格(税込) 在庫 個数
くす玉花入れ

くす玉花入れ(白)

ラッピング可

送料:一配送648円(一部地域除く)

¥3,780(税込)

残り2点

お気に入りに追加されました

マイページで確認する

カートに追加されました

カートを見る

くす玉花入れには、こんなZUTTOな商品がぴったりです。

閉じる