期間限定、送料無料キャンペーン中(12/25まで延長!)

足立茂久商店

足立茂久商店

江戸時代から続く和の蒸籠

ふるいや裏漉し、蒸籠(せいろ)づくりが盛んに行われてきた、新潟県寺泊山田地区。足立茂久商店は江戸時代末期(天保時代)からこの地で製造を続けてきました。使い手の立場になり、道具を作ることは社会的な責任であるという考えをもとに、1点1点を手作りする他、お客様からの修理要望にも応え、末永く製品を使用出来るものづくりを行っています。見た目も美しく、使い勝手の良い製品は、国の無形文化財(工芸技術)の指定や科学技術庁長官賞の受賞など、確かな評価を得ています。機械化が進む中で素材の特徴を存分に活かし、使い手にも時代を超えてものを受け継いでいく心を伝えています。

閉じる