期間限定、送料無料キャンペーン中(12/25まで延長!)

SANFRANCISCO HAT(サンフランシスコハット)

SANFRANCISCO HAT(サンフランシスコハット)

パナマの日差しから守る

SANFRANCISCO HAT( サンフランシスコ ハット)は、1980年、インダストリアルデザイナーであったStefan Schinzinger(ステファン・シンチンガー)が、
エクアドルの丘陵地帯でありパナマハットの名産地モンテクリスティの郊外で最高品質を表す「FINO」と呼ばれるパナマハットと出会った事に始まります。
ステファンは、赤道直下の街で、完璧に太陽を避ける事の出来る、軽く柔らかい最高品質のパナマハットに完全に魅了されました。
その頃、アメリカで売られているパナマハットはというと、大量生産されたセラックという樹脂が塗られて固められているもろく壊れやすいものでした。
そこで、ステファンはSANFRANCISCO HAT COMPANY( サンフランシスコ ハットカンパニー)を設立し、カリフォルニアにエクアドル産の柔らかく通気性に富み、快適で軽い本物のパナマ草を輸入し、これまでのパナマハットを改良し販売を始めました。

SANFRANCISCO HAT(サンフランシスコハット)取扱商品一覧

閉じる